« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006/04/25

ヘタレでもプライドはある

仕事を中途半端に止めて上がることほど気持ちの悪いことはない
技術屋であればなおさらである
昨日は事情があってその『仕事』を切り上げざるを得なかった
どうしたらすっきりと解決できるのか、全然自分で答えを出せなかったからだ

そして本日は本来休みであった
一応休んでいていい日である

しかし、だ。もしこれが一般公共の場であれば、メンテナンスを怠って放置して居るも同じである
自分のちっぽけなプライドが、なんとなく燃え上がった
帰りの電車の中では解決方法の模索を2時間近くやっていた
夜中にその手の問題に詳しい知人に電話させてもらい、これまた2時間ほど丁寧にレクチャーしてもらった

結論は出た
とにもかくにも仕事場へ直行し、手早く処置して完了
まだやることはあるけれど、深刻な被害は免れるはずだ

別に誰が誉めてくれるわけでもない
でも、このちっぽけな、ごく単純なプライドは捨てられない

「これでやっと枕を高くして寝られる・・・」
と、帰ってきたら
以前頼んだ通信講座の荷物なんかがどっちゃり届いていてひっくり返る
寝てる場合じゃ、ないらしい(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/22

アルコール解禁記念!

急に酒を用意してみた
というのも美味しそうな白カビチーズを買ってしまったからだ
KQ百貨店の地下街にあるチーズ屋さんのお姉さんの笑顔に負けたんだよ(^_^;)
チーズということなので洋酒をセレクトしてみた。白ワインが好きなので買って帰ろうと思ったが、母曰く実家にあるらしい
が、帰ってきてみたら
「おかーちゃん、こりは『スパークリングワイン』だよ・・・」
母にとっては"WINE"と明記してあれば、それは全て"ワイン"らしい

20060422今日の晩酌、もとい晩飯
華やかな葡萄の香りのする美味しいシャンパンである
クラコットに付けたチーズも旨い。白カビの部分をきれいに取ってしまう人の方が多いそうだが、これはぐちゃっと混ぜて食べた方が味があっていいんだそうだ
パリパリポリポリと食べて、適度にシャンパンも入れて・・・
ああ~、幸せだなぁ~
やっぱ(時々は)人生にアルコールは必要だね~

適度に酔っぱらってから気づいた
なんか変なもん喰ってる
チーズのカップになってる紙、喰ってた
酔った勢いで気づかなかったらしい
まぁ、死にはしないからいいか(違

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/21

未来への小さな第一歩

紅茶コーディネーターの資格講座への申し込み
外貨投資の申し込み
簿記の勉強開始

急に、いろいろやろうと手続きを始めた
体のことが一段落したからかも知れない
紅茶は元々好きだったけど、好きを職にするというのも一興だろう。どうせプログラマも好きの延長だったし
外貨は、円の預金はタンス貯金と何ら変わらないから、一発(半分)博打で挑戦してみることにした。増えたらラッキーくらいで。でも、多少円安傾向なんじゃないかな、と読んでいるんだけど
簿記はね、高校生の時にやむを得ず日商簿記3級を取得したんだよね。取らないと卒業させてもらえなかったから(=_=;
別に商業科だったわけではないです、念のため。もともと商業高校だったところにできた普通科に通っていたため、必須科目に簿記が残っていたのである
でも、もうすっかり忘れてるし(爆)
だって何年前だよ!?使う機会もなかったからねぇ~

この数年、ただただ生きてきたような気もする
もちろん事情はいろいろあるのだが
まだ、「何か」を始めるには遅くないと思う
歩いていこう、未来へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/18

パソコン版「バカとはさみは使いよう」

タイトルからして、かなり喧嘩を売っているのを承知のエントリ


会社のグループウェアや教室案内のブログを見ていると、思った以上に半角片仮名や機種依存文字が使われていて萎える
確かに最近はブラウザもしっかりしてきて、そうそう文字化けを起こしたりはしないけれど、全ての人が最新の環境を持っているわけではないのだからいかがなもんだろうか。もしかしたらWindowsを習おうと思っているMacユーザーさんもいるかも知れないじゃないか?
つか、こういう御法度ごとって常識じゃないの?
そんなことまで言わないといけないのか、仮にもパソコンをそれ相応にいじっている者に?
どー考えても嫌味にしかならない気がして腰が引ける
スパムが多い
教室に来るメールが50通あったとしたら、49通はスパム(またはそれに類するばかばかしいメール)である
インターネット内を流れる膨大なトラフィックのうち、7~9割はこういう無駄な情報かと思うと、インフラの整備なんぞ止めてモデムの時代に逆戻りしてしまえ、と本気で思う今日この頃である
さて、外窓メーラーのスパム対策は脆弱なので、スパム対策に適したメールチェッカーなぞ導入しようかなぁと思って気づいた
こういうスパム対策ってのは、スパムを受け取らざるを得ない本人が「こりゃ要らない情報じゃよ」とソフトに教えてやらなければ意味がない。もちろんある程度のパターン化は最初にやれるが、『ソフトを鍛える』という努力が不可欠なのである(FEPと一緒)
でも、だよ
教室の一般スタッフの反応は「なんか変なメールが来てますねぇ~」程度
このように、スパムをスパムとして理解し得ない人々に、いくらソフトの有用性を説いたって無駄なんじゃないのか?
いや、いくらなんでもそんなことねぇだろ・・・と思いつつ自信がない_| ̄|○
教室間の連絡取合い用に、勉強もかねて某メッセンジャーを使っている
公共性のあるソフトウェアだから、どんなに便利でもIDとPWをソフトに覚えさせてはいけない、自分たちでちゃんと覚えなさいとは言ったよ。ああ、覚えていてくれたのはヨカッタよ
だがな
もしかしたら使っているかも知れない(うちの)IDとPWをわざわざ使って、ちゃんと別のIDとPWがある(遠方の教室の)メッセンジャーからログインして
「そっちのパソコンをハッキングしましたよぉ」
とかヌカシてんじゃねぇ!
もしもうちが誰かと会話してたらどうするつもりだったんだ?
そもそもそういうことが迷惑行為だってわかんねぇのか( ゚Д゚)ゴルァ!
どんなに便利な道具を揃えても、使う奴がコドモだとこういうことになる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/15

Air-H"はそんなに難しいか?

社内にばらまかれたPHS
説明書を読まずとも、ある程度の情報を持つ人ならば、パソコンと接続してネット接続ができるようになったらな、と思うだろう
まぁそりゃいいとしよう
でも、だな
なんでダイヤルアップの設定の仕方程度で悩むんだ!
ダイヤルアップはネット接続の原点ですよ、原点!!
PHSとPCをUSBケーブルで接続したら、それだけでネットに繋がると思ってんだもんな('A`)
図を書いて、アクセスポイントに電話かけなきゃだめでしょー、と話したら「なんで電話するの?」って真顔で聞くし
料金体系も理解してなくて(まぁこれはウィルコムの通話料金体系が分かりにくいって言うのも原因なんだけど)、課金の話だけで30分経過してへろへろだよ(;´Д`)

最近の初心者には、ダイヤルアップってのはそんなに難しいのかいな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/12

Chai Chai

サントリーの烏龍茶のCMで流れているBGM集第二弾
今更発売されているのに気づいて慌てて購入した(苦笑)
主に日本の著名な曲を中国風にアレンジしたものが収録されているので、耳に慣れた音楽であっても新鮮味がある
また、柔らかい曲調になっているので、ヒーリングミュージックとしてもなかなか良い
第一弾と合わせて、いいスピーカーから曲を流してみよう
春の陽気の中で、静かに過ぎる時を感じながら、烏龍茶を味わってみるとなお良しかと

ちなみに、第一弾とは別に、クリスマスソングのみ集めたものも存在するが、季節限定なのでご注意を
(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/09

WILLCOM信者増殖計画頓挫!?

仕事をしてたら、千葉方面の上司から電話がかかってきた
「あのさー、ウィルコムの電話使ってインターネット繋げるとき、ドライバを入れると『接続用IDとPW』を要求されるんだけど、これって○○(ホスティングサービス先の名前)の設定入れるの?」
「いや、それはあくまでメールサービスにのみ今のところ使ってますので、接続設定とは別なんですが?」
「んじゃぁ、何を設定するのかな」
「何も契約をしていなければ、PRINを使うことになります。ウィルコムと提携しているプロバイダと、個人的に契約してらっしゃったら別ですけど」
「ふーん・・・調べてみるかぁ」
「しかしまたなんでそんな話を・・・はっ!まさかシャチョー、もうウィルコムの電話を会社用に買った!?」
事前に「電話をかけるぞ」って言われていたので、そのときは全く気づかなかったのだが、着信履歴はしっかり"070"で始まっていた


話は一週間ほど前にさかのぼる
そのとき千葉ニュータウンにある新校を手伝いに行っていた自分は、いろいろなところと連絡を取るために、W-ZERO3にヘッドセットを付けて電話をしていた
それを傍目で見ていたシャチョー
「あるすくん、それは電話なの?」
「電話つーより、電話付きPDAですね」
「どこの会社の奴?」
「機体はSHAPE、通信会社はウィルコムですよ」
「ウィルコムってどうなの?」
「いや、可もなく不可もなしじゃないですかね。まぁ、私はデータ通信を結構しますから、この方がいいんですよ。ウィルコム同士はプラン次第で無料ですし、そうするとメールもほぼ無料なんで。何より、私の部屋は携帯の電波が入りませんから、リピーターを貸してもらえるのが助かるんです」
「高速なんかはどうなの?」
「試したことはあまりないですが、京急で大丈夫だから(何かが違う)」
シャチョーはご多分に漏れず珍しい物好きである。そのときは、どうせ単に珍しい物があって興味があったんだろうな、程度にしか思っていなかったのだが・・・
数日後、事務所のマネージャーから電話がかかってきて
「ねぇねぇ、ウィルコム同士が無料ってホント?」
と聞かれたとき、少し嫌な予感がしたのが当たってしまった
「なんだよ、オマエが焚きつけたのかよ~。ウィルコムの電話押しつけて一人で悦に入ってるんだけど、シャチョー」
「確かに『いいんじゃないですか?』とは言いましたけど、『ちゃんとよく考えてくださいね』って忠告したのにぃぃぃ~(血涙)」
「まぁ俺もデータ通信ではいろいろ困ってたからいいんだけどね・・・」
「ところで、どこの機体を渡されたんですか・・・もしかして京セラ?」
「えっ。ああ、うん」

「がふっ(吐血)」

「どうした?」
「いえ・・・もういいッス・・・詳しくはPRINのWebのリンク送りますから、そこ見てください・・・orz」
確かに自分の仕事はパソコン教室内での技術職であるから、まぁこういう提言というか提案はするよ
でも鵜呑みにするのは止めてくれ(;´Д`)
それにそこまでやるなら、購入する機体くらい相談してくれヨォ!
こんな危ない状態でデータ通信なんかさせらないわい
ウィルコムネット接続マニュアル作らなきゃ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/08

Mr&Mrsスミス《ネタバレちょっとあり》

お正月公開時にすげー見に行きたかったんだが、なんせ病人だったんで挫折
シチュエーションがおもしろかったのが最大の理由
早々にDVD化したので早速購入した

一瞬で恋に落ちた美男美女
一見ごく普通の、多忙なエリート社員の夫婦に見えるが、実はお互いに重要な秘密を隠していた
なんと二人は別々の組織に所属するプロの暗殺者だったのである!
ある日、偶然全く同じ標的を狙うことになった二人は、ミッション先で偶然出会ってしまう
正体を知られたからには殺すしかない
さらに夫婦の倦怠期だったことも手伝って、壮絶な夫婦喧嘩がスタートするのであった・・・

うーん
期待していたよりストーリーが平べったかなぁ
最初の方の夫婦のびみょーな日常生活とか、腹の探り合いのシーンなんかは結構よかったんだけど
もうちょっとこう、夫婦のスーパー暗殺者ぶりと、徹底的な喧嘩っぷりを見たかったような
あと、結局のところ殺しきれずになんとなく仲直りしてしまって、逆に所属組織に狙われることになった後のオチがちょっと淡泊すぎ
ここまで熱く燃えたんだから、夫婦で楽しく逃亡生活とか、爆発の中で姿をくらますとか、劇的なオチにしてくれてもいいじゃん、などと思ってみる
あと、アンジェリーナ・ジョリーの方ばかり、微妙に目立ってませんかね?ブラピが可哀想だぞ(=_=;)
特典映像もしょぼい・・・ような気がする
あとちょっと、あとちょっとなんだけど、何かが足りない
60点から70点てところ
歯がゆい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/06

ギブアップ?韓国人の生徒さん

教室に通い始めた金さんであったが、やぱし日本語が難しいらしい
いや、そりゃそうだ。平仮名・片仮名・漢字・英数字と4種類の文字を駆使するんだもの。また、日本語は「言い回し」が大変難しいところがあるので、先生の話している内容自体、理解するのが大変である
授業をメモしたノートは大変なことになっていて、平仮名と漢字とハングルがまぜこぜで書いてあって、我々の方が混乱するような内容になっている
自然、相対的に質問が多くなる
「この漢字はなんて読むの?」
「先生の言ってることの意味が分からない」

だいたい、日本人の生徒さんでも『どう質問したらいいのか』分からないとか、スタッフが『何を聞かれているのか』理解しづらいっていうのは、どんなカルチャースクールでもありがちなことだと思う。異国の方ならその苦労は何倍にもなるだろう
大丈夫かなぁ~と気が気でないため、ちょっとも気が抜けなかったり(;´Д`)

今日まででローマ字の勉強は一通り終わったのだけど、むずかし~ぃ顔をしているので様子を聞きに行った
「金さん、どーですかぁ。もうちょっとローマ字やりますぅ?」
「(意訳すると)私はまだ自分のパソコンを持っていない。会社でパソコンは貸してもらえるけど、それでは復習ができない。パソコンを買ってから本格的に勉強したい」
「え。それはお勧めしないですよ。パソコンに触れる機会が少しでも失われると、やる気が失せちゃいますよ」
「このままやっても覚えない」
「会社のパソコンで復習させてもらえないんですか?」
「私はパソコンを買ってから本格的に勉強したいの」
「じゃぁ、ローマ字の勉強だけ、パソコン買うまでここでやりませんか?」
「ローマ字は分かるの。先生の言っていることがわからないの」
「日本語の言い回しは難しいところがありますからねぇ。そこは私たちがフォローしますので、通い続けませんか?」
「私はパソコンを買ってから本格的に勉強したいの」
「でもね金さん・・・」
----この後3回ほど同じやり取りを繰り返す---

だめだ、折れない('A`)

「分かりました、金さんがそれほどおっしゃるなら仕方ありません。パソコンを買ったというご連絡を、首を長くしてお待ちしておりますorz」

ローマ字から平仮名が生まれてきて、さらにそれを漢字に変換するということが納得行かないのは知ってるんだ
頼むから、それが大変なら大変とまずは素直に認めてくれないと話が進まないんじゃよぉ
果たしてちゃんと復帰してくれるのか
なにより日本語窓OSを購入してくれるのか
数日間は不安じゃ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/05

ウィルコムから贈り物

昨日突然自分宛に荷物が届いた。はて、ネット通販は何もしてないはずなんだけど
送り主はウィルコム。なんか悪いことでもしましたか?
と思いつつ荷をほどいてみて出てきた物がこれ2006040503

ああ、そういえばキャンペーンなんぞに応募していましたね

すっかり忘却の彼方だったよ・・・って当選してたんか!
セット内容はというと、W-ZERO3を据え置けるこの台2006040505(単なるプラ)と
とっても不吉な(笑)インテルマークの入った保護シールである2006040501
しかし、実は数日前にヨドバシで皮ケースを買った(というよりポイントでもらった)ばかりだったりする。当然台に置くとこういうみっともない状態になる2006040504
しかもイソテル保護シールより評判のいい保護シールが付属してたりするし(苦笑)→2006040506
まぁ保護シールの控えが多いのに越したことは無いし、台も無いよりマシだ。なによりたまの奇跡で抽選に当選したから喜ぼう・・・と自分に言い聞かせてみる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/04

見納め 逗子・桜山の桜

朝起きて、ベランダから桜山を撮影
200604042
この桜山は地名の通り、桜で山が鮮やかに飾れる地域である
山の上にあるのは逗葉高校で、ここに至る道も桜の街道になっていてなかなかオツである
こんな感じ↓
200604044
とはいえ、もうそろそろ周囲の桜も見納めっぽいので、買い物ついでに写真を撮りに行く
JR東逗子駅の周辺にも、大きくて立派な桜がいくつかある
自転車置き場の桜200604043や、駅の裏手の広場にある大きな桜200604041が特に印象的だったので撮影
風に揺れてさわさわと花が散っている
この一瞬の美しさ、散りゆく姿の儚さが、古くから日本人の心を打ってきたのだなぁ
ウグイスの声も聞こえてきて、いい日より
そろそろツバメ君もやってくる頃かな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/03

うぇるかむ 韓国のお客さん

前回のエントリで書いた韓国籍のお客さん、昨日無事(?)入会となった
どうやら近所にある会社の事務員をやるみたいなのだが、そのために「日本語的アルファベットが分からん」というのを克服せねばならないので、まずはローマ字のお勉強からだ
まぁこれは、日本人以外のお客さんはみんな通る道なんだけどね
以前も他の教室で韓国籍の人を相手したことあるし、今でも中国籍の人通ってるからね

「じゃー、金さん。ローマ字のお勉強からスタートですね」
「ひらがなで入力しないといけないんだけど?」
「あー、ローマ字を打つとひらがなが出るんですよ~。それ覚えないと、Word使っても入力できないですよ。ローマ字入力は避けては通れない道なんですよね」
「そういうものなの?」
「そういうものなんです」
というやり取りをし、なんとか納得してもらうことからスタート
ぺそぺそとメモをしながら頑張って覚えようとしておられるようだ・・・

「どーでしたかね。ローマ字難しいっすか?」
「分からない訳じゃないんだけど、発音が違うところがあって、それが自分の中でうまく変換できないの」
「"A" 一つとっても、あちらとは発音が違いますからねぇ」
「もうちょっとローマ字を勉強しないとダメかもしれないわ」
「もう一回ビデオ見ます?この講座3部構成なんですけど、今日は2個目までやってます。明日、もう一度2回目を見て3回目をやりますかね」
「うーん・・・そこまではいいわぁ。先に進んでわからなくなったらやり直すわ」
「わっかりました。んじゃぁまずは先に進みますか」

今日のところは騒ぎも何もなし。静かでヨカッタヨカッタ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/01

Attack of South Korea in パソコン教室?

「あるすさーん、今日のお昼に無料体験授業をしに来る人がいるんですけどね」
「ん~、特にその時間忙しくないけど、なんか問題有るのかい?」
「金(キム)さんっていう人で、どうも韓国籍の方みたいなんです。日本語大丈夫かなと・・・」
韓国・・・ネガティブイメージが頭を駆けめぐる
いやいやいやいやいやいや
まぁ待て、自分
なにも韓国の人だからって、誰も彼もが「ああいう」韓国人民ではあるまい
国を聞いただけで差別をしては、それこそ自分のレベルを下げるというもの。フツーに対応しないとね、普通に

時間になってお客さんがやってきた。早速カウンセリングをしてみる
「えーと、金さんはパソコン使ったこと無いんですねー」
「私はWordを習いたいの」
「え?(突然なんだよ)ええ、大丈夫ですよ、初心者コースに組み込まれてるものですから」
なんか会話のキャッチボールがうまくいかないなぁ?(=_=;)
とにかく無料体験を初めてもらう
「「金さん、失礼ですけど日本語大丈夫ですか?」
「難しい漢字はちょっと辛いかな」
「「そう思って、平仮名で先に板書しておきましたんで、これを見ながら先生のお話聞いてみてくださいね」
「あら、ありがとう」
さすがにハングルで書けとは言わなかったか
無料体験中は大人しくビデオを見ている・・・
大丈夫そうかな?などと思いつつ、別の仕事をぺそぺそとこなす

体験授業が終わって、感想を聞いてみる
「どうでしたか。先生のお話はよくおわかりになりましたか?」
「このくらいは分かったわ。で、Wordをやりたいの」
(わかってますって)そうですね。でもとりあえずは最初の基礎からやらないと、急には無理ですから」
「私がやりたいのはWordなの」
(わあっとるっちゅうねん。そんなに自己主張せんでもええわい)じゃぁ、Wordのお勉強をするためのスケジュール立てましょうか」
「じゃぁ、家で予定を考えてくるわ」

会話がかみ合わないなぁ・・・
気のせいか?私が偏見入ってるだけなのか??
それとも単に相手が日本語に疎いだけか?
本当にこの人、日本語の環境でパソコン勉強できるのか?
果たして説明したルールを理解してスケジュールを立ててくれるのだろうか??
なんかこれからどうなるのか、モーレツに不安になった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »