« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006/01/30

子宮筋腫治療開始【2】

親を連れての検診
まず最初に、血液検査の結果は良好で、貧血はほぼ改善されたと説明があった
次に手術について、親も来たので改めて説明
全身麻酔で内視鏡を使っての手術であること。問題なく手術を行う事ができれば、入院->手術->1日様子見->退院という経過が見込める事
ただし、筋腫が大きい事、一部しか子宮内部に出てきていないことなどから、手術に何らかの悪影響が出ることも考えられ、その場合は開腹手術や緊急輸血もありうる、とのことだった
「取れない大きさじゃないけどね、位置がちょっと微妙なんだよね。でも、やってみないとね」
と先生は何度も言っていた
入院日はもう決まっているけど、その後はやってみないとわからないということか・・・
んで、部屋を映って子宮鏡検査。これが苦痛でたまらん
そして今日も皮下注射。痛い(T-T)
後は心電図に胸部レントゲン、さらにまた採血(TOT)
まぁ今日は、いろいろ動き回ってたせいか出はよかったけどね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/26

気づけよ

ある日の夜、スタッフからケータイにメールが来た
「あるすさんへ。インストラクター用のパソコンが起動しなくなってしいました。強制終了して再起動してもダメです。もしかしたら放電で直るかもしれないので、電源を外しておきます」
自分が勤務していた時間帯には何もおかしいことは無かったし、兆候も無かったけどなぁ

翌日、出勤して問題の機体の電源を入れてみる
BIOSの読み込みが終わって、HDDからOSを立ち上げるシーケンスに移動する直前、本体から

「ガガッ」(FDのシーク音)

画面には「OSが見つからんぞ( ゚Д゚)ゴルァ!」というメッセージ

・・・FD入れっぱなしなだけやんけ!ノ ̄□ ̄)ノ


ええい、そんな基本的な事にひっかかるとは、愚か者めぇ~!
BIOSのチェックまでスルーした後に「ガガッ」と鳴ったらFD入れっぱなしに決まっとろぉが!!
しかも当人、自分で作った"持ち帰る"データを、当のFDに入れるために使っていたの忘れて慌ててたらしい
ええ、もちろん後日、お仕置きとして首を締めた上、晒し者にしました

本当にダメだったら、真っ黒い画面の一番左上に
「おぺれーちんぐしすてむ のっと ふぁうんど」
って無常に出るだけさ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

W-ZERO3:そんなんアリか

でかくて仕舞いどころに困るW-ZERO3
いつもは仕事場の棚に無断で間借りして置いていたのだが、試しにパンツのポケットに入れて作業をしていた
落としたら怖いので、ストラップの端をベルトに結んでいたのだけど、ちょっとしたタイミングでポケットからするっと落ちて・・・
がちゃん!という素敵な音が・・・

ぎゃぁぁ!やーめーてー!!

まだ機体の代金払い終えてないんだよー!!!(カードで分割払いです)

・・・幸いにして外見も動作も支障無く、結局棚にまた置くことに
その後、忙しくて4時間ぐらい放置。落ち着いたので小休憩を取っているとき、ライトメールを送ろうとしたら
「W-SIMに異常があります...」
アプリを全部終わらせても電源のON/OFFでも改善せず
フタを開けてリセットをかけても直らない
しかも今度は電波を取らなくなった(電界強度表示が圏外になったりならなかったりを繰り返している)

こ、壊れた!?

W-SIMを入れ直したら何か変わるかなと思って再度フタを空けた時、何か違和感を感じる
なんか・・・W-SIMが心なしか浮いているような・・・(汗)
触ってみたら、どうも"差し込まれている"感じがしない。なんとなく上から押してみると『カチッ』

・・・落下の衝撃で取れてた・・・らしい

そんなアホな( ̄□ ̄;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/24

ブログ1周年のこの日

このブログを始めて1年経った模様(他人事)
1年って早いねぇ~
ちょっと駆け足で過去のエントリーを眺めてみたけど、ここ1年様々な事に関する主張がほとんど変わっとらん(汗)
これを固い意志と見るか進歩が無いと見るか・・・
(1年以上前のエントリーがあるのは、日付操作をしたものが数点あるから)


