« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

2005/07/31

自然災害に対する姿勢

昨日のネタは、怒りと勢いに任せて思わず書いてしまった。反省
いくらプライベートだからって、書いていいネタとそうでないネタがあるわな


さて話を変えて
このところでかい地震やら、首都圏直撃台風が来たりしてますが、その都度ニュース番組や新聞等が
「このままで首都圏は大丈夫なのか?」
と騒ぎたてる
が、ちょ~っとマテよ
いつもは見向きもしないくせに、蒸し返したように地震災害特集を組んで視聴率や部数を稼ごうとするのも腹が立つが
自然災害を前に、対策は万全か?被害に遭わないようにするには?などと騒ぎたてること自体、愚の骨頂
だってさ、人類の技術がどれほど進歩しようと、地球という生きた惑星の上に棲んでいる以上、避けられないものはあるのだよ
どんだけコンクリートで地面を固めようと、その下にある地面は地球のモノであり、地球が身震いして地震を起こす以上、その上に被せた薄皮なんぞ意味はない
地球の大気は変化に富んでいて、それがこの豊かな環境を育んでいるのだから、大気状態そのものをコントロールすることはできないのだから、時々起こる大風に抗う術は限られる

たしかに地震で親しい人を亡くしたり、あるいは自身が洪水などで死んでしまったりすれば
「もっと安全であれば・・・もっと対策が練られていれば・・・」
と考えたくもなるだろう
けれど人間のできることなんて実際大したことはなくて、そんなこと言ったって被害が出る時はでるんだ
一週間前の地震の時、某ニュース番組で街頭インタビューをしていたけど、その時とある男性が
「起こったら起こった時だよ。天命だから、素直に受け止めるさ」
と言っていた
まったくその通りで、下手に騒ぐよりもいざその時に、みっともないことさえしないようにすることが大事なんじゃないだろうか
(※一つ言っておくと、神戸の震災を含めて過去の災害において、不幸にも巻き込まれて辛い想いをされた方を非難するつもりは毛頭ない。ここで言いたいのは、知った顔してことあるごとに公共の批判をする連中が居るのが腹立たしい、ということだ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/29

医者不審と会社不審

このところ、調子が悪すぎてへたっている
季節通りに夏バテし、これまたお約束通りに夏風邪を引いたのだが、それ以前に鬱の症状を出しつつあるようだ
というのも昨年も似たような状態に陥り、数ヶ月メンタルヘルスに通ったからだ

でも、もう行きたくない
治らなかった、というのが一番
そのメンタルクリニックは、基本的に投薬治療がメインの方針らしく、抗鬱薬をたくさんたくさん飲んだ
確かに、多少明るい気分にはなるけれど、治ったような気持ちには決してならなかった
それどころか、抗鬱薬が切れて効果が抜けていく時の、脱力感と吐き気は形容しがたいほど苦しく、それこそ麻薬か何かのようだった
そう言った状態が続いて、改善しないことを担当医に訴えても薬を変えられただけだったので、つまるところ自分の状況など理解されていないのだ、という無力感の方が強くなって、通うのを止めてしまった

まぁ、それこそ自殺未遂したりリストカットしたり、なんていう究極にヤバイ症状は出してないが、引き篭り寸前で止まっているのは確かだろう
悩みを訴える相手が居ないわけではないけれど、そうしたことで相手にまで負担をかけたくはない。医者は信用ならんのでアウト・オブ・眼中
そうして自分の中だけでぐるぐるぐるぐるしているわけだ


なんでこうなっちゃったのかというと、会社上層部(具体的に言うと社長)不審に陥ったから
ぶっちゃけ教室の運営は大変だ。結果を出すためには、本当に様々な努力を少ない予算の中でやっていかなければならない
そういった重圧を背負って、2つも3つも教室をかかえて苦悩する同僚達を見ると、力になれない自分が不甲斐ない(しかも思ったような結果が出てこないからもっと大変だ)
ところが社長は、現場を見たわけでもないのに売り上げ数値や人件費の数値だけで全て判断し、「使えない奴だ」「そんな奴に払う給料はない」などと平気で罵声を浴びせる
自分はというと、本来するべきパソコンのメンテナンスやWebサイトの構築をする暇はもちろん無く、教室に張りついてヒイヒイ言う毎日。役目を果たせない苛立ちと申し訳なさで胸がつまりそうだ
それをわかってくれとは言わないが、「Webサイトの構築は急務なんだよ。それを手抜きするなんてわかってないな」なんて言葉がどこから出てくるのか
教室運営が上手くいかないことを悩んでいると、「スタッフを育てていないそっちが悪い」という言葉で全てを終わらせてしまう

確かに会社運営は情けや人情では動かせない。だからといって数値を絶対の判断材料とし、そこからはじき出した理屈だけで叱咤されたところで、反感を招くだけだ
ましてや給料カットや解雇をちらつかせて働かせようなんて卑怯以外の何者でもないのでは?


