« 格差を嘆く人たちへ 庶民なりの提言 | トップページ | 子宮筋腫治療開始【4】 »

2006/03/05

心にだけ見える影富士

ちょっとだけ早く仕事を終わらせてもらい、仕事場の外に出たら夕日を背にした影富士の頭だけがはっきりと見えた
きれいだなぁ、写真を撮りたいなぁと思い、ダメモトでW-ZERO3でぱしゃり
huji060305
やっぱり見えやしねぇ _| ̄|○
写真赤矢印の部分なんだけどね、全然わかんないよ

これが目と脳の成せる「錯覚」なんだよね
銀塩写真機で撮ったときと現像後でイメージが違うことや、デジカメの液晶画面に映る画面と自分のイメージが違う、というので皆さんも経験したことがあるかと
人間の脳には、遠くにあるものを比較的近くに「見える」ように認識することができる能力があると、前に聞いたことがある

仕方ないので、「影富士」は心の中にだけ仕舞うことにした

|

« 格差を嘆く人たちへ 庶民なりの提言 | トップページ | 子宮筋腫治療開始【4】 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78857/8958366

この記事へのトラックバック一覧です: 心にだけ見える影富士:

« 格差を嘆く人たちへ 庶民なりの提言 | トップページ | 子宮筋腫治療開始【4】 »