本日はお休みのため、久しぶりに散策しながら買い物に行く事に
散策といっても、JR東逗子とJR逗子駅間を歩くだけ。終着地点は京急新逗子駅だけど
バス停5個分くらいか。県道24号線をのんびりと歩く
その前に、JR東逗子駅横に建設中のスリーエフを見に行く。こちらのサイトで見たところ、ここの建築確認を行ったのが例のイー○ームズだという情報が
こんなご近所で気づかなかったとは不覚。確認しに行ったら
img018おお、間違い無い
このスリーエフ、大丈夫なんかね?(苦笑)
途中でパン屋さんに寄る
img021
『ショパン』という小さなパン屋さんで、面白いパンを結構置いてるところ
いつもの買い物ルートからは外れてるので、頻繁に行くわけじゃないのだが、今日だけ限定でバターロールケーキが売ってるそうなので寄ってみた
img020お店の方の許可をとって店内の風景を一枚いただきました
JR東逗子駅から、県道側に出て逗子方面に10分も歩けば着けるところにあるよ
(W-ZERO3のカメラの性能が良いとわかったのをいいことに写真取りまくり)
東逗子駅から少し逗子よりに歩いた辺りは桜山という地名の地域
img022その由来となっているのが、この道の両側に有る桜の樹。もちろん今は季節はずれだから丸坊主の状態だけど、時期になればこの坂を昇った先の丘の上まで桜が満開で綺麗なのだ
まさに桜の山となるわけで
春になったらまた写真を撮りに来よう
その後もてくてく歩いたが、あまり代わり映えが無かったのであまり撮る物無し
img024京急新逗子駅近くの田越川付近でパシャリ
ここには例によって鯉がたくさん居るが、それ以外にも時々白鷺やカワセミも現れる
意外とキレイな川なのか
薬屋とかで買い物をした後、JR逗子駅へ
img025駅を降りてすぐのところにあるスーパーへ買い物を頼まれたのだ
で、そこが噂の、セレブがいっぱい来るスタバと日影茶屋だ!
今日も品の良さそうなご夫婦がコーヒーすすってたよ
JR東逗子駅に帰ってきて、本当は踏切から見える富士山のシルエットを撮ろうと思ったけど、時間が早くて見れなかった
いや、踏切のど真ん中で電話(つーかPDA)かまえて写真撮ってたら、怪しすぎる事この上ないとは思うけどね(ぉ
来年のこの日はどんなエントリーを書いてるのかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/23

W-ZERO3:チープな最新機種

いやー、何年ぶりかのバカアイテムだわ、これは(誉め言葉)
使えば使うほど、ダメっぷりが露出してきて、呆れるよりむしろ「ダメなコほど可愛い」みたいな状態(~ヘ~;)

  • 「連絡帳機能」から電話の発信ができない。発信キーを押してから連絡先を指定しなくてはいけない。そんな電話がどこにある!
  • せっかくの連絡帳なのに、ライトメールの送信先及びライトEメールの送信先表示と連携していない
    ライトEメールの送受新記録は相手のメアドとsubjectだけ並んどる。これで誰とやりとりしてるのか分かるほど現代人の記憶力はよかねぇぞ
  • ライトメールに至っては、送受新記録は連絡帳と連動してるのに、返信しようとすると送信先が電番になる
    さらに初期カーソルの位置が電番になっているので、つい入力を始めてしまって電番上書き(爆)
    とりあえずTabキーを押す癖を付けよう(;´Д`)
  • メールのエディット画面も楽しい
    例えばメールの返信を使用と思い、引用された文章をctrl+Aで全選択してDelしたにもかかわらず、一端subjectの編集をして文章画面に戻ってくると1個tabが入ってるのである。これは毎回発生する
    また、横画面で編集中、画面の一番下まで文章が到達してもスクロールしない(爆)
    文字の三分の一が隠れて見えないのである。さらにその状態で下キーを押すと、一画面分スクロールしてしまい、入力中の行すら見えなくなる。開発連中は実際この画面を使ったことあるのか?
    このデカい画面を素敵に持て余しているとしか思えん
  • そのデカい画面に、発信中や通話中に表示される情報が『名前』『電番』『通話経過時間』のみ!
    確かに電話中に画面を見る奴の方が奇特かもしれんが、そこに意味もなく派手な壁紙や無駄なアニメーションを入れるのが技術屋というものだ(ぉぃ
    そこまで行かなくても、ちょっとしたアイコンくらいあってもよかんべ
  • Today画面も無意味にでかい。着信・未読メッセージの件数を表示できるなら、それをタップしたら下位の階層を表示して、誰からの情報が来てるか見れるとか、そんな造りにできんのかい
  • カメラレンズの位置が素敵すぎ。キーボードをスライドしてタイプしてると、ほぼ確実に左手の中指がずっぽりはまるぞ(苦笑)
  • 音量調節ボタンが、下を一回押しただけなのに、一端メーターが上に戻ってから下に行くという謎の動作をする。メーターを直接タップすればいいんだけどさ、どういう構造になってんだここは(汗)
  • さっき気づいたけど、カーソルボタンの上って、縦モードで使ってるとすっごい押しづらい。っつーかアクションボタン押したのと勘違いされるから迂闊に押せねぇ
  • カメラの性能がいいのは認めるが、撮った写真を問答無用で保存するのはどうにかならんか。時には失敗するんだからさ、せめて保存するかどうか聞いてくれよ

バグ取りとか試用検査をホントにしとるんか、この製品は?
とてもそのような工程を経た形跡が無いように感じるのは私だけではあるまい
最初っから工程に入ってなかったんと違うんか
で、なんつーんですか?
とりあえず新しい物を作ってみましたけど、いかがなもんでしょー
って感じのチープさがバリバリで、とても最新技術が詰まった製品に感じられないのが、もうなんともいえず吐血物だ
それでも「使えん!」って捨てないのは、これからに期待してるからに他ならない
頑張ってくれ、ウィルコム&シャープ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/22