仕事は嫌じゃないけれど、このままじゃ長続きしないかもなぁ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/24

いや~ 揺れた揺れた

震度5強
こっちでは震度4程度だったそうだが、それでも大きな地震には変わりない
仕事中にこんな大きな地震に遭遇したことは今までに無かった。さらに言うならデパートの中、しかもこっちは生徒さんの安全を預かる身
横揺れが続く中、ずっとドア押さえてました(;´Д`)…ハァハァ
幸い人的被害は無く、教材がちょっと倒れたくらいで済んだ

デパートのマネージャーさんたちや警備員さん達は、少しの異常も無いか確認するために店内を駆け回っていたけど、お客さんの方は我関せずというか
むしろ"アレだけ"揺れたにも関らずに、意に介する気配もなく買い物やゲームをする人々の姿をちょっと異様に思ったり
肝が座ってるのか無頓着なのか?慌ててるこっちの方がバカみたいだ

遠方に出かけてる友人が、「ケガは無いけど帰れない」とメールしてくる。当然JRが全部止まっちゃったからだ
それを聞いて、バイトのコが「帰れないかなぁ・・・」と不安そうだったのだが
「京急で帰れば大丈夫だよ。止まらないから、アレは」と意見したところ
「ああ、そうでしたね」と、解決してしまうアタリ。京急沿線の住人にだけ通じる暗号である
言い換えれば、京急が麻痺したら相当異常なことが起こったということなわけだ(去年の台風みたいにね)
余震が心配だったけれど、そんなわけで帰り道も確保してあるという意識があり、とりあえず最後まで仕事をする
(でも、動き出したJRに乗ってみたら、やっぱりダイヤ乱れまくりで失敗したけど)

それにしても、そろそろ本格的に東京もヤバイかね?
近年の関東で起きた地震の震源を良く観察すると、茨城から千葉を経て徐々に東京に近づいている気がする
こういう時だけサバイバルセットを買おうと思うのだな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/23

クールビズ

小泉首相が提唱したクールビズ
いろいろ言う人がいるけど、あるすはイイんじゃないかと思う
だいたい、3点セットのスーツ自体、欧米の文化から生まれた服装なので、日本のジメジメした夏の気候には合わないのだ。あんな暑苦しい格好、見てる方だってうんざりする
そんなら日本の夏に合わせた軽装に改造しちゃえ、ってのは普通の発想じゃないのかな


先日、仕事先のマネージャーさんと偶然、路上でお逢いした
上着こそ無いものの、しっかりスーツ姿。長袖のYシャツにぴっちりネクタイである
「暑そうですね。せっかくクールビズが提唱されてて、ここだって販売してるのに、そういう格好できないんですか」
何気なくそう聞いてみた。マネージャーさんは苦笑混じりに
「オレもこんな暑苦しい格好したくないんだけどね、ダメなんだよ。だらしないんだってさ」
と答えると、忙しそうに現場に戻っていかれた
売る方が積極的にクールビズを受け入れずに、なぜ来店するお客様にセールスできるというのだろうか。使いもしない商品を「お薦めです」とは説明できないだろう
それに、半袖・ノーネクタイのどこがだらしない格好なのか。むしろ季節に合った爽やかなスタイルだと思うのだが
そのような判断をするのが、会社の上層部なのか頭の固い客なのかは知らないが・・・

