« 京都一泊二日旅行記【2】 | トップページ | 塩味ぽてちの誘惑【4】 »

2005/10/05

赤い電車

これを聞くまで、くるりという人達がどんな方々か全然知りませんでした
(´・ω・`)ショボーン
じゃぁなぜ知ったかというと、TVKの音楽缶をたまたま観たら、見慣れた風景のPVが映ってたもんで「おおっ?なんじゃこりゃ!」と調べて、この曲に辿りづいたという(^_^;)
なんでも京急のファンだそうで、京急からの直接のオファーを受けてがんばって作っちゃったとか・・・
CDカバーの中が京急の路線図、ライナーを開けたら新1000形の設計図、パスネット型の歌詞カード
うん、なんかね
愛を感じるよ(= ̄▽ ̄=)

で、肝心の曲のほうはというと
なるほど、こういうのもありかねとは思いましたが、なんでしょう
京急ってこんなに呑気な電車じゃないんだよな
三崎口から三浦海岸あたりの、キャベツ畑を突っ切る辺りはこれでもいいかもしれないけれど
品川から横浜までのぶっ飛ばし区間に一度でも乗った事がある人なら、京急が関東一の爆走最強電車だというのはよくご存じかと思われ(苦笑)
だからやっぱり京急のイメージを如実に現しているのって、SUPER BELL"Zの曲の方だとあるすは思う

SUPER BELL"Zの時もそうだったけれど、京急ってこういうの好きだよなぁ~
こういう懐の広さも含め、京浜急行電鉄はとても面白い会社だ。これからも頑張って欲しいものだ
電車の車体デザインのセンスの良さ、アルミ車両になろうが真っ赤に塗装するその度胸(だから羽田空港とのコラボの青京急はなんかイヤ)
関東最速の座はつくばエクスプレスに奪われたけど、ありゃ踏切が無いからできるのであって
踏切があろうがなんだろうが、JR相手に120Km/hでガチンコ勝負を挑む京急が素敵に大好きである(おいおい)

|

« 京都一泊二日旅行記【2】 | トップページ | 塩味ぽてちの誘惑【4】 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
踏切があろうが軒先に洗濯物がぶら下がっていようが構わず120キロの豪快さはたまらないですね。
京急にはホントいつまでも「赤い電車」で頑張ってほしいです。

投稿: ごつ | 2005/10/07 10:34

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤い電車:

« 京都一泊二日旅行記【2】 | トップページ | 塩味ぽてちの誘惑【4】 »