« 湯沸かしの幸せ | トップページ | 女子十二楽坊『敦煌』 »

2005/01/31

食べ物をじっと見る

私は、お昼ご飯にコンビニで買ったおにぎりを食べながら、その材料表示などを見るのが癖だ
そういうのを見ていて思うのは
「こんなふうに毎日毎日おにぎり作って、いったいどれくらい累計で売れているのだろう?それに、その毎日の供給量を維持するために、どれだけの材料が消えていくのだろう?」
例えば鮭のおにぎりがあったとして、その具材の鮭にが1つにつき5g必要だとすると、一匹からどれくらい獲れるものなのだろう。ただし一匹の鮭が全て具材になるわけではないはずなので、無駄になる部分もあるのだろうから、それはどうなるんだろう?などなど
で、いろいろ考えていくと
「海の資源が減っただのなんだの言われるのもアタリ前だよな」
という考えに行き着くのである
自然保護だの省エネだの言っても、結局今の生活を人類全体が変えなければ、最終的に自分で自分の大地を食いつくして滅びるのがオチなのかもしれない

|

« 湯沸かしの幸せ | トップページ | 女子十二楽坊『敦煌』 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78857/2763768

この記事へのトラックバック一覧です: 食べ物をじっと見る:

« 湯沸かしの幸せ | トップページ | 女子十二楽坊『敦煌』 »