パソコンを使いこなす?の偽善

昨日の雪のせいで、今日はあっちこっち凍結してて、家から駅に行くのも一苦労だった
なんせ血が足りない私は、コケて頭打ってケガしてどっか切ろうものなら、転倒の衝撃より出血性ショックのほうで死んでしまう(実話)
北海道や東北地方にお住まいの方々にしてみれば、この程度(写真参照)img011で大騒ぎして、人はコケるわ電車は動かなくなるわなんて笑止千万でしょうが、関東地方にとっては充分大雪
ちなみにこの写真、W-ZERO3で撮ってます。思ったより綺麗に写るもんだ


さて全然話が飛ぶ
この仕事(パソコン教室のインストラクター)をやっててこんなことを言っていいものかとは思うが・・・
教室に通いたい人に、今までのパソコン操作経緯や今後の希望などをお聞きするアンケートがある
私はこの『希望』を書いてもらう項目の中に有る、"パソコンを使いこなす"という項目がいつもいつも気になっている
というのも、パソコンを使いこなせる人間というのは技術屋のことじゃないのか?と思うからだ
パソコン教室でお手伝いできるのは、パソコンへの苦手意識を克服してもらう(免疫を付けてもらう)のがせいぜいじゃないのだろうか
これだけ世の中にPCベースの物体が溢れてきてしまったのだから、使えない人は大損をしてしまう(所謂デジタルデバイドという、知識による格差が発生するということ)
そんなことで損をするのは馬鹿らしい話なので、なるべくそうならないようにお手伝いさせてもらう、というのが自分の仕事だと思う
もちろん、使いこなすという単語をどの程度のレベルで捉えるかという違いもあるだろうが、私はとてもじゃないが、教室でお伝えできる内容じゃぁ"使いこなしている"なんて大声で言えない
このブログでも何度も述べているように、パソコンはまだまだ家電で無くて精密機械なのだから、使いこなすには電気機械工学の知識か、少なくとも高校生以上の数学の知識が必要だと思う
コンピュータの設計も動作も何もかも、0と1によって構成されているのだから、二進法が分からねばならず
だからこそONとOFFで表せる電気と結び付いているのだということも分からなければならない
使いこなす、とはそういうことだ。こういった根源ともいえる理論を理解していれば、今存在している大抵のコンピュータを「扱え」と言われても、少し眺めていればだいたいのことは判る
運転免許を持っている人は、どんな会社のどんな車に乗っても、基本は同じだから運転できるというのと同じである
私は運転免許を持っていないが、車は知っている。でも運転できない。これと同じである

気になるのはこれだけではない
真の意味でコンピュータ(あえてパソコンとは言わない)を使いこなせない人ばかりになり、真の意味での技術者を育てる土壌が壊されているのではないか
現在子供さんを持つ親の世代は、ほとんど今言ったような「とりあえずパソコン使ってます」という人がほとんどだと思う(そうじゃない人ももちろんたくさん居るよ)
そうすると、ご自身の使っているレベルで「パソコン完璧!」と思ってしまわれて、子供にも同じことをさせて「ああ、この子はこんな年からパソコン使って、将来有望だわ」なんて思ってるんじゃないだろうか
半分偏見入ってるかもしれないけど
マウスやキーボードにアレルギーが無くても、数学にアレルギーがあったらその時点でアウトなんだけどな
私だってヘタレだけど、集合の理論や関数式の条件くらい分かる・・・っつーかわかんないとプログラマなんてできないよ
使いこなす人っていうのはあらゆる意味でスペシャリストなんだってことを、ちゃんと肝に銘じておかなきゃ


だからいつもいつも、「パソコンを使いこなす」という解答欄を、「パソコンに慣れる」と言う風に変えたくてウズウズしてたり・・・
そういうお題目じゃ、お客さん引きつけられないからダメって言われるだろうけどね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/21

国家の品格《藤原 正彦著》

いやはや、失敗した
もっと早く読んでおくべき本であった
私が近年感じていた、世の中との剥離感の謎が一気に解けた気がする
詳細は本を実際読んでいただくとして、この本で述べられているのは「自由・平等・平和」という言葉の欺瞞と限界である
そして、こういった言葉のみで現され、押しつけられる理論には、慈しみや儚い物を解する心が必要だと説いている
そういったものが日本には自然と存在し、誰に言われるとも無く理解していた時代があったのに、今は廃れてしまいつつあると著者は嘆いているわけである
確かに今の日本で蔓延る社会問題は、卑怯を憎んだり弱者への憐れみがあれば、ある程度放置していても防げる類いのモノが多い(万引きや愉快犯など)
人々が理論や法則だけに支配され、それ以上の「余裕」を持てなくなった現代社会への苦言集とも言えるだろう

