« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006/02/26

お久しぶりのATOK

Win98辺りまでは、1つ以上FEPが同居していることはそれなりにあることだったが、WinMe以降はほとんどMS-IMEだけになったな、と思っていた
が、この仕事を始めて以来、意外と一太郎(ATOK)ががんばっているということを改めて認識した
パソコンをお持ち込みになる生徒さんの都合で(教育関係の方や、旦那さんの仕事の影響)、ATOKの方がデフォルトになってることが結構あるのだ
しかし、授業は「なるべく平易に」なるようにしなければならないので、MS-IMEについてだけ詳しく取り上げている。ましてやFEPの切り替え方法なんて説明しているはずもない
基本的には、MS-IMEのスタンダードとナチュラルインプットの切り替え方法となんら変わらないのだが、見慣れないアイコンが鎮座しているので、普通のスタッフは混乱してしまうらしい
さらに、MS-IMEをデフォルトにする方法もわからなくて、毎度私が呼び出しを食らう羽目になる


スタッフからは、なんでMS-IME以外の変換方法があるのかと聞かれた
まぁパソコン操作の経験が浅い人では、Word以外のワープロソフトも、MS-IME以外の変換ツールも知らんわな
2つめのワープロソフトの存在理由のほとんどは、前述した職場の関係が多いのではないのだろうか。学校関係では昔から、ATOKというか一太郎利用が非常に多かったので、その名残
ワープロ専用機から乗り換えた方だと、OASYSが多いらしい。親指シフトが手離せなくなるんだとか
私自身の理由は、変換効率の違いからである。ほんと、変換をする際の文節の切り方がおかしかったのである
ようするに、過去のMS-IMEが使いづらかったのだ
まぁ、最近のMS-IMEは、だいぶ使い勝手がよくなったけれど(未だに直ってないという意見も多々ありますが・・・)、昔は変換の馬鹿さ加減に閉口した思い出がある
MS-IMEが出してくるへっぽこな変換結果を発表しあうなんていうのもよくやったっけ
前置きが長くなってしまったが、ATOK 2006である
今まではずっとWXGという古いFEPを使っていたのだが、開発が止まってしまい辞書の更新もされなくなってしまったので、ちょっと新しい単語(ブログなど)は変換できない
かといって、MS-IMEに慣れようという気はさらさらなくて、ず~っとほったらかしだったのだ
ここにきてATOKもいいかなぁと思ったのは、方言変換モードに惹かれたっていうのが最大の理由だったりするあたりが自分らしい
なにせエセ関西人ですからね、関西弁で打ち込みしたいときもあるんだよ
しかし、母親のパソコンで触ってはいたものの、きちんと使うのって10年ぶりぐらいか?
とか言いつつ、早速使ってみる(マニュアルをほとんど見もしないのはいつものことだ)
おお、「えいとっく」と入れるとATOKと変換してくれるぞ
なんでやねん!と入れても妙な変換にならん

欠点といえば、IMEツールバーが二重表示になるぐらいか?
使いもしないのに毛嫌いしてたけど、使いこなせればATOKの良さを発見できるかもしれない
駄文
明日必要な本があって本屋に出かけたら、こんな本↓を偶然発見
思わず衝動買いしました
もぉタイトルがなんともいえずステキ
しかも中身はNewS 23を笑い飛ばすというものだ
まだちゃんと読んでいないけれど、パラパラとみただけで結構いけてる
私も筑紫哲也氏はあまり好きではないので、わかる気がする本である

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/02/25

"音符"が出てくるWord君

姉妹校のスタッフから
「Wordを立ち上げたら、何も入力していないのに画面に音符が出てくる」
という質問があった
音符?
なんだそりゃ、と思ったら
これだったkaigyou
ああ、見慣れない人にはなんだかわからんよね
これは英語モードでの改行マーク
自分も初めて見た時は、文字化けでもしたのかいとびっくりしたもんだ
向こうで正確になんというのかは知らないけれど、まぎれもない改行マークである
なんでそうなるのかというと
Wordに限って言えば原因はこれ→gengo
日本語用Windows上でインストールをした場合、勝手に「既定のOfficeのバージョン」が英語になることは無いのだけど、これも時々突然のように変化していることがあるから要注意だったり
それにしても"音符"とはよく言ったもんだ。8部休符辺りに似てなくもない
こういう表現は、見慣れてしまった自分には思い付かないわ(苦笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

W-ZERO3信者 増殖計画(嘘)

