« 四街道さすらい仕事【1】 | トップページ | 過労 »

2005/03/24

四街道さすらい仕事【2】

昨日まで「もうだめだ」状態だったので、更新ができませんでした



さて四街道2日目。7時起床・・・この2時間の違いが切実なんだな
朝ご飯は洋食タイプを選択。ハムエッグを中心とした充実のラインナップで、宿泊費に込みということを考えるとなかなかのボリューム。満足満足
身仕度を整えてチェックアウトし、千葉駅に到着した時、異常に気づく
「しまった、千葉国鉄労がストライキしてんだった・・・」
電車の運休や行き先変更がたくさん発生して、駅はちょっとした混乱状態だったが、なんとか成田方面へ行く電車には乗れた

まずはBlackJamboDogの導入から
授業ではメールを送受信するというものもあるのだが、1台ごとにメールアカウントを取得していたらたまらんので、簡易メールサーバーを立てているというわけ
これの設定はもう簡単なのでちゃっちゃと終わらせる

さて、今日は最難関が待っている。それはWindowsNTの導入
もともとNTの導入というのは面倒くさいものなのだが、今回は条件が悪すぎる
まず、用意された機体がNECのVL800R。WindowsMEプレインストールの機体で個人向けのものであるため、当然メーカーとしてはWindowsNT非サポート
次にこの機体、PS/2ポートが1つしかなく、キーボードにあるPS/2ポートをカスケードしてマウスを使うタイプなのだが、標準キーボードは失われていた
まずはドライバ探さなきゃいけないじゃん・・・しかもキーボードだけでNTインストールかよ・・・( ̄□ ̄;)
いや、インストール初期はキーボードだけでもやれるけどね。これが後々WindowsUpdateなんかが関ってくるとたまんないんだ
幸いだったのは、LANボードが後付けのものだったため、チップメーカーの標準的なLANドライバを使用できたこと
LANさえ通ってしまえばこっちのものだ。ドライバをXPのPCで探し当ててURLさえわかれば、どんなにデカいファイルだろうがなんだろうが自前でダウンロードして利用できる
(ただ、グラフィック系はついにダメだった。ちゃんとチップメーカーから落としてみたんだけどなぁ)
こうしてせっせとTABキーとお友達になりながらNTセットアップをする私を、校長はじっと後ろから見ていた
「キーボードだけでよく動くねぇ」校長がぽつり
「ええー!キーボードだけでパソコン操作できるんですか?」別の作業をしていたスタッフさん達が驚く
「そりゃそうだよ、あるすさんはねぇ、中二からパソコンをおもちゃ代わりに育ったんだから!」
校長、脚色しないでくれませんか(汗
(確かにMSXの頃から触ってますけどね・・・)

3時間かかってやっとNTが普通に動作するところまでこぎつけた
この時点でクライアントマシンにメールの設定をするヒマが無いと判断。1日目同様、スタッフさんにOutlookExpressへのアカウント設定を頼む
まぁ勉強だと思って頼む(爆
こちらはウィルスバスターコーポレートエディションの導入にかかる
WindowsNT導入の理由はコイツのため。なんせNT Server系のOSじゃないと本体が動かないんだもんな
確かに安全ではあるけど、せめてWindows2000Professionalくらいで動いてくれればいいのに。これのために1台用意しているんだから
WindowsXPで動けば万々歳なんだよね。インストラクター機で動かせるから・・・と愚痴を言っても始まらない
さすがにコイツはキーボードだけでインストールはツライが、頑張ったよ(;´Д`)…ハァハァ
各クライアントへのインストールは一瞬。インストール用URLなんか暗記してるよ。これで何回目だ?8校目だから総数40台くらいに同じことしてんだもん

あとはお下がりパソコンの最終調整をして終了
文字に書くと結構まとまるのだが、この時点ですでに17:30過ぎ。死ぬ

へろへろになりながら四街道駅に着いたら、横浜に居る元千葉県民の友人からメール
「マックスコーヒー買ってきて」
帰省した時にでも自分で買えよ!と思いつつ、千葉駅で降りてNWE DAYSへ行った自分がかわいいよ

いざ久里浜行きに乗るというとき、体はすでに限界を訴えていた
これで行きと同じく普通車両に乗ったらヤバイかも!?
・・・ええ、生まれて初めてグリーン車なるものに乗りましたよ。誘惑に負けた orz
でも正直楽だった。人ごみを気にしなくていいし、リクライニングできるし
しかもその日に限って、戸塚駅で湘南新宿ラインが詰まってたり、急病人発生したりで電車が遅れたので、ラッキーだったかな
(ただ、横浜を過ぎるとグリーンの車掌さん、全然車内改札に来ないのね。あれじゃ嘘ついて乗っててもばれないんじゃない?)

家に帰ってきて、自分の部屋というものを改めてありがたく感じる
でもそれをかみしめる前に、布団に入ったらすぐに意識不明になったヨ・・・

|

« 四街道さすらい仕事【1】 | トップページ | 過労 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78857/3414306

この記事へのトラックバック一覧です: 四街道さすらい仕事【2】:

« 四街道さすらい仕事【1】 | トップページ | 過労 »