著者が数学者であられるため、展開される論文の端々にやや決めつけともとれる、キッパリしすぎた言い方がちりばめられているため、アレルギーが出る方も居るかもしれないが、述べられている内容は往々にして的を得ている
どっかのヒルズ社長さんに読んで欲しい本だね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/19

ライブドア関連でいろいろ思うこと

ライブドアのニュースで世間は大騒ぎですね
まぁその内容については、他の方々もいろいろ述べているでしょうから、私が詳しく説明するまでもないでしょう


正直、年末の株主配当の時、まったく配当できないという話で「ちょっとおかしな話だ」とは思ってたけどね
だって億単位の「経常利益」があるといっていたのに、ですよ
経常利益ってことは、企業全体でそれだけの余裕があるってことなんですよね
それで株主に還元できない、ってのは「どこか」にそれだけのモノを流し込まなければならない穴があったってことではないのでしょうか?
で、ついに暴露されたと
恐らく『上』も、その頃から目を光らせてたんでしょうね
結果として野球界への参入を見送らせた野球団体の判断は正しかったわけで
なお、この件を小泉政権と関連づけて話す連中が一杯居ますが
正直言ってほとんど関係ない
確かに自民党執行部に「人を見る目が無かった」のはあるだろうけど、それとこれとは全然別の問題
だいたい、完璧に「人を見る」ことができるヤツなんて居やしないんだから
誰でも失敗はする。失敗するから学ぶ
今回のことで関係者がちゃんと反省して、今後に繋げればそれでいい
近年のマスコミっていうのは、ほとんど関係の無い事を無理矢理くっつけて、面白おかしい記事にしたがる連中ばっかり
頭の中、スポンジになってんじゃないのか?
それにしても、この件で取引不能になった東京証券取引所もどうかしている
世界の失笑を買っているそうで、本当に恥ずかしい話だ
去年の誤取引にしたって、あれはシステム上でブロックをかけていればどうにかなった話である
(取引システムに、売り値又は買い値が1桁の場合はエラーとする、という条件を組み込むだけで解決する)
根本的に、『株取引に関る人間は間違えない』という、ヒューマンエラーを想定しない設計になっているような気がする
そんな考え方で仕事をしたシステム設計者の顔を拝んでみたいもんだ。拝んだらその場で張り倒しそうだけど
あと、取引量が増えたんで取引停止、というのも呆れる話である
株取引には詳しくないけれど、1日に流れる取引の上限を低く見積もりすぎなんだろう
つーか、そんな上限作ってシステム設計するべきじゃないだろ
よく考えれば判る話だと思うんだけどな。よっぽど納期まで時間がなかったか、経費を削られていたのか。そうだとしても抜けすぎ
職人の国・日本は何処に行ってしまったんでしょうね??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/18

W-ZERO3:モバイルという点について

今日は病院へ診断書を取りに行くついでの移動中に、W-ZERO3の操作と調整

・nPOP
いわゆるPC用アカウントのメールをチェックしてくれるお便利ソフト。出かける前に設定をしていたのだが、接続先のCLUB AIR-EDGEのユーザー名とパスワードが分からん
だが、こちらのサイトをネット検索で発見して設定方法が分かった
皆さん探し出してるのだな・・・(^^;)
たぶん、ライトメール送受信のログを解析するとわかるのだとは思う(そういう仕事もしてたのにね、人様に頼りっぱなしだ)
特に何もなければ、放置しておいても自動チェックができることも確認
というのも、こんなことがあったから
  • 自発的にメールチェックをしようと「巡回ボタン」をタップすると、すかさず『発信に失敗したかダイヤルアップ接続が切断されました』というエラーが出てしまうことがある
    わざとCLUB AIR-EDGEへ発信を行い、それから「巡回ボタン」をタップしてもダメで、いったん電源のON/OFFをしないとダメだった
  • 2つ以上アカウントを設定しても、同時にチェックしてくれる。起動時直後のチェックではそのように動作する
    けれどいまのところ自動巡回に関しては、アクティブになっているアカウントのチェックしかしてないような感じ?
    気のせいかもしれないので、これはもう少し様子見
・ライトメール
ライトメール送受信のウィンドウを開いておかないと、ライトメールを受信してもTodayの画面に何も出てこない
ウィルコム同士のメールの肝なのに、ライトメールが自動受信できなくなってどうすんじゃ( ゚Д゚)ゴルァ!
この現象については自分の経験と、友人の証言から明らか
ライトメールという手軽なメーラーが売りなのに・・・
さらにネット上の情報によると、数通のライトメールを受信したとしても、放置しっぱなしだとバッファが上書きされ、最後に受信したライトメールしか覚えてないことがあるらしい
・インナーケース
ヨドバシカメラや100円ショップを物色
数種のPDA用ケースに入りそうな気がするのだが、そのうちすぐに"W-ZERO3専用ケース"とか出そうなので、これも様子見(-_-;)
こいつを使い勝手良くしまえるケースの条件として、自分ではこんなものを挙げておく
  • 左右のマチが閉じてない事(ケーブル類接続のため)
  • カメラ部分が使えるように、空間を開けるかそこだけ折り曲げられるようにする
  • ディスプレイを使えるよう透明な窓を付けておくこと
・充電
噂には聞いていたが、2日と持たない
夜中は常に充電した方がいい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/16

