« 目に映る文章に注意し人の言葉に耳を傾けよ | トップページ | 節約のようなもの »

2005/05/23

パソコンは家電でないから【2】

やっと続きが書ける(爆


さてパソコンは家電でないから【1】で、私はパソコン業界を車業界と近いと話をした
パソコンの操作には、まだ車と同じようにきちんとした学習が必要だとも書いた。そこでパソコン教室の出番である
だがその前に、実はパソコンは車と決定的に違うところがある
それは中途半端な学習状態でも、とりあえず使えてしまうということなのだ。車はあまり人間の自由になる部分が無いが、パソコンはやろうと思えばやり放題のシロモノだ
いわば仮免の状態でも公道を走って文句を言われない世界なのである
しかし、だ
ネットサーフィンをしたい?結構。カッコイイPOPを作りたい?大いに頑張って欲しい。欲望大歓迎。それこそが人間を動かす原動力
ところでドラッグできますか?タスクバーを効率的に使えますか?ソフト同士の連携ができるんですがご存じですか?
パソコン教室に来て(失礼ながら)望みばかりをおっしゃられる方は、このような状態の方が非常に多い
けれど、「それじゃパソコンの能力をちゃんと発揮できてませんよ」と指摘したって、"動かせていない"わけではないから、このような言葉を侮辱としか捉えられない人が多い
パソコンはなんでもできる機械であるが故に、使う側の人間が何かをできなければならないモノだ、ということが理解されてないからこうなるのだ
ここに、あるすが「パソコンは家電ではない」という主張をする理由につながる
もしもパソコンが家電であるなら、特定動作を覚えさせたボタンでも押せば、電気さえ通っていれば人間の能力は問われない
でもパソコンはそういう世界ではない。例えば"表を作る"という目的一つを取っても、Wordを使うかExcelを使うかでその結果は如何様にも変化する
そもそも『パソコンを使える』という定義自体が怪しい
こんなあいまいで広義すぎる言葉にあてはまる人なんて、世界中見渡したってほんの一握りしか居ないものだ
自分だってその定義にあてはまるわけがない。たしかに自作もするし誰かをフォローしたりもするけれど、DTP系の知識は表面的であるし、ネットワークの深いところの知識については自信が無い。とりあえず、仕事をするうえで困らないだけのことは覚えているつもりだ
普通のパソコンユーザーが一般公道を走るドライバーだとすれば、本当の玄人はF1ドライバーである。極限の状態であっても、与えられた極限のマシンをカラダの一部として制御できる人達だ
F1マシンは憶単位のカネがかかっているシロモノだが、操作系統はギリギリまで簡略化され居心地のいいシートも無いそうだ。それでも持てるテクニックを駆使して、時速300km近い世界を縦横無尽に駆け巡る
同じ『車を運転できる』世界でも雲泥の差がある
極端な話、パソコンの操作熟練度もこれに近いものがある
パソコン上級者の持つパソコンには、初心者向けのお手軽ソフトなんて一つとして入っていないものだ。とある要件に対して性能が特化している、それなりに高価なソフトをいくつか見繕ってインストールし、それぞれ併用する事で使いこなしている
こういった応用力こそが、『パソコンを使えている』という定義に最も近いと考えている
現在、この応用力の差によって、世間では人によって情報から受ける恩恵の程度に差が出ている
パソコン教室に関っている身の上としては、そのような差異をなるべく縮めたいというのが望みだ
応用の前に基礎が必要なのはどんなことも同じ
足元グラグラのピラミッドを登って得るものはありますか?どっかで転落するよ
とはいえ、ここにも問題があるのだが・・・
また続く

|

« 目に映る文章に注意し人の言葉に耳を傾けよ | トップページ | 節約のようなもの »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

久しぶりにご訪問すると、レス魂を刺激させられる面白い記事が満載でうれしくなります!

パソコン=自動車論
実は私もまったく同じように思っていました。と、言っても私の場合は、価格からの関連付けなんですが^^;。生まれて初めてPCを買ったときは、一生使えるものと思っていました(超初心者!)。だって、当時のMacで一式50万もしたからです。そのとき家の車が38万の中古でしたから、秘密中の秘密ですが、今までのうちで一番高い買い物でした。それが、数年で陳腐化していくなんて…

買い替え→買い替え→…でいかないと、PCの世界は世の中についていけないのだ…と悟ったときに、私はPCからすっかり足を洗いました。これ、貧乏人のやるものじゃないわ、って。

あ、そういえばね、うちの母の故郷の同級生で、退職してからPCにはまった方がいるんですが、その方が「印刷して鼻に手渡してください」といって、メールで送ってくる文書が一太郎なんですよ?私、そのとき、PCを初期化したばかりで、オフィスとかも入れていなかったんですよ。で、慌てて入れてワードで開いたんですが、縦書きの文書だったので、やっぱりちょっとヘンなのね(笑)。それで、世界中の人が一太郎を持っていると思っているのかなぁ?と、ちょっと苦笑したのですが。

その方、画像の添付ファイルも圧縮せずに、思い切りスクロールしないといけない1メガに近い画像を、まんま送ってくるんです。しかも、一時期、非常にローカルなその秋田県のドメインから、毎日何通もウィルスが飛んできたので、もしかしたら、ウィルスにも感染しているかもしれないんです。白神ネットなんて、知人の中ではその方だけなんですもん。

だから、自己流のひとりよがりが危険であることには、すごく賛成します。特に仲間内のオンリーワンでPCを利用している高齢者の方は、お山の大将になっていないで、もっともっと若い人と話して、様々な情報を共有して欲しいですよね。

投稿: ぷらたなす | 2005/05/23 01:30

毎度貴重なコメントをありがとうございますm(_ _)m

プログラマとしてアプリケーションを作る側から、サポセンを通してパソコン教室という操作をお伝えする側に回った自分としての、独自の意見を載せてしまっていますが、こうしてご意見をいただけると嬉しい限りです

この続きで書こうとは思うのですが、独学も大いに結構だと思うのです。実際、玄人さんのほとんどは独学だろうというのは想像の範囲ですから
けれども独学ってどこかに穴があるんじゃないか、っていう危機意識と謙虚さを持って欲しいな、というのが意見なのですヨ、ハイ

余談ですが、一太郎自体は悪いソフトじゃないと思います
いちいちウルサイソフトではありますが・・・
なんせ母親がまだ使ってますし・・・ええ

投稿: あるす | 2005/05/24 00:29

えらそうな事は全然言えない私ですが、たぶん…アンテナ…なんだと思います。ここ、かみ合わないかも?…と承知でお話いたしますと^^;、「これって、ネット上ではよくない事って思われているのね?」という自覚とか?情報収集力っていうのかなぁ。。。。

いえ、私は全然ダメダメです。今も後輩に怒られっぱなしです(笑)。公衆回線を使ってこんなお話もアレですが(爆)、私は今これを書いているノートPCにVMwareというエミュレーションソフトをいれて、VMware上でFreeBSDを動作させていますが、「http://daisy.atnifty.com/」これも、詳しい方から言わせると「なんでそんな事するの?」みたいに、ネット上で叩かれていることもあります。

本当に、以前の私のようなまったくの初心者さんでない限り、私の職場に応募される方は、割とその辺の意識の合っている方が多いように感じられるのですが(って私も、まだまだ勉強の余地が一杯なのですが…)、ひとたび市井に身を投じてみると、「普通の感覚ではそうなんだ…」と、ハッとさせられることが多いです。

http://platanus.cocolog-nifty.com/monologue/2005/03/post_21.html

あるすさん、私にもっともっといろいろ教えてください。PCの話、もっとしてくださいよ!私、一歩でも二歩でも詳しくなりたいです。

投稿: ぷらたなす | 2005/05/29 15:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78857/4241543

この記事へのトラックバック一覧です: パソコンは家電でないから【2】:

« 目に映る文章に注意し人の言葉に耳を傾けよ | トップページ | 節約のようなもの »