仕事の後、上長のTさんと大船でプチ打ち合わせ中
「それでね、君にこれを作って欲しいんだよね・・・」
と、喫茶店の紙ナプキンに何かを書こうとしたので
「Tさん、んなトコに書かなくていいッスよ、これに手書きで入力できますから」
とW-ZERO3を取り出す
「なにこれ、電子辞書?」(また古いツッコミだな)
「いや、電話付きPDAです」
「電話?携帯電話が付いてんの?」
「PHSッスよ」
「PHSってサービス終了すんじゃなかったっけ?」
「そりゃTさんが使ってるP-inのドコモです。これはウィルコム」
「どんなシステムが載ってるわけ?」
「Windows Mobileです。PDA向けのWindows。メールも見れるし、WordもExcelもある程度使える環境ですよ」
などと軽く会話をかわした後、いろいろとW-ZERO3の説明をする
Tさんはこういうのが結構好きな、自称『新しい物好き』ときているので、会話が盛り上がる
「ふーん、だいたいわかたった。で、実際のところWindowsとして何が出来て何ができないわけ?」
「(核心を付いた質問だなぁ)う~ん、所詮"Windowsもどき"ですからねぇ。PDAとしては結構いけるし、PCとしては足りない、って域を抜けないんじゃないですか?」
「でも、下手なノートPCを買うよりは安いよな?」
「ああ、まぁそりゃそうですね。人によると思いますけど」
「むむー、面白そうだな。ウィルコムは電話代もそこそこ安いし、いいかもなぁ~」
Tさんは購入を真剣に考えながら帰っていった

友人にその話をしたら「なんで薦めるんだよ。極悪人」と言われました
いや、正直これって、パソコン初心者を抜けだしたばっかりの人には難しいシロモノだからね、そりゃ言われて当然なんだけど
勉強熱心なTさんを思って(ホントか?)あえて止めませんでした。信者目指して頑張ってください(おい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/23

子宮筋腫治療開始【3】

昨日は病院が終わってから仕事でブログを書く暇が無かった

入院前の検診
前回行った採血・胸部レントゲン・心電図に異常はなく、今のところ手術を含めて2泊3日の入院予定というお話
自分からは、おそらくホルモン注射のせいか、体のほてり・頭痛・めまいがひどいということを伝える
先生は難しい顔をしてしばらく考えてから
「症状が出るのは仕方ないんだけど、辛そうで可愛そうだね…注射は止めようか」
とおっしゃる。それで治療に影響が出るのは困るので、なんとか頑張りますと言ったら、少し弱めの点鼻薬を1週間打つ事に変更になった
処方されたのは、『スプレキュア』というもの。酢酸プセリレン製剤と書いてあって、子宮内膜症や子宮筋腫の治療に当てられる一般的な薬らしい
結局これを使っても副作用はあるのだが、手術までの我慢
とはいえ、結構ツライ。食欲も減退してきている

この状態で仕事してるんだから、我ながらよくやってる
本当のところ、数十分おきに、立ってるのもやっとの目眩いや頭痛に見舞われているのだが、んなこといっても人がおらん
文句は言っていられない。どっちにしろ、自分はあと半月もすれば嫌でも病院行きなんだから、と言い聞かせながらのここ数週間だったり


それにしても昨日は混んでいて、10時頃の予約だったのに、終わったのが13時過ぎだった
待合室でぼ~っと婦人科受付けを眺めていると、ひっきしなりに電話がかかってきている。そのほとんどが、自分もかかってるR先生に見て欲しい、という内容みたい
(このR先生は神奈川では、子宮筋腫や内膜症治療には定評のある方なのだそうだ)
「次の予約は1ヶ月後です」なんて平気で言ってるし、R先生の入室番号(呼ばれる順番)だけ遅々として進まない
それ以外にも、待合室の周りは様々な世代の女性でほとんど満席である
これだけ女性特有の病で悩む人が多いということなのか
ふと考えた
子宮は命を宿すために、毎月一回血液を使って体中から栄養をため込む場所だ
もちろん受精+着床がなければ、それらの栄養は使わないで捨ててしまうのだが(勿体ない体の作りだ)
そのため込んだ栄養の中に、現代社会で問題になっている環境ホルモンや有害物質がたくさん含まれている可能性は、(認めたくないが)とっても高い
もしかしたら、その月に一回の「お仕事」によって、子宮には体の毒が知らず知らず濃縮されているのかもしれない
それがある時一気に吹き出して子宮筋腫や内膜症になることもあれば、全部子供が持っていってしまって、アレルギーなどの原因になっているんじゃないだろうか
(実際、子供が産まれると、途端に筋腫も内膜症も治ってしまうという事例はあるらしい)
もし本当にそうだとしたら・・・なんだかすごーく、いやだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/19

レジストリとWindowsフォルダにやられた

MOSの資格試験について勉強している人からの質問を解決しようとしていろいろ調べると、なんだか首をかしげたくなることがある
というのも、前から聞かれていたのだが
皆さんはIEのツールバーにある、HTML編集用のボタンを使ったことがあるだろうか
MOSこれね
私はこんなところからHTMLの編集なんぞしないので、さっぱり使ったことが無いのだが、MOSの講義にこれが出てきているのだ
よく考えなくても、この手の編集で最も原始的に編集をするならNortpad(メモ帳)である。Office製品をあえて使うならばWordである
しかしご覧のとおり、Excelが登録されていることがある
「ことがある」というくらいだから、無い機体も実際あるのだが、MOSの講義にこれが出る。ということは「無いとおかしい」はずだ
不思議なことに、まったく同じ時期に一括購入した、同じメーカーの10台ほどの機体だけでも、出たり出なかったりする
そこから推察するに、これはおそらくOffeiceかIEのインストール状態によって異なるということだ
つまり、9割方レジストリの問題だろう
具体的に言うと、レジストリのHKEY_CLASSES_ROOT\.htm\OpenWithListに、Excelが登録されている必要があるらしい
MOS2これね
で、試験勉強のためには修整が必要だが、Microsoftのサイトを調べても芳しい情報は無い
しかも、レジストリにキーを追加して直る場合もあれば、直らない場合もある
まったく、仮にも試験問題に出る可能性がある事項が、レジストリの影響を受けるのはいかがなものか?この部分でひっかかった人はいったいどうしているのだろうか
他にもこの手の問題をいくつか見ており、その度にM$嫌い度数が上がってしまう
わかって放置してるのか、そんなはずないと思ってる(M$お得意の「仕様です」攻撃)のか
いずれにせよ、(資格を勧めている側としては非常に不本意な発言だが)そんなお粗末な資格なんぞに金は払いたくないわい


話は変わって
教室のパソコンには、稼働率の関係上、XPとMEのデュアルブート設定にしてあるものが何台かある
姉妹校にある、そんなパソコンのうちの一台で、MEだけ起動しなくなったというので見に行った
電源を入れ、ME側起動を選択するとすぐに起動オプションが出て、セーフモードが選択された状態になってしまう。そのまま起動しようとしても、SysファイルやVxdファイルといった重要なファイルが無いとメッセージが出て起動が中断されてしまう
ステップバイステップモードで、どのファイルが欠落しているのか調べようと思ったら、ハナっからこけてしまう
まぁ、MEでは出ないわけではない現象である
一体何が『無い』のか調べようと、XP側から起動してMEのインストールドライブを見て唖然とした

Windowsフォルダが無い( ̄□ ̄;)!!

影も形もない
まさかと思ってXPのゴミ箱をみたら、まるまるMeのWindowsフォルダが入ってた
久しぶりに遭遇したよ、この手のトラブル

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/02/16

酒はほどほどに

ホルモン注射の影響で、"擬似"更年期障害に悩まされております
妙に熱っぽくて目眩いがヒドイ
それでも仕事は山積みだぁ


昨夜、プリンタの設置が終わったあと、父親にプリンタの話をしようと部屋をのぞいたら、何か様子が変
「親父ぃぃ~、プリンタ設定終わったよォ~・・・」
話し終えないうちに、父親のからだがふらぁ~と倒れてきた!
「うひゃぁぁ!親父っ、おやじぃぃ!?どうしたっ!!」
慌てて抱き起こして揺り起こそうとしたら、なんかイビキをかいている気がする
「・・・酒くさい・・・」
よく見たら、酒の500ml缶が2本転がってる
酒がいい感じに回って寝落ちしていただけだった
orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/15

Canon Pixus MP500を購入した

プリンタを買い替えた
いままでのHP PSC1210も悪い機体ではないのだが、ふち無し印刷ができないのがちょっと不満だったので、買い替え

昔はキャノンばっかり使っていたけど、一時期あまりにお粗末な性能になったので、HPに乗り換えた経緯がある
しかし、今度はHPの方がお粗末になってしまい、キャノンに出戻りだ

自分がプリンタを使うには、「スキャナが付いていること」が絶対条件で、「両面印刷」ができて「前面給排紙」ができるものがベターだった
また、我が家のように一人1台PCを持っていると、プリンタ共有機能は結構重要なのだが、HPのプリンタはWindows上での「プリンタの共有」が使えなかったりする(その代わり、有線or無線LANを搭載しているモデルはある)
さらに最近はCD-RやDVD-Rを大量に作成する事が多くなったので、プリントラベルダイレクト印刷は非常に欲しかったのだ(これがHPのプリンタには無い)
で個人的には、液晶ウィンドウやメモリーカードをダイレクトに入れられる、って最近の流行はひたすら要らないのだが、それはついて回るので諦めた
それらの機能を持つ類似品の中で、このプリンタを選んだのは、次のようなことから
・同クラスのモデルの中では値段がお手ごろ(しかもヨドバシが一番安いという...)
・キャノンのプリンタもだいぶ静かになった
・インクの切れが早いが許容範囲...たぶん(HPのプリンタはランニングコストが良い)
・ふち無し印刷、ふち無しコピー対応
・スキャナのレンズがCCDではないが、そこまで必要ない

P-MP500-1お店では気づかなかったが、開けてみたら意外とデカい
HP PSC1210がほぼ長方形でスマートなデザインだったので、丸みを帯びたこの姿はなんともいえず圧迫感がある
まぁBJプリンタのデザインよりはマシかな・・・
Pixusは教室でも使ってるから、セットアップの要点は把握している
とりあえずプリンタインクをセットしてっと・・・うぉ!?インクを入れると赤く光るぞ!!??P-MP500-2ちゃんと入りましたヨー、って合図なのか、これは(・_・;)
・・・気を取り直して
一般向けのPixusと違って、このモデルにはUSBが添付されている
そのUSBをつなげる前にプリンタドライバをあらかじめセットアップしておかないと、セットアップ失敗なんだよね
おや、セットアッププログラムの造りが意外としっかりしていて、(教室にある)Pixus 990iよりもレベルが高い
USBケーブルといい、MPシリーズを買う人って、それなりに優遇されてるのか?

初期設定が終わって用紙のセットをしながら気づいた
「前面給紙って、コピー機みたいにトレイに紙を溜めておけます、ってだけなのか!」
そう、基本的な給紙はキャノン伝統の背面給紙なのである。これは調査不足だったか、痛いなぁ(HPは完全前面給排紙)
まぁでもA4用紙を溜めておけるのはいいのかな
で、早速オークション用の封筒印刷をしようとしたら、封筒が何度やってもひっかかる
マニュアルを読んだら、印刷可能な封筒サイズが決まってるらしい。HPはなんでも吸い込むんだけど・・・
これについては何度かやってみて、印刷の際に紙を吸い込んだ瞬間、手で押し込んでやればうまくいくことに気づいた
それにしても、スリープ状態からの復帰にやたら時間がかかる
宛て名なんて黒一色なのに、印刷時間もHPに比べると鈍いのが気にかかる
あとはスキャナも試す。普通にA4雑誌のコピーをさせているのに、表紙の一部分しかコピーをしない
パソコン側から画像をスキャンするのは問題なし
よくよく調べたら、パソコン側のMP Navigatorという管理ソフトの設定を変えなければならないようだ
そこでの読み込み設定で、原稿サイズが「自動確認」になっていても、原稿の種類が「写真」になっているばっかりに、L判分ほどの情報誌か読み込んでなかったんである
原稿の種類を「文書」にするとアッサリ直りやがった
そんなんありか
さらにメモリスロットがついてるばかりに、急に電源を切るとWindowsから警告が出るし・・・
まだ使いこなしてないだけなのだろうけど、なんとも中途半端だなぁ
今のところ、満足度30%というかんじかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/12

皇室典範を巡る議論を眺めて

今この時代に皇室の皇位継承問題がこれほど話題になるとはなんとも皮肉な話である
皇室の存在意義を考え直すことにも発展しかかっているが、皆さんはどうお考えだろうか?
皇室は現在、日本国の象徴と位置づけられている
これがいろいろな意味であやふやというか、とても微妙な表現なのだが、ようするに「日本の歴史」を体現しておられる、という言い方が当てはまるのだろうか
皇室が存続することにより、日本国民は過去二千年に渡る歴史とつながっていられる、ということだと私は考えている
歴史とは自分たち自身の存在意義そのものにつながる大事なものだ。世界中のあらゆる国が「自分たちに過去輝かしい歴史があった」ことを捏造するのにやっきになったことがそれを証明している

さて、皇室の存在意義は太平洋戦争中もそれ以前からも論じられてきたことだから、目新しい話題ではない。それに、いつでも政治とからめられてきたことである。別にそんなに目くじら立てて小泉首相に文句を言う問題でもあるまい
では今回の問題が何故これほど大きくなったのか
まぁまず、国が「天皇家」とはなんであるかをちゃんと教育してないからイケナイのが最大の問題
次に、小泉首相の言うことはみんないやだ、というのがあるだろう
最後に、万世一系の理論と「なぜか内親王殿下ばかりがお生まれになる」ことが頭痛の種
万世一系については、明治維新から特に強く言われたことで、これが軍事的なイメージにからんでくるから嫌がられている面が多い
だが、これを尊重する人々は、古代の天皇の系譜から言っても男性が皇位を継ぐのが慣例であること、女性は嫁ぐと元の家から離れて夫の家に入るので、その女性天皇から派生した男性が皇位を継いだりしたらおかしい、ということを主張する
女性天皇を認める側は、男性ばかりに権利があるのは時代遅れだとか、男女平等の立場から日本の家制度そのものを批判し、過去にも何人かの女性天皇が存在したことをあげている
私はどうかというと、親王殿下がお生まれになるまでの女性天皇はありだと考えている
どれほどに言葉を飾ろうと、天皇は日本国の王である。日本という国を家と考えれば、その長は男(父)であるから、男性天皇が相応しいと考える
確かに日本伝統の家長制度は崩壊しつつあるが、せめて天皇家のみはその姿を留める努力をしてくださっていただきたい。なんせ日本の象徴であらせられるのだから


なお、この問題を男女平等運動と絡める人が居る
それとこれとは微塵にも関係がないのだから黙っていてほしいものだ
だいだい、この男女平等という言葉自体に共感が持てない。公平と平等を吐き違えている奴らが多すぎて閉口する
人間は生まれながらにして平等ではないのだ
男にしかできないこと、女にしかできないこと、が必ず存在しているのである
性差別が無いのに越したことはないが、お互いの領分をわきまえて協力し合えることが、平等への近道であり差別をなくす方法でもある
内親王というか女性ばかり生まれるのは、人類全体に生物として何らかの問題をかかえつつあるからではないか
どちらか片方の性が増えれば、(今の社会倫理に照らし合わせれば)自然と子孫が増える率が下がるし、種の多様性が失われていく危険な兆候なのではなかろうか
それにしても女性の方が多いのは何故だろう
素人考えではあるが、世界で汚染が進みその影響を人間も受けて、強い子孫を残す能力が低下しているからかもしれない
自分も例外無く女性特有の病気にかかっている。つまり、言い方は悪いが理想の子孫を生み出せる女性が減少しているから、数で補おうということなのかと
皇室典範の改定に対し、小泉首相が性急であったことは、私も感じるところではあった
その意図するところは、首相本人にしかわからぬことだ。この議論が袋小路に入りそうなところで、紀子さまご懐妊の報が入り、自然と議論を後回しにすることになって、首相自身も首根っこをつかもうとしていた連中も、おとなしくせざるを得なくなった
こちらのサイトでも指摘しているが、天の与える状況というのはものすごい
だが逆に、今後紀子さまにかかる負担は雅子さま以上になるだろう。その心中はいかばかりであろうか
しかし皇族になられた以上、避けられぬ道だ
ただ一つ言えるのは、御子が男児であれ女児であれ、無事にお生まれになること、それが一番大事だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/11

Best Classics100 買いました

ここ数日、喉の調子が悪くて悶えてました
痰が喉に絡んで呼吸困難になって、夜中に洗面所でげろごろ咳き込んだりしてまして…
ほんっとに昔から喉が弱くて辛いわ
こういうのってなんとか治るものなんかね?


気持ちが沈んで辛いので、ストレス解消に、噂のBestCassiks100を購入してみました
以前から買おうか買うまいか悩んでいたのだけど、先日NHKでこのセットが話題になっていたのをたまたま目にし、そのときコメンテーターの人が
「有名楽曲の第一楽章ばっかり並べてね、どうなるのかねと思ってたんですけど。実際聞いてみるといけちゃうんですよね」
という言葉を聞いて購入してみた
確かにこれといって気になるところもなく聞いていられる
適度に有名どころの曲と少しマイナーな曲とが混じっているのも、いいアクセントである
なんせ7時間分くらい収録されているので、流しっぱなしでも飽きない
ディスクごとにある程度のテーマ性はあるが、シャッフルさせれば適度に楽曲が混じり、同じ曲がかかることはほとんどないので、一巡したかどうかなんて気づきません
クラシックであるから、耳障りということも無いし、ぼーっと音楽を流しておきたい場合には最適かと
東芝EMIのシリーズでは、いろいろな「ベスト100」が出てくるようで、最近ではモーツアルトのが出たみたい
モーツアルトは精神衛生上非常によろしいらしいので、ストレスがたまってる方にはお薦めかと

最近はこういった、オムニバス(またはコンピレーション)がはやっているようで、他の音楽メーカーも続々と似たようなものを出している
確かに一人のアーティストだけのCDというのは、割高感があったり物足りなさもある。近年の耳の熟れたユーザーにはこういう方がいいんだろうな
なんといっても、6枚のディスクかつ100曲収録で税込み3,000円はお買い得だよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/08