W-ZERO3:見た目と使い勝手

今日も今日とてオモチャと格闘
友人と3人で揃ってこいつに機種変したので、電話代がタダなのをいいことに、電話しまくりメールしまくり
お互いいろいろいじって情報交換していたりする
しかしパソコン屋の悲しい性かな
ちゃんとボタンが付いてるのに、ついつい画面上のボタンをタップする癖が(ーー;)
おかげでカーソルボタンとか全っ然使ってないし(爆)
他の人ってどうなんだろうか
さて、今日感じた感想

標準添付のケースは使いづらい
ほとんど常時といっていいほどヘッドフォンを付けっぱなしだが、それだとケースに入らないから
でも裸じゃまずいから、とりあえず100円ショップでネックストラップを購入
なんにせよ落下破損が一番怖いので応急処置
各種コネクタのカバーが邪魔
ヘッドフォンコネクタ、電源及びUSBのコネクタのカバー、正直要らない
ホコリ防止には必要だけれど、ここはほとんど使いっぱなしになってしまうから
保護シートは一長一短
この巨大なディスプレイの場合、公共の場所で使う事を考え、目隠しは必要かと思う
しかしこの保護シート、蛍光燈の下はともかく自然光の下だと極端に見えづらくなる
目隠し無しだとどうなんだろう?
キーボードをスライドさせた状態で・・・
電源OFF状態から復帰させたら、画面が縦のまま復帰してきた(苦笑)
切り替えボタンを押してもだめで、一度キーボードをしまってから開いたら横に切り替わった
たぶん、キーボードが引き出されているかどうかというチェックができる機構が無いのだろう
ハード系のスイッチが無いためと思われる
まぁここは作り込みの問題ですな
やっちまった系
無線LANを有効にしてるのに、ふつーに(ダイヤルアップで)インターネットにつなごうとしてた
つながらなくて友人に愚痴ってたんだが、途中で気づいた(自爆)
ええ、怒られましたとも

まだ操作が難しく、慣れてないのでポカ連発
とはいえ、Operaを入れたりフリーツールをいろいろ入れたりで、設定はそこそこ順調・・・かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/15

W-ZERO:お披露目

ようやくお目見え。久しぶりに新しいオモチャが手に入ったよ
横浜駅近辺在住の友人が、ヨドバシに限定25台入荷したのを教えてくれたので、古本を売りに行くついでにゲット
もちろん金は無いが、すでに今までの機体の電池が超ヤバイ状態だったので、未来のお金で処理


最初に断っておくと、こいつは電話では無い。「電話付きPDA」である
こんなん耳にあてて電話してられるかい!
当然のように一緒にヘッドセットを買うのが吉かと
さらに、友人たちの助言でminiSDも購入。大は小を兼ねるということで1GB
最初から入っているツールではいろいろ足りないので、どんどんメインメモリは侵食されてしまうのだそうだ
ADTECよりPanasonicの方が安いのが不思議
しかしPDAなんて久しぶりだなぁ。数年前まで使っていたザウルス以来?
機種変の後、電車に乗る前にBECK'Sでお茶するついでに荷物分解
マニュアルと本体だけ引っ張り出して電車の中でいじりたおすためだ
人づてに聞いていたより本体は軽い。でもやっぱり電話としては扱えん大きさだ
マニュアルでかっ!
まぁ当たり前といえば当たり前。流し読みでも地元に着くまでに読み終えられなかった
ではちょっと触った感想を
まずは保護シート。WILLCOM SELECTの"のぞき見防止メールカットクリア"という製品を購入
眼鏡用のクロスシートでよく掃除した後、恐る恐る付けてみる(なんせ付けそこなった保護シートを剥がそうとして、液晶が割れたという話も聞いているからね)
意外とあっさりくっついたが、何度慎重にやっても多少の気泡が残ってしまう。スタイラスはちゃんと反応するので、途中で妥協する
次にヘッドセットの具合を確認。こちらは事前情報でSONYのはヤバイらしいと聞いていたので、グルマンディーズという保護シートと同じメーカーのイヤホン部分が結構大きい奴を購入
耳の穴に入れるタイプは、私の場合すぐに抜けてしまうから。でもこれは失敗だったかも。なかなかうまくひっかけられないのだ
(後で関連サイトを調べたら、そういうのも情報に載っていた)
さらに後になって分かったのだが、ヘッドセットを本体のコネクタにつなげっぱなしにしていると、着信音が全部ヘッドフォンに流れて本体スピーカーから聞こえない!
つまり、WindowsMediaPlayerなどで使うヘッドフォンと会話用のヘッドセットとで、音声の出力形態を変更できるようになってないのだ
それじゃ意味無いだろ~、シャープさん!
続きまして連絡先。以前の機種と構造自体が違うので、メモリコピーはしてもらえず
これまた関連サイトで調べたら、移行ツールが公開されていたので使用する
さらに無線LAN。我が家にはNECのAtermWR7600Hがあるので、自宅ではわざわざインターネットにつなげちゃったら勿体ないから
しかしこれが悪戦苦闘。すんなりとつながってくれなかった。最終的につながった設定は
*IPアドレスはDHCP取得でよい
*プライマリDNSのアドレスとして無線ルーターのアドレスを指定しておいた方がいい
*プロキシの設定のチェックはつけてはいけない
まだまだいろいろいじったけど、今日はこれくらいで
しかしKX-HV200(写真右)、よくいままでがんばってくれた。ゆっくりおやすみ
ほんと、九州松下のPHSとしては最高の機体だったよ、コレ
戻ってきてくれないかなぁ、九州松下・・・・・・(´、`;)ブツブツ
WILCOM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/14

突然だけど、YMO

突然だが、YMOである
理由は無いが、なんとなく今書きたくなった


私がマトモにCDを集めたり映像作品を集めている数少ないアーティストの一組
もちろんその"好き"のレベルは、世の中のYMOを深く愛している人達には遠く及ばないと思う
なんせYMOが全盛だった時代はまだ子供も子供、オコチャマ以下だったので、その当時の事なんて全然知りもしない
しかし有名な『RYDEEN』だけでなく、何故か『東風』『BEHIND THE MASK』を耳で覚えていた
(きっとラジオとかから流れてた曲をなんとなく覚えてたんだろう)
物心付いて、このメロディは誰の作品なんだろうと調べたら、YMOに行き着いたという経緯
最近はベスト版やDVDが購入しやすくなり、レアな音源とかにこだわらなければ、YMOの作品自体に触れやすいのが嬉しい
しかしこの人達の曲調は、今聞いても全く色褪せないし、普通に新曲としてリリースしても全く問題がないじゃないかってくらい先進性があるな、と改めて思う
それと同時に、初期の曲と後のほうの曲が、これだけ"全然"違うってのもものすごい。あるアーティストが、年を重ねて進化したっていうのとは違う。3人のメンバーの意見のどれが強くなったとか弱くなったとかでもなくて、赤の他人が作っているという印象
さらに言うなら、時々良くも悪くも"ぶっ壊れた"スタイルになって曲をリリースしている辺り(『君に胸キュン』が代表的)、アーティストとしての根性を感じる

主要メンバーの御三方は今でも音楽会の巨匠でらっしゃる。これだけの作品を産み出すパワーをお持ちなら当然か(付け加えて言うなら、少々老けてしまわれた以外は、皆顔も印象も変わってない・・・)
いろいろな曲を聞いたりエピソードを聞いていると、細野晴臣氏がはもくもくと敵陣を攻略する軍隊長、高橋幸宏氏は力ワザの実行部隊長で、坂本龍一教授は文字どおり頭脳の参謀長という印象
バランスが良いようで、どっかが突出してしまうとあっという間に瓦解する関係。とはいえ後の時代の人間の勝手な感想ではあるが
でも個人的には、そういう関係だったからこそ、これだけものすごいパワーのある作品を産み出して来れたのではないのだろうかと思う
実際、意見の対立は結構あったらしいということは、ネット上を検索すればごまんと出てくるが、どこかで危ういバランスを保ちつつ作品を産み出してきた結果が、現在でも評価されているわけで

ちなみに、2003年にリリースされた『Visual YMO:the Best』は、往年のファンには物足りないかもしれないけれど、私のようにYMOはかじったくらいだけど好き、という人には最適な作品だった
『君に胸キュン』のPV、噂には聞いていたけど本物見てぶっ飛んだし、『TECHNOPOLIS』の演奏映像見たら「教授若いねぇ・・・ってこの頃からもう化粧してるやん!」とかね
一部、前期YMOの方が好きという人にはキッツイ映像もあるけんだどネ
実際自分がそうで、『STAIRS』『NEUE TANZ』あたり。もんのすごく、暗い
このものすごい重さや猛烈な鬱の印象ってどこから来てるんだろうってくらい、前期と違うんだよな・・・


最後にお気に入りの曲
皆さんいろいろありましょうが、私はグリーグシアター演奏版の『COSMIC SURFIN'』である
この、ロックともテクノともつかない、絶妙な作品の仕上がり具合が良い
これを聴けるのが、『Visual YMO:the Best』ともう絶版の某CDだけというのがなんとも・・・
ま、自分の中でYMOといえば『RYDEEN』なんだけど、どうアレンジしてもイケちゃうんでソツがなさすぎてね(;^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/11

バカの地理感覚がわかる本

ネットで展開中の「借力」プロジェクトのまとめ本
つまり現状、ネット上で確認できるんだけど、「いったい何が起こっていたのか」を見るには、やっぱりまとめって重要
これらの本は入門編として利用するのがよいかと。ゆっくりじっくり見たい方はこちらをどうぞ


さて「バカ日本地図」はもう1年以上前に発行された本
「バカ世界地図」が最近発行された本
これは、地理音痴の(彼らなりに真摯な)意見を集約すると、こういう日本や世界が現れるという結果なのだ
まぁ・・・なんというか・・・そりゃね、地理を完全に理解している人って希だと思うけど・・・
いくらなんでもこりゃないだろ、って感じです(苦笑)
いやね、私の知り合いにも、神奈川県海老名市の向こうは全て静岡県だと思ってた奴(注:神奈川県在住数十年のヒト)居るから、わかんなくはないけど

「ご当地バカ百景」は、日本各地の(良く言えば)土地柄を集めたものなんだけど
じっくり見ていると、世間一般の常識とは一体なんだろうと悩むネタが結構あるのものである
例えば、この間のエントリーで書いた、MAXコーヒーは千葉県(+茨城県の一部)でしか売ってないのに、当地の人は世間一般の普通の味だと思ってどこにでもあると考えているってやつね
逆に、地元の噂を見ていると「え、それって地元オンリーネタ?」と不思議に思う事もあったり
ご自身お住まいの地域についてよく見てみるとよろしいかと・・・
ちなみに、私が投稿したネタも載ってます(ぉ)
ネット上では、世界の噂も載ってるので、これまた楽しいでしょう


他にもいっぱい"くだらない"プロジェクトが進行中の借力
毎週チェックするとトリ○アの泉並みに楽しいです(;^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/08

医療の疑問

経口ピルを止めて2日目、あっさり生理が来た
((;゚Д゚)ガクガクブルブル
なんて率直に反応する体だ。我ながら嫌になる
とにかく急いで止血剤と鎮痛剤を服用
抗生剤と鉄剤を含め、食後に飲む薬が増加。しかも私は子供みたいに「薬飲むの苦手です」とかいうタイプだったりして
コン○ック程度で喉に詰まって死にかけることしばしば orz
喉がやられて痰を処理できないばかりに窒息死しそうになったしな(過去エントリー参照)
神経質になりすぎて神経症がまた出てきたし・・・
治療するのも必死だが、薬を飲む事すら命がけじゃぁ!


それにしてもこの「薬」
昔は診察してもらった病院で長い事待って渡されたけれど、いつからか「院外処方せん」が発行されるようになった
まぁようするに、大きな総合病院でも小さな町医者でも、薬剤師をたくさん常駐させるのって経費の無駄だからということと
町の薬屋さんにもっとお仕事をしてもらいましょうということなのだろうけど
「全国どこの処方せんでも承ります」って看板掲げてるのに、ある薬に関しては備蓄が無いってのは『看板に偽りあり』なんじゃないのか?
今回川崎の病院から処方せんをもらった時、なんとはなしに逗子まで戻ってきて処方せんを出したらそんなような反応をされた
効果が同じで薬品名が違うというモノを出してくれたけれど
薬局の担当者さん曰く、ある病院の近くの薬局にだけ在庫を置いておいて、そこに利益が行くようにしているケースもあるのだとか
・・・まぁ、わからない構造じゃないけれど、そういうことをしているのなら、薬局は皆看板を変えるべきなんじゃないのか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/01/06

子宮筋腫治療開始【1】

朝5:30に起きて川崎の病院へ
今後がかかっている診察だけに不安と緊張で昨夜は寝られなかったよ
早めに到着したのが功を奏したらしく、とりあえず外来初診の一番手は確保したようだった
といっても病院到着から診察開始まで2時間半くらい待ったけどね


先生はどうも日本の方じゃ無いみたいで、最初はおっしゃってる事を理解するのに時間がかかってしまった(苦笑)
で、いきなり「ガン検診した?」との質問
「し、してないです・・・」と返答したら、ちゃんと年一回受信しなきゃダメだとまずは釘を刺される
問診を軽く受けた後に、子宮に内視鏡を入れる検診を結構長時間受ける
結果、内視鏡手術で取れなくはない大きさだということ
ただ、現在生理を止めるために飲んでいる経口ピルは、子宮筋腫を大きくしてしまうことがあるそうで、これを停止
それによって再開する生理の出血を止血剤で最低限に押さえつつ、ホルモン剤の注射で筋腫を徐々に小さくしていく事に
このホルモン剤の注射を今日も含めて3回したあと、3月中旬頃に内視鏡手術ということになった
体調は健康な人並みに戻っているというお話しで、通常の生活に復帰しても問題なしだということ
最後に血液検査ということで採血に行ったのだけど、お約束通り血が出ない(血液の状態が正常に戻ったことと、血管の太さが人並みになるかという事は同義ではないようだ・・・)
担当の看護士さん3回代わりました orz
すでに13時過ぎ。会計を待つ人で1階のロビーはぱんぱん
結構待った後で提示された検診料、2万円也(吐血)
1万円くらいはかかるかなと思ったけどサ・・・内視鏡検診ってそんなにすんのかよ・・・
手術代を想像すると自決したくなるわい
つーわけで、しばらく筋腫とは同居することに
ついに恐怖の生理が戻ってくるわけだが、果たしてどうなる事やら・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/04

仕事始めがコレかい

新年早々の仕事が四街道への仕事とはねぇ(四街道ってのは成田の方だよ。自宅から電車で2時間)
ネットがつながらなくなった、パソコンの動きが突然重くなったと・・・
またウィルスですか?
しかも、ルーターが正常動作しないらしく、ルーターのセッティング画面すら出ないらしい
で、その代替のルーターを、ソフ○ップで中古を買ってくる自分が素敵だ


でもねぇ~
そのオチがねぇ~
年末に大掃除+配置替えした時に、HUBにネットワークケーブルを間違えて繋げてたのが原因だったとはねぇ~(吐血)
誰がやったか知らないけど、LANケーブルの頭とお尻と、同じHUBのポート1とポート5に繋げてんじゃねぇ!!
ポート1のLANケーブルを外したら、HUBのランプの異常点滅が止まったけど、同時にポート5が消灯したときには呼吸停止しそうだったわい
そりゃネットワークが重くもなるし、各端末に異常なパケットが流れ込むから、CPU使用率もおかしな数値になるよわな
なんで気づくのが遅れたかというと、この教室には余剰のLANポートを作らなかったので、必ず全部埋まるようにしておいたから
配置替えで、そのつもりで置いていったHUBに1つ穴ができてたんだな
あと、まぁどうせウィルスだろうって頭から決めつけてたのも原因
油断大敵
まぁ、お約束のようにウィルスバスターとWindowsNTの調子が悪かったから、それを修整できたからいいとするか・・・
で、帰りに友人に頼まれた千葉県特産MAXコーヒーを買ってきた自分(これね->)MAX
なんでも今、千葉のセブンイレブンだけで、歴代のMAXコーヒーの絵柄全部購入できるんだと・・・
(同じセブン&アイグループのイトーヨーカドーには何故無いんだ?おかげで駅から10分くらい離れたセブンイレブンまで歩く羽目になったよ)
これ、コーヒーと名乗るのもどうかと思う味だと思うんだけど、千葉の人には普通なんだそうだ
余談
今日の「古畑任三郎」面白かった~
イチローって演技上手だね。なんでもメジャーの試合中、グローブで口元隠しながら、一生懸命台詞練習してたらしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/02

ネットオークションで年明け

あけましておめでとうございます

年の瀬からいろいろ余計な物を整理しまくり。意外と捨てるに捨てられないタイプの人間なので、なんだか色んなもんが溜まってしまうのだ
で、気づいたら、ガラクタとも宝になるかもしれないものとも知れぬブツを、20個近くもオークションに出品していた・・・
どう見ても大掃除で出てきた不要品のラインナップにしか見えないが、ちゃんと「オークション・ショッピングアドバイザー検定」に合格してるから安心してくれい(だからなんだ)
->証拠Yahoo!インターネット検定「認定アイコン」
少しでも売れて小金になればいいんじゃがのぉ~


それにしても、久しぶりのオークション出品。相場を見るためにいろいろと検索してみたのだが
どうも、出品数に対して入札数が圧倒的に少ないのは気のせいだろうか?
かつて私が参加しはじめたばかりの頃は、アホみたいな商品をふざけて掲載する馬鹿がごろごろしていたものだが、その中に「これは・・・!」と思う商品も結構あったのである
どうも最近は、一般ショップや中古ショップの無店舗経営のために使われていることの方が多くて、マニアックというか心くすぐられる商品でも値段でもないものばかりだ
ショップが使うのが悪いわけでは無い。それはそれで全然構わないのだが、フリーマーケットの「楽しい値踏み合戦」の様相が無いのが気になるのだ
すでに適正価格ギリギリの値段で大量に出品された商品がずらっと並んでいる光景が、もしかしたら私も含めた多くの人達にはつまらないのかもしれない
(だからショップがあまり介入しない、マイナーなコレクター商品なんかではイイ意味で怪しい商品があって、見てても楽しい)
ところで、私は今のところネット系の銀行の口座を持っていない
初期はあまり魅力を感じていなかったのだけども、今日改めてネット銀行のサイトをゆっくり眺めていたら、イーバンクはそれなりに使えるかもと思って申し込んだ
何故かと言うと、ゆうちょの口座からのお金の移動の手数料が無いからだ
もちろんイーバンクに直接振り込んでもらえるようにもなるし、今までゆうちょに振り込まれた分を、いくらかまとめて引き落として銀行に回していた事を考えると楽だ
実際の銀行のほうに振り込まれちゃうと、つい使っちゃうしね・・・(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »