« 電脳の常識は現実の非常識 | トップページ | サポセンは総合病院 »

2005/05/05

伊勢原さすらい仕事

今日は伊勢原に新PC設置とウィルスバスターサーバー構築のお仕事
藤沢からオバQ小田急の急行に乗って、いざ出発・・・ってなんで町田に居る、自分!(本来の乗り換えは相模大野
中央林間までは起きていたのに、しょっぱなから寝過ごすとはなんと不吉な・・・予定より15分ほど遅れて到着
いや~、丹沢の新緑萌ゆる山々が美しいねぇ~、ってそこが目的地じゃないけど
折しも絶好のハイキング日和。多くのハイキング客に混じって駅に降り立つが、でかいカバンを背負ってても当然皆さんとは逆方向(市街地)です
なんせ中身は商売道具(パソコンとかOSのCDとか)ですから
┐(´~`;)┌

さてさて、インストラクター用のPCを新しくするのは大した仕事じゃないのだが、問題はウィルスバスターだ
今日の最大の敵、IBM Netvista 6844-38JNetvista6844
まぁまず、仮にもPentium4とメモリ256MBを搭載してる機体にWindowsNTを入れるのはどうかと思って、午前中酷く悩んだ(ぉぃ
でもコイツ、ウィルスにやられてるんだよね(爆
しかもリカバリCDがどっか行っちゃってるし(核爆
そのまま使えない以上、コレを使うしかないか、と諦めるまで無駄なあがきを3時間ほどしてました(´・ω・`)ショボーン

そして予想通りではあったのだが、IBMのWebサイトにWindowsNT Serverが載るって書いてあったから安心してたのだけど、やっぱりそう上手くは行かないのだ
NTを入れるのはすんなり終わったのだけど、ビデオドライバを入れようとしてひっかかる
Webサイトで公開されていたのはNVIDIAのグラボ用ドライバだった。このドライバを何の疑問もなくインストールしたら、再起動時にブルーバックエラーで動かなくなりやがった。おかげでOSの入れ直し
で、よくよく機体情報を見るとi845のマザボ。これってオンボードグラフィック載ってるんとちゃうか?しかしWebサイトにはこの情報以外ドライバの情報が無い
一か八かでintelのサイトからi845用のビデオドライバを落として入れてみたのだが、やっぱりちゃんと動かないばかりか、不適切な環境に入れてしまったのでめちゃくちゃ動作が重くなってしまった
原因はビデオドライバ付属のツール(hkcmd.exe)。コイツのCPU使用率が98%強になってしまっていたのだ。慌ててアンインストール
・・・もぉいいや、VGAモードで使ってやれ。どうせこれでネット見るわけじゃねぇし(わ
どうして毎度毎度、グラボで引っかかるかね、NTは?

その後、NICの設定やIIS等の設定は順調に終わり、バスターサーバーも動きだして、続いて新インスト機の調整を始めた時にまた問題が
インスト機にはメールサーバを設定している(四街道の記事参照)。サーバになる以上は固定IP化が必要。クライアント側の設定を変えるのが面倒だったので、新インスト機に今までと同じ値を設定したら・・・
「他のPCが使ってます(意訳)」・・・(゚Д゚)ハァ?
んなわけないでしょ、DHCPでIP取ってるんだから・・・と思ってバスターサーバーを見たら
「このPCと同じIPが他のところでも使われました(意訳)」
ノ ̄□ ̄)ノ ~┻━┻ドガシャーン!!

その後が大変。NT側でipconfigのreleaseコマンドとrenewコマンドを何度繰り返しても別のIPを取らない。NICを入れ直しても変らない
(※しかもモニタの場所が無いので、バスターサーバと新インスト機とで1台のモニタのVGAケーブルを手動で付け替えながらなモンだからたまらん)
1時間半後
・・・わかったよ、新インスト機のIP変えればいいんでしょ_| ̄|○
クライアントの設定も直して、やっと作業終了

結局休憩時間含めて9時間も作業に費やしてしまったよ
まぁ、なんか設定変更するごとに再起動を要求されるのが最大の時間ロスだったわけだが・・・
長時間座りっぱなしで一人ペソペソ仕事しているあるすに、当地のスタッフさんは疑念をもたれたのではないだろうか・・・(苦笑
すんません、わけわかんない事を黙々とやってて

明日は藤沢だ・・・

|

« 電脳の常識は現実の非常識 | トップページ | サポセンは総合病院 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78857/3984465

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢原さすらい仕事:

« 電脳の常識は現実の非常識 | トップページ | サポセンは総合病院 »