いっそのこと、ハワイの『アロハウィーク』を真似して、日本全国週一回は浴衣出勤でもしてみるたらどうかね?
あの格好で満員電車に乗ったら怖いだろうけどサ(苦笑

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/07/22

アクションゲームはできない、ハズ

仕事帰りに後輩と話していて、なんとな~く話題に上ったのだが

あるすは反射神経と動体視力を必要とする、いわゆるアクションゲームとその派生ゲームの類いが大の苦手だ
どれくらいヘタレかというと、なんと初代『スーパーマリオブラザーズ』がクリアできない。しかも1-1の最初の最初から先に進めない
具体的に言うと、最初のクリボーを処理できない or 最初の穴を飛び越えられないのだ!(核爆

ところが、不思議な事にちゃんとできるゲームもある
例えば、メガドライブで『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』をやったらクリアできたのである。こっちの方が難しいという人も多いのだが、できるもんはできるのだ

他の派生ゲームでも似たような事があった

格闘ゲームでいうと、『ストリートファイター2』が出来て当たり前の時代・・・あるすはその頃、波動拳や昇竜拳どころか百烈キックさえ出せなかった(実話
でも『サムライスピリッツ』では、メインのシャルロットでかなりの勝率を確保していた。なんせスプラッシュファーント(百烈キックとコマンド一緒)出せてたし。他に覇王丸・服部半蔵を使用したが、ちゃんとクリアできた
そういえば『スト2』と同じカプコンの『バンパイア』もちゃんとできたっけ。オロバス使いでした

シューティングゲームも当然ダメで、弾を避けられないんである
ところが(連コインはするものの)、『極上パロディウスだ!』と『レイストーム』だけはクリアの経験がある
シューターの鬼である友人に言わせると、「悪夢のような弾がくるこのゲームが出来る方がおかしい」だそうだ

レーシングゲームは、それ以前に車の免許を持っていなかったりする(ぉ
『セガラリー』や『デイトナUSA』は、最初っから逆走をするバカっぷりを発揮するのだが、何故か『リッジレーサー』はドリフトもジャンプもこなしている

最近のゲームでは、ロボット対戦格闘ゲームがかなり人気だが、『機動戦士ガンダム 連邦 VS ジオン』からして、あんまりうまくありません
でも初代『バーチャロン』は、フェイン・エンとバイパーを使って、きっちりクリアしております。歴戦の勇士らしい男性ユーザー相手に10連勝したこともある
あっ、PS版の『機動戦士Zガンダム』はできたなぁ、何故か

で、この話をすると大抵の人が
「基本のゲームより、難しい方ができてんじゃねーか!」
と突っ込む。ハテ、そうなのかい?本人は全然意識してないのだが。だいたい"できる"ゲームに関する共通性なんて全然なさげだし
こういうのって適性なんかが関係するのだろうか?考察するのもアホらしい気がするが


ちなみにこの手のゲームで例外中の例外はパズルゲーム
ゲームボーイ最初期の時代に出た『テトリス』を、LV99になってからも延々3時間以上やっていたことがある。メシの時間にならなければもっとやっていた可能性大(ぉぃ
『ぷよぷよ』は専門学校時代、学校の近所のゲーセンなどで無敵状態であった
『マジカルドロップ』のパソコン版を購入して、これまた1人用を延々とやり続けていた。ああ、書いたらまたやりたくなった(ヤメレ
なお、RPGやシミュレーションゲームの方が、あるすとしては本流デス・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/20

竹酢液

竹酢液というものをご存じだろうか?
竹を炭にする際に出る煙を冷やして蒸留したもので、非常に高い殺菌効果がある
自然農園の除虫剤として注目されていたのを目にした事が何度かある
最近はこの殺菌効果を応用して、美容にも使われているらしい
何処で見つけてきたのか、母親がこれを入手して毎日使っている
えらい気に入ったらしくて、毎日のように効果のほどを自慢しに来るようになった

・・・が、しかし!
この竹酢液というやつは、そりゃもう形容しがたい異様な臭いがするんである
そりゃ蟲も寄りつかんわ、というほど強烈。密閉ボトルに入っていても、臭いが漏れてくるくらい
で、こんなんを使った後の風呂に毎日入る身としては・・・
orz

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/17

知らないのも知ってるのも困ること

パソコンの知識がほとんど無いのも困るが、ちょっとかじってしまって誤用が始まると、これもこれで困りものである

というのも、ウチのオーナーである
別にパソコン教室のオーナーがパソコンの知識が無いというのは珍しくない(実際、プログラマだった頃の会社の社長はホントにメカオンチだった)し、悪いとも思わない
それにオーナーはそれを自覚してとても頑張って勉強され、ある程度のハードの知識やHTMLの組み方を覚えていっているのである
その努力には頭が下がるし、理解のあるオーナーさんだと思うのだが、下手にいろいろ知ってしまうと今度はそこからハチャメチャな話が飛び出してくるのである