超バカの壁 《養老孟司》

『戦国自衛隊』観てたら遅くなってしまった(爆)
最近のドラマとしてはよくできてました
しかし、渡部篤郎氏はどーしてこう、腹に一物も二物もかかえてそーな役ばっかなんかね?(苦笑)
私、この人結構好きなんで、たまには違う配役期待(^_^;)


この本は、養老孟司氏の『壁』シリーズのまとめとも言える内容で、氏が記者からのいろいろな"壁"についての質問に答えたものである
うんうんと頷くところもあれば、むぅ~んと首を傾げるところもあるけれど、ソレ自体も氏は意識しているので、年長の先輩の意見を聞かせていただく、という趣旨としてはなかなかよい
ちなみに"バカの壁"と銘打っていても、バカについて述べているわけでは無いのでご注意を
ここで言う"バカ"とは、ある常識に捕われて外が見えづらくなっている状態全般を指しているのだ
思いこみや生まれ持った概念、生活している場に存在する空気というものがそれに当たる
誰でもそういったものを持っているが、それが壁として立ちはだかっていて、世の中は軋轢だらけなんだよ、ということですな
この本は「だからどうしろ」という本ではなくて、「そういうことがあるのを意識した方がいいよ」という氏の意見書である
人の意見を聞いてみたいけど、周りの連中じゃ胡散臭いという方向けかな(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/05

スーパーベルズin横浜鉄道模型フェスタ

横浜鉄道模型フェスタへ行ってきました
最初に断っておくと、自分は鉄道マニアではありません
電車は嫌いじゃない。でも、自分なんぞが鉄マニと自称しようものなら、その道の人にフクロにされてしまう
父親が鉄道マニア(さらにいうなら軍事マニアでメカオタ)なので、その影響はあるけれど
お目当てはただ一つ、スーパーベルズの野月さんと土屋さんが出るイベント
なんせ年中忙しくて、この手のイベントなんてほっとんど縁が無いから、こうして近所に出没する時はチェックしないとね!
20060205-01場所はランドマークプラザ5F。別に必要も無いのにみなとみらい線で行ってみる
会場に近づくと・・・すっごい人だかり。親子連れと鉄道マニアがごっちゃというかんじ・・・
この時点で、鉄道マニアしか来ていないだろうと考えていたアホぅな自分に気づく
だって、鉄道だよ日曜日だよ?純真なちみっこ達に電車を見せようと思うご両親が居るに決まってるじゃないか(-_-;)
さらにこういうイベントに目のない父親に何も行っていかなかったことに気づく
慌てて電話したら、パスネット3枚ご注文。20060205-02みなとみらい線が開通した時の記念のヤツと、相鉄線の珍しい500円パスネット2枚(親父はパスネットやイオカードを山のように収集している)。ちなみに、こういうのが一番欲しい京急に商品が無いのがいつも不満
20060205-03展示ブースに入ってみると、NゲージとHOゲージが所狭しと並べられ、ちみっこと大きなお友達がたぁ~くさん群がっとる
そんな会場をうろちょろしていると、ベルズのブログに載っていた場所を発見。20060205-05きっとここに違いない、と場所取りする自分(爆
やがてイベントの会場時間が近づいてきて、ふと気づくと『それらしい』方々が周囲に増えてきた。なにやら聞き覚えのある会話もちらほら・・・
意を決してお話ししてみたら、やはり"お仲間"でした(^_^;)
そして、車掌DJと保線DJのご登場!(立ち位置の関係で背後からの写真です)
20060205-04わずか10分ちょっとのパフォーマンスだったけれど、小ネタたくさんでわらかしていただきました
場所柄、中華特急みなとみらいのアレンジバージョンでしたな。少覚さんが居ないので、食べ物ネタが飛び出しても、実際の"喰い"はナシでしたが
早く新曲作ってくだされぇ~

で、そのあと
光栄な事に、その場におられたベルズファンの方のお茶に混ぜてもらいました
皆さん若獅子会(ベルズのファンクラブ)に入会されていたり、正統派の鉄道に愛を持っておられる方々で、私は内心「こんなハンパなのが混ぜてもらっててええんか?((;゚Д゚)ガクガクブルブル」という状態で
適度に話題をふっていたりして、気遣っていただいて申し訳なかったかな
でも、いろんなお話を聞かせてもらえて、久しぶりに楽しい時間が過ごせました。感謝です!

今日のオチとしては
そのお茶の席に集まった僅か10名にも満たない人の中に、W-ZERO3を所持しているヒトが(自分含めて)3人も居たというビックリな事実
所用があって来られなかった友人がもし居たら、計4人になってたとこだよ(;´Д`)
まぁそんだけ、マニアの心をくすぐるアイテムってことなのかね



2/7 更新
やばい。ベルズの公式ブログにワシが写った写真(一番下)載っちゃってるよ(滝汗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/04

JR大船駅新改札

img032仕事帰りに洋光台へ行く用事があったので、ついでに大船駅新改札をちょっと見学してきた
知っている人んは説明不要だけど、JR大船駅は鎌倉市大船と横浜市栄区にまたがっている
で、今までは鎌倉側にしか改札がなかったのだ。鎌倉側の改札からだと、バス乗り場や一部の店舗へのアクセスがしづらくて不評だったんだよね
今回ようやく栄区側の改札ができたわけだ。出口は『笠間口』と命名されていた。栄区の町名だね
改札口はホームから階段を昇った2階にあり、広くて使い勝手のよさそう。湘南新宿ライン用の大きな電光掲示板もあるよ
なお、従来の改札口(南口)とは、中央に回廊があってそこでつながっている
今日は改札口を撮影しただけで、階段を降りた先までは未確認。近々そこも見て来よう
img033さらにこの改札のオープンを機に、大船駅構内にもJR品川駅の「駅ナカ」のようなミニショップモールができたのだ
ミニクロワッサンで有名な"MINI-ONE"や、スイートポテトの"松蔵ポテト"が入ってますな。すごい人だかり
img035さらに、BECKSとBOOK GARDENが一緒になった面白いお店が。どうやら本を買った後、そのまま茶をして読みふける事も可能らしい
写真を撮り忘れたけど、カフェ&バーという触れ込みのお店もあった
仕事帰りにのべっとできる場所ができた~
ちなみにまだ第1次オープンで、最終オープンはまだ先なんだそうだ

img037で、洋光台に着いたら突然の雪!
わずか1時間ちょっとの間にこんな風景に
まるでクリスマス用のスプレーで吹きつけたかのような積もり方
こんなことになるのもあるんだねぇ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/02/03

風邪と気力で勝負

昨日は久しぶりに風邪を引く寸前まで行きました
体が気怠く、節々が痛くなり、なんとな~く熱っぽい状態。頭痛も結構ヒドイ
でも、仕事場に誰も居ないので、這ってでも行かなければなりません
葛根湯を飲んで、ず~りずぅ~り・・・と出勤。熱が本格的に上がる寸前の状態を、気力で乗り切りました
その代わり、帰ってきたら速攻で寝ましたけど

今日はだいぶ元気になったけど、なんかびみょーな出血が続いてて、いや~んなかんじ・・・


最近はかりんとうがマイブーム
karintouというのも入院中に看護士さんが
『甘い物が欲しかったら、気休め程度だけど鉄分が含まれている、黒糖がついたお菓子だと、一石二鳥じゃない?』
と教えてくださったからである
黒糖お菓子は数有れど、なぜかりんとうにしたのか
ずばり安いから
最近大手スーパーでは、ショップブランドでいろいろな駄菓子が発売されていて、だいたい値段は105円(税込)から
そう言った物のなかで黒糖を含む定番製品がかりんとうだったわけで
数店のものを買ったけれど、今のところはセブン&アイの買い物上手ブランドが一番美味しいかな
ちなみにセブン&アイには職人気質という、量が少なめで少々割高のブランドもあって、こちらは160円のお品。これも美味い

なお、大好物のポテトチップスですが・・・
退院したら急に吹き出物が出てきて大あわてだったんですな
どうも、血行がよくなったせいで、今まで体に溜まってたぽてちの油が如実に効果を発揮してしまった模様(苦笑)
結果、ぽてち禁止令が出てしまい、毎度お店で涙を飲んでいます
(T-T)


生命保険の給付金の払い出しがあって大助かり
なんせ、川崎の病院に通いはじめてこっち、毎度2万円近い出費があって、舌噛みそうだったんで
子宮鏡検診って金かかるんだなぁ・・・
高額医療請求と確定申告もして、少しでもお金を取り戻さないと
(;´Д`)
継続してオークションにモノ出して小銭稼ぎすっか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/01

なんのためのパソコンだ

母はパソコンを使うのは「やっとこさ」という人で、とあるパソコン教室に通っていた事があるが、結局教えていたのは私だった

そんな母であるが、パソコンで家計簿を付けたり(一太郎ではあるが)ワープロである程度の文書を作ったりもする
しかし、表計算ソフトだけは縁が無い
年金その他の支出について集計表を作りたいというので、Excel系のソフトを使うように言ったのだが面倒くさがり、覚えようとしなかった
その結果、一太郎で表組みを作ってそこに数値を入れるというものを作ってしまった
もちろん自動で計算はできないので、じゃぁどうやって計算結果を出しているのかというと

パソコンの脇にソロバンを置いて
計算した結果を入力している(核爆)

いや、ソロバンも立派な計算機なんで、別にいいんだけどさ

ちなみに母の伝説は最強過ぎて、とても一回では語り切れなかったりする・・・(;´Д`)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

携帯番号こそが国民番号?


電車に乗って『モバイルSuica』の車内広告をぼぉっと眺めていてふと思った
「携帯電話って、このままいろいろやってりゃ、そのうち個人の身分証明機能とか載せるんじゃねーの?」
というのも、携帯電話の番号は日本国内においては必ず一意である(まぁ友人のように、携帯を3個ももってた奇特な人も居るが)
銀行やクレジット会社のデータベースと結びつけられるくらいなんだから、その気になれば住民基本台帳ネットワークに接続する事だって難しくはない
つまるところ、(皮肉めいた言い方をすれば)日本国民は『国民総番号制』には難色を示していたのに、自ら喜んで金を払って自分に番号をふってもらってたワケだ
民というものは、上から言われる事には眉唾でも、自分で選べと言われるとあまり文句を言わないものなのだな


いまや携帯に搭載される機能は多岐に渡る
携帯電話を持っていない人の方が珍しくなってきて、キャリア側としては「携帯本体の機能」では自社に利益がないことがわかっているから、こういったサービスに力が入るわけだ
この「モバイルSuica」や「おさいふケータイ」などのサービスも、携帯電話の機能ではなくて各移動体業者が提供するサービスに対応しているに過ぎない
根本的には「ちゃんと電話ができさえすれば」あとは付加価値の問題に過ぎないのだから
昔は機体ごとに音質の違いや操作性の良し悪しがあったものだったが、今はそういう理由で機体を選んでいる人は少ないだろう
(そういう意味では、先ごろ自分が購入したW-ZERO3は時代の流れからは浮いているのだろう)
サービスが充実してくれば、ゆくゆくは携帯電話だけで日常の権利行使は不自由なくなるのかもしれない
余談だが
昔、携帯の開発をしていた頃
上長に「新しい携帯のコンテンツを考えろ」と言われた事がある
その頃はまだ、iモードもez Webも無い時代で、全ての機能が携帯に丸ごとのっかていた
そこで自分は「ユーザーが電話を使う最低限の機能を持った機体を作って、それ以外のコンテンツはユーザーにネット販売等で購入してもらったどうか」と提案して、あっさり却下された
今にして思えばこの考え方はある程度正しかったということが分かる
そのうち、ケータイは国民への配給制になって、IDチェックや個人財産管理アイテムになるんじゃないか?
今だって携帯を購入するには身分証明が必要なんだから、携帯自体を身分証明の代わりにするというのは、非現実的ではないと思う
例えば紙幣や硬貨を無くし、富と言うものが全部電子情報になってネットワーク上にのみ存在する事になり、携帯端末からだけ利用可能になれば、政府はそこから有無を言わさず税や費用を徴集できるようになるだろう
国民がある一定の年齢になると携帯電話を自動的に与えられ、収入も出費もあらゆる行動も政府に把握されるという時代の到来も、あながち否定できないのではないのだろうか

恐ろしいかもしれないが、利点が無い訳でもない
全ての国民が電話を持っているのだから、NTTがこれ以上有線電話回線に投資する必要がなくなり、高速回線の早期充実に力を注ぐ事に躊躇が無くなるのではないか
国が(税金使って)あらかじめ用意する物になれば、高い機体を泣く泣く購入する事もなくなるし、通話料金の公平性または価格の安定化ということも期待できる
電話と財布が連携できるのだから、そこから公共の費用徴集が公平に行われることも期待できる

もちろんこんな突拍子もない話、セキュリティや登録情報の保護技術がしっかりしていることが前提ではあるが
今はある程度の器材があれば、携帯内部のロムを書き換えることは可能である
外部接続のメモリ(miniSDやメモリースティック)は取り外し可能なのだから、情報流出は大いにあり得る
人間のやることだから必ず穴がある
さらに言うなら、番号制自体を素晴らしいというつもりは無い(可でもなく不可でもない)
でもね、自分みたいなヘタレがちょっと考えただけでも「できて」しまうレベルであることは確かなんじゃなかろうか


便利な未来社会を想像すれば、ゾッとしたりもした
そんな朝だった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »