« コンスタンティン | トップページ | 伊勢原さすらい仕事 »

2005/05/03

電脳の常識は現実の非常識

生徒さんからよくある質問が、ご自分が思ったとおりに入力しているのに、変換をすると思った漢字が出てこない、というものだ
これが地方の方言で、それが関西弁なら『ATOK』の関西弁機能を使ってもらえば?などとも言える。しかしこの場合、「今日は」を"きょは"と打っていたり「郵便」を"ゆびん"と打ってしまっているからである
けれどもこれは、きっと普通の人だったら「それくらい分かるじゃない?」と思うことである
例えて言うなら先程の「今日は」という言葉は、平仮名で書くと"きょうは"なのだけども、口から発音している時は(おそらく)"きょーは"といったようなイントネーションになっていることが多い。だから文字として書いた時の"う"のことを忘れがちになってしまう
だが、そのようなことは許容範囲で「今日は」と聞き取れるものだ
また、紙に書いてあるのならば「今日は」文字の形で「今日のこと」として理解される、といったように、私たちの耳・目・脳はできているのである
だが、コンピュータに慣れた者からすれば、このような曖昧の許容がコンピュータにできないことは自明であるので、なぜ平仮名を正確に打ち込めないのか、普通の人を無意識に蔑むという結果につながってしまう

また「保存したファイルが名前の順にキレイに並ばない」というご質問もよくある
これは並び替え優先順位を"日付"や"ファイルの種類"にしているからではない
ニンゲンにとっては、似たような名前・形の近い文字は近くにまとまるものという考えがあるが、コンピュータには文字を文字として理解する機能が無い
例えば「ココログ」という単語と「神奈川県」という単語を含んだファイルを作る。これを名前昇順に並び替えた場合、単純に考えれば「神奈川県」ファイルが先に来ると考えがちだが、実際には「ココログ」ファイルが先になる
なぜならコンピュータには"ふりがな"を解する機能は無いからだ
コンピュータにとっての文字は、全て「文字コード」という数字の羅列でしかない。彼らには0と1しか分からないので、文字だけではなく全ての存在に他とは重ならない1つの数字が割り当てられている
先程の例を取るなら、カタカナには漢字より若い数字が割り当てられているため、並び替えると「ココログ」が先になるのである


こういう場合、ファイル名の頭に数字を割り振っておく、ということを私たちはよくやる
でもこれにも注意が必要で、ファイル番号として"1"を付けたファイルと"10"を付けたファイルを作ると、一緒に並んでしまう
これも、コンピュータにとって"1"は1だが、"10"は1と0が並んでいるようにしか見えないから。回避方法は1は"1"でなく"01"にすること。文字としての0は必ず頭にくるから
(まぁそれでも、半角と全角を間違えるとこれも失敗するのだが・・・)
今挙げたことは、私のかつての同僚や似たような業界に居る人には当然のことであろう
けれども、実はそれは世間の大勢の人から考えると異常なのだ
自分の知識を常識と思って話をすると、反感を買ってトラブルを引き起こす原因にしかならない
今後も増えるであろうパソコンの使用人口のうち、半分以上がこういった日常からの移行者であることを、プログラマもインストラクターも肝に命じておくべきだ

|

« コンスタンティン | トップページ | 伊勢原さすらい仕事 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

もう、あるすさんの奮闘が目に見えるようです。お気持ち、とてもよくわかるし、内容もとても面白かったです!

ファイル名の先頭に数字をつけて、強制的に好みの順番にしちゃうのは私も良くやりますが、割と最近ですよ?最初から0001などと振るようになったのは(笑)。1→2→3…と、付けていって、10になったときに、「あ!そうか!」なんて、私は毎度自分の学習能力のなさに苦笑する日々でしたもん(笑)。

でも、もって生まれた性格なのか、私はこちらの記事のような経験を通して「コンピュータってそういうものなのか!」と、大変興味深く思い、長い間かかってこの身にそのデジタルな感覚が浸透していった気がするんですよね。

「え?なんで?」と思ったことを、自分で必死に考えて「そういうことなんだ!」と発見していったことの蓄積です。だから、私は今でも初心者である自覚は持っていますが、個々のアプリケーションやハード的なことに関して疎くても、初歩的な「できませーん!」に関しては、「あれ?ここが違うんじゃない?」って言ってあげられるんですよね。

ちなみに、私の職場で研修を終えたばかりのスタッフさんの「できませーん」の一番は、やはり、調査ツールの入力フォームへの単純なタイピングミスです。「私の名前を入れても接続できませ~ん!」って、なんで"オハラミカ"が"オハライミカ"になってんの?祈祷師かい?って(笑)←実話です!

投稿: ぷらたなす | 2005/05/03 07:40

いやはや、お恥ずかしい内容で
でもこういうのにハマってしまうのは、大変申し訳ないのですが、お歳を召した方が圧倒的に多いんです
これって、ローマ字ができるできない以前に、日本語の正しい読みを理解されているかどうかなんですよ。大抵の方はある程度授業をされると、ローマ字の組み合わせ自体はキチンと覚えてくださるので、なおさらもどかしいというか何と言うか
ぷらたなすさんのように、そんな自分がいろいろ発見する様を喜んでくださるならいいのですが、お歳であるぶん意地があるんですね・・・すごくかたくなに間違いを認めない方も居ます
そういう時、コンピュータが常識じゃないって謙虚になれる器をもっとしっかりと持ちたいものです

投稿: あるす | 2005/05/03 21:46

あるすさんのお話を伺っていると、「あれも書こう!これも書こう!」と、本当にインスピレーションが活性化しますね!うれしくなります!

思うにPCって、それまであまり興味がなかった人の場合だと、「欲」がからまないと、上達しないんじゃないかと思うんですよ。優越感、恋愛、出世欲、生存欲とか。

こちらの話題で恐縮ですが、「社会人の常識として…」「職場で必要になったから…」という方よりも、「彼氏とチャットをしてみたい!」という方の強烈な意欲のほうが人を伸ばしていくんですよね(笑)!しかも柔軟に!

なので、内緒ですけど、面接で「やりたいとは思っているんですが…」と頭を書くような方には、私はお願いしないんですヨ(笑)へへへ。。。

投稿: ぷらたなす | 2005/05/04 11:09

>あるすさんのお話を伺っていると、「あれも書こう!これも書こう!」と、本当にインスピレーションが活性化しますね!うれしくなります!

うわぁ、お恥ずかしいやらなんやら
ネタになるならどんどん使って下さいまし。でもほぼ毎日更新されてるぷらたなす様に向ける顔はありません・・・

>思うにPCって、それまであまり興味がなかった人の場合だと、「欲」がからまないと、上達しないんじゃないかと思うんですよ。優越感、恋愛、出世欲、生存欲とか。

ああ~、なるほど
それは分かる気がします
職を得たいであるとか、孫や子供を見返したい、って方はホント上達が早いんです

ちなみに一番上達しないのは
「オレはだいたい知ってるんだよ」
ってハナっから言ってるヒトです(苦笑

投稿: あるす | 2005/05/05 00:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78857/3957188

この記事へのトラックバック一覧です: 電脳の常識は現実の非常識:

« コンスタンティン | トップページ | 伊勢原さすらい仕事 »