ある日の電話では
「今さ、会社のwebサイトのホスティングサービス先にアクセスしたら、Turbolinuxって画面に出てくるんだよ!これってライブドアに買収されたってこと?」
はい?( ゜.゜) ポカーン
・・・いやあの、それはですね、ホスティングサービスのサーバが多分Turbolinuxになったので、ログイン画面に出てきてるだけだと・・・
理解してもらうまでに30分くらいかかりました orz

別の時は
これまた会社のwebサイトにメールフォームを追加したいというご要望があったのだけど
CGIとJavaとJavaスクリプトの混同から始まり
ホスティングサービス先が指定するCGIのアップロード方法が分からないとか
メールフォーム元とCGIとのリンクが必要だというのがご理解いただけないとか
挙げ句の果てに「真似して使いたい」と言って、知り合いの会社が使っているメールフォームのHTMLコードを丸コピしてて、しかもそれはレンタルメールフォームだったりとか!
*冷静になって考えてみたんだけど、他のサイトのHTMLコードを丸コピするのもどぉかね?HTMLソースの見方なんて教えるんじゃなかったかな?*

実はこれ以外にも結構大変なことになっている
例えば、最新のOSを使ってないパソコンは全てダメだと思いこんでいたり、CSSを使っているサイトやJavaスクリプトを利用しているサイトは無条件にカッコイイと思ってしまわれるし
そぉいや、某キャ○ンがリースプリンタの監視用に置いていったという箱(HUBにぶらさがってた)をして
「キ○ノンがウチをハッキングするんじゃないか?」
って本気で疑ってたっけ・・・
(技術的に可能かもしれないけど、そこまでする理由が全然ありません、って納得してもらうのに20分くらいかかったっけか)


パソコンに関する知識っていうのは、実は相当底辺が広い分野に渡っている
だから「ちょっと分かってきた」という辺りが一番ヤバイのだ
ちょっと分かってきた、ということは広い砂漠の末端で「砂漠って大したことないじゃん」って言っているのと同じだったりするわけで・・・
そんなときに生徒さんから
「この3つ並んだUSBの口のどこにマウスを挿したらいいのかしら?」
と質問を受けると
「微笑ましい質問だなぁ」
などと和んでしまうのである。ええ、全部同じですからどこでもオッケーです(* ̄▽ ̄*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/14

所詮パソコンも端末よ

ユーザーIDとパスワードの存在っていうのは、そんなに理解しがたいものなのだろうか

例えば授業で「WindowsXPのユーザーアカウント」に関する講義がある
そうすると生徒さんから(挙げ句一部のスタッフから)「これ(IDとPW)ってなんで必要なの?」などと聞かれるのである
どうも"1台のパソコンを複数の人で共用する場合にプライバシーを守る云々"、ということがあまりピンとこないんだとか。それが証拠に、大抵の人は一つの利用者情報を、コソコソで使いまわしている事が多い。そんなもんだと決めつけておられるようだ
キーが1つしかない車に、家族全員の趣味を反映した持ち物が雑然と積み込まれているのと似たようなものだ
コレに関し、授業内では分かりやすい説明がされていると(あるすは)思うのだが、生徒さんには何がなんだかわからないそうだ
補足説明をさせていただくと納得して、次に来た時から(持ち込みの個人PCに)ちゃんと家族分のユーザーIDができている方が多い

また、ココログに関する講義だと、"niftyID"と"ココログアカウント"が何故『別』なのか区別がつかない方が、これまた多い
niftyを利用する全ての人がココログを利用するわけではない、というのが一番簡単な説明になるかもしれない(これでもまだ納得してもらいづらい)
でもさ
「niftyのIDは、プロバイダ"nifty"のサーバという機器にアクセスするためのIDである。ココログアカウントは、niftyが管理しているココログサーバという別の機器に接続するためのIDである。それぞれを管轄する機器が違う以上、IDは複数必要である」
って説明した方がもっとわかんないよね? orz

もっと言うと、なんでメールアカウントやココログアカウントが他の人とぶつかっちゃ駄目なのかも理解してもらえないし、パスワードが大抵6文字以上で文字種制限があるのかもなかなか判っていただけないのだ
ぶっちゃけ、パスワードが必要な理由さえ問われる事がある!
だって、それっていわば銀行の『口座番号』と『暗証番号』なんだから、他の人と一緒じゃ困るじゃん!?
よく考えなくたって、暗証番号が無い状態で金扱ったらヤバイっしょ!?
ヽ(  ̄д ̄;)ノ エー!?


あるすは、こういうことに全く疑問を持った記憶が無い
自分がこういう関係でIDとPWに関ったのはたぶん、専門学校時代に情報処理室の端末(PC-9801DA)を使った時か、同じ頃にNeXTワークステーションを使った時かどっちか
PC端末が非常に高価で、そういう資産は皆で共有するのが当たり前、という時代のことだ
そういった端末が「自分のものでない高価なモノ」である以上、それを使う権利与えられたことを証明するにはコレ(IDとPW)って必要なものなんだ、と自然に理解したような気がする
ハッキリと意識したのは、(これまた)たぶんNIFTY-ServeやPC-VANでパソコン通信をするようになってからか?
何故って?金払ってたからでしょう(断言)
疑問の出所をいろいろ考えていたら、こんなことを思い付いた
例えば現実の銀行で『口座番号』と『暗証番号』があることに疑問が無いのは、1つの銀行に複数の顧客が居て『自分』を区別してもらわないと困る、と判っているからなのではないか
逆にネットの世界では、往々にして『ネット上のサイト』と『自分』が1対多であるという認識が希薄であるため、何故"それ"を見ている"自分"をわざわざ区別してもらわないといけないのか、がピンとこないのかもしれない
また、パソコンそのものがだいぶ安くなり、必ずしも複数の人が共用しなくても良くなって来ているため、わざわざ鍵をかけてまで自身のプライバシーにこだわらなくても、なんとかなると思われてる可能性もある

ただ、『クライアント&サーバ』の概念とまではいかなくても、自分が目の前で使っているパソコンは、やっぱり端末(=見えない何かにぶらさがったモノ)なのだ、くらいは意識した方がいいんじゃないのかな?
これって個人情報流出事件にも関ることなのかもしれないなぁ
この件はもう少し考察する余地がありそうだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/13

刺し身に塩

ここんとこ仕事が忙しいくて気力体力共に尽き果てております(;´Д`)…ハァハァ
ネタはたぁ~くさんたまってるんだけどね


そんなときなのでトチ狂ったせいか、ついついチョット高級な海の塩『粟国の塩』を買ってしまった
といっても天日塩の方じゃなくて釜焚塩の方だけど(天日のほうは高くて無理)

自分で初めて買った日本の海の塩
とりあえず、少量をスプーンですくって舐めてみる
口の中でシャクリととろけ、一瞬の塩辛さを味わってその後は特に辛み等を引きずる感じが無い
このところ岩塩慣れしていたので、とてもさっぱりした味だなぁ、と感じる

そして昨日、たまたま夕飯が刺し身だったので、ずっと前からやってみたかったことをコッソリ実行に移した
それは・・・「刺し身に塩」
噂によると美味いらしいのだ
爪の先ほどの塩をマグロの赤身に乗せて、どきどきしながら口に運ぶ・・・
あ、マグロの味がハッキリしたかも?
しかも塩の味がほとんどしない(その後は定番のお醤油で食べた)

ヤバイ、本気で塩にはまりそうかも
このところで欲しいのは、ぽてちにも使われていた浜御塩
テーブルソルトに最適な焼き塩があるんである
でもなぁ、粗塩のパキスタン岩塩とパウダー状のパキスタン岩塩もあるのに、これ以上塩の種類増やしてどーすんだ?
(自分でもわからん)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/07/05

対価

休日のマクドナルドへなんとなく行ってみる
もちろん親子連れやカップル、友達同士などで店はごった返していて、中では十数人のスタッフが懸命に動き回っている
さて、自分も商品を売ってもらい、一人席に付いて食べながら思う
「このバリューセットを日にいくつ売れば利益が出るのだろうか?」
自分が買ったのは一番安いバリューセットだから、売価は500円である
もちろん仕入原価は違うはずだ(じゃないと利益が出ない)。また、内税なのでこのうち5%は消費税である。そうすると原価は300円以下でないと満足な利益は出ない
このような状況で、バイトの時給はだいたい850円であるから、1人のバイトの1時間の給料を払うには、一人当たり3~5セットを売らないとならない。10人近く働いているならば、時間あたり50セット以上だ
だが、店舗で消費される経費は人件費だけではない。テナントならばテナント料が出て行くし、光熱費や水道代に加えて調理器具の維持費もかかる。さらに言うなら、商品の包装紙やコップのフタといった必要経費も馬鹿にならないはず


・・・いつもこんなことばかり考えてます(´・ω・`)ショボーン

昔からこうなのだが、その頃はプログラマとして「自分の給料って本当にこれでいいのかなぁ?」という方向だった
使われる側としての意識が強いと、自分の給料がどこから出てくるかという考えがなかなか出てこない(「こんな給料じゃやってられないよ!」ってヤツだ)
でも、例え従業員としてであっても、コストを常に意識するようにすると、徐々に「自分がどこで頑張れば給料を増やす可能性が出るのか」という考えに達する事ができる
もちろんそれは「言うは易く行うは難し」であって、その道のりは相当大変なものになるのは自明
まさに「働かざるもの食うべからず」の境地に陥って、実はそれはそれでジレンマだったり

でもやっぱり、なんにでも対価があるのだ。全てはリスクとリターンで成り立っている
だから働く
とにかく働く
でも辛い
これって贅沢?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/03

読みは『ひ』でも口からは『し』

またも生徒さんから「ちゃんと入力して変換してるのに漢字が出ない!」というヘルプコールが
よく見たら、"商品"を出すのに『しょうしん』と入力されていた
なんでもいつもの会話では「しょうしん」と言っているから、ついそのまま入力されてしまったらしい

帰宅して親父に聞いたら、それは東京地方の方言らしい
東京に方言なんてあったんだ ∩\(´ー`*)へぇ~へぇ~へぇ~へぇ~

それにしても、どのようなFEPであっても基本的な日本語での入力がまず第一に想定されている以上、地方の人ってやっぱり入力と変換にご苦労されるのかしらむ?
そういう方には方言変換がある程度出来るFEPがありますよ、ってお薦めしたらどうなるんだろ?
いや、MS-IMEじゃないんだけどね、一太郎なんだけどさ。それでもイイのかな??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

The Very Best of MOTER MAN 【2】

やっとDisc2についてのレビューができるよ
ちなみに、タイトルに『MOTER MAN』と『MOTOR MAN』があるのは誤植じゃなくて、前者がJR東日本系列で後者がそれ以外に使われるタイトルということ
それ以上にどんな意味があるのかは・・・うーむ(^_^;)


1.MOTO(e)R MANでGO!
タイトーの「電車でGO! FAINAL」のテーマソングとして使われた曲。イントロの要素が強い
それにしても、鉄道関係の曲を多数てがける彼らであるけど、成果として「電車でGO!」に採用されたのは非常に意義深い。きっと大ハシャギだったんだろうなぁ、などと勝手に想像してみる
2.MOTOR MAN 中華特急みなとみらい
東急東横線直通のみなとみらい線を舞台とした(何か間違った)中華が飛び交う曲。聞いた瞬間にキーボード担当の少覚氏の曲だって分かったよ
この楽曲における東急東横線の再現度は高く、アナウンスやドア開閉の音、さらには出発時に鳴る「ピンポン」という音は判る人にはオオウケだ
最終的に車掌も運転手さんも電車を降りて中華街へ雪崩れ込み、満漢全席を満喫するのだが、このやりとりが電車運行を思わせる内容で笑わせてくれる。小龍包は「温度注意!」なんてね
3.オレは西武特急レッドアロー
西武鉄道では、悪の運行障害に立ち向かうため、止むを得ず乗務員が正義のヒーローに変身することがある・・・それが、"鉄道戦隊 レオ・レンジャー"だ!・・・あらかじめご承知おきください
つーわけで、戦隊モノのノリで展開される西武鉄道を舞台とした曲。悪の怪人グモラーも出てくるよ
いやホント、よくできてるよ(実際、コレを題材にした実写DVD作っちゃったくらいだし)
でもその西武鉄道の上層部が汚職にまみれていたとは・・・最近の戦隊モノとお約束の、人間ドラマが展開して良い?(いや、違うだろ
4.MOTOR MAN NAGOYA GRAND OPEN 名城線
日本の地下鉄で初の環状線型地下鉄となった名城線が舞台(当然乗ったことありません)
一応舞台は環状になる前の名城線みたいで、途中からドリルを先頭車両に接続して掘り進む+発破をかけ、一周接続するために突っ走るという・・・(でもアナウンスはすでに「右回り」って言ってるんだけどね)
それにしても、自動車の路上放置ってなんですか?路駐とは違うの??
5.MOTOR MAN 札幌市営地下鉄 rubber scream
北海道出身のベルズメンバーには思い出深い曲なのでは?
札幌に修学旅行に行った時、目的地によっては乗れたけれど、結局乗らなかった思い出が
いろいろイベントが多い曲だけど、自衛隊の訓練地に来たら「タタタタ、タタタ」って銃声が響くのにはワラタ。さらに乗客のおいちゃんは、居眠りして乗り越ししてしまい、結局終点まで行ってしまう
ちなみに、この曲には続きがあって、後のアルバムに南北線バージョンがあり、乗り越しをしたおいちゃんがそれに乗り込むのだが・・・
6.MOTER MAN 東北新幹線 はやて 最速達Edit
実際に"はやて"が走りはじめた直後にリリースされた曲。ズーズー弁丸出しのおっちゃん(東北で人気があるというDJ本間秋彦氏)がすごいいい味出してる。さらに、アナウンスが途中から東北弁になるのだが、本当にありそうで怖い(苦笑
イベントもたくさんあり、サササササササ笹かまぼこ+車内わんこそばの販売など、車内販売がかなり怪しい。さらに英語アナウンスが最高に怪しく、そこにまた東北弁が混じるのでとんでもない雰囲気を醸し出している
なお、これは最短バージョンなのだが、この曲が最初に収録されたアルバムには、特定の基点ごとに4つに区切られた曲が入っていて、それぞれがまた秀逸。ぜひミニアルバム「MOTER MAN はやて&埼京線WATERFRONT」を聞いてみて欲しい
特にぷらたなすさんね(何故
7.かいじ101号
ボーカルの野口氏の印象ががらっと変った記憶がある。この曲も一時世間で話題になったのを覚えている方も多いだろう
曲そのものは、某「あずさ2号」へのアンサーソングで、鉄系の楽曲とは思えないほどド真面目な曲・・・かと思ったら「八時ぐらいのあずさじゃなくて・・・」っておい!
(なんでも、頻繁にあずさが遅れるかららしい)
8.MOTOR MAN 終電上野発23:54発
終電の悲劇(笑劇)を扱った初期の名曲で、彼らのライブでは相当手の凝ったパフォーマンスが見られるそうだ
よっぱらいオヤジが主人公なのだが、個人的にはからんでくる兄ちゃん(DJとして有名な山本シュウ氏)の方が、いい味出してて好きだよσ(^_^;
実はベルズのメンバー(の知り合い?)が遭遇した実話がベースらしい・・・
それにしても富山まで行っちゃったよっぱらいオヤジ、素敵過ぎ(爆
9.MOTOR MAN 青函トンネル zone539
青函トンネルを行く電車の雰囲気を再現
深海を黙々と通る電車を再現するだけあって、基本的にはシンプルであり、イベントはほとんどなし
静かなトンネルを過ぎていく電車を想像して静かに聞くがよしかと
10.MOTER MAN 酉
酉年だからのタイトルではなく、なんと野月氏のペットのインコが車掌DJをやってるという、異色中の異色な楽曲
ベースの楽曲は普通のMOTER MANだが、ブルリン(インコの名前)がラップ調でしゃべくり回るのでものすごい

なお、ベルズは基本的にライブユニットで、あまり映像に露出することはない
あるすも昔、秋葉原で行われたミニライブに行った事がある。集まった多くの鉄系兄ちゃんに混じって、生の彼らを見た時は「ああ、CDより生の方がいいなぁ」と実感したものだ
あのギター担当のナカジーの顔パフォーマンス無しでは、ベルズは語れません
(そういう意味では、ライブの雰囲気を収録したDVDも同時にお薦めしておきたいアイテムである)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »