« Air-H"はそんなに難しいか? | トップページ | 未来への小さな第一歩 »

2006/04/18

パソコン版「バカとはさみは使いよう」

タイトルからして、かなり喧嘩を売っているのを承知のエントリ


会社のグループウェアや教室案内のブログを見ていると、思った以上に半角片仮名や機種依存文字が使われていて萎える
確かに最近はブラウザもしっかりしてきて、そうそう文字化けを起こしたりはしないけれど、全ての人が最新の環境を持っているわけではないのだからいかがなもんだろうか。もしかしたらWindowsを習おうと思っているMacユーザーさんもいるかも知れないじゃないか?
つか、こういう御法度ごとって常識じゃないの?
そんなことまで言わないといけないのか、仮にもパソコンをそれ相応にいじっている者に?
どー考えても嫌味にしかならない気がして腰が引ける
スパムが多い
教室に来るメールが50通あったとしたら、49通はスパム(またはそれに類するばかばかしいメール)である
インターネット内を流れる膨大なトラフィックのうち、7~9割はこういう無駄な情報かと思うと、インフラの整備なんぞ止めてモデムの時代に逆戻りしてしまえ、と本気で思う今日この頃である
さて、外窓メーラーのスパム対策は脆弱なので、スパム対策に適したメールチェッカーなぞ導入しようかなぁと思って気づいた
こういうスパム対策ってのは、スパムを受け取らざるを得ない本人が「こりゃ要らない情報じゃよ」とソフトに教えてやらなければ意味がない。もちろんある程度のパターン化は最初にやれるが、『ソフトを鍛える』という努力が不可欠なのである(FEPと一緒)
でも、だよ
教室の一般スタッフの反応は「なんか変なメールが来てますねぇ~」程度
このように、スパムをスパムとして理解し得ない人々に、いくらソフトの有用性を説いたって無駄なんじゃないのか?
いや、いくらなんでもそんなことねぇだろ・・・と思いつつ自信がない_| ̄|○
教室間の連絡取合い用に、勉強もかねて某メッセンジャーを使っている
公共性のあるソフトウェアだから、どんなに便利でもIDとPWをソフトに覚えさせてはいけない、自分たちでちゃんと覚えなさいとは言ったよ。ああ、覚えていてくれたのはヨカッタよ
だがな
もしかしたら使っているかも知れない(うちの)IDとPWをわざわざ使って、ちゃんと別のIDとPWがある(遠方の教室の)メッセンジャーからログインして
「そっちのパソコンをハッキングしましたよぉ」
とかヌカシてんじゃねぇ!
もしもうちが誰かと会話してたらどうするつもりだったんだ?
そもそもそういうことが迷惑行為だってわかんねぇのか( ゚Д゚)ゴルァ!
どんなに便利な道具を揃えても、使う奴がコドモだとこういうことになる

|

« Air-H"はそんなに難しいか? | トップページ | 未来への小さな第一歩 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78857/9644116

この記事へのトラックバック一覧です: パソコン版「バカとはさみは使いよう」:

« Air-H"はそんなに難しいか? | トップページ | 未来への小さな第一歩 »