« ネット接続ができなかった一晩 | トップページ | 何度も言うが、CDもDVDも皆同じ! »

2006/05/24

"Acoustic YMO" by The TOY BOX

Amazonの「おすすめ」リンクというのは、なかなかどうしてよくできていて罪深い(;´Д`A ```
YMO関係のカヴァーCDで、お薦めのトップに出ていたCDとそれに関連して表示され、ユーザー評価があまりにも良かったんでついつい2枚も買ってしまったよ・・・


この「おすすめ」には、全然見たことも聞いたこともなかった商品がズラッと表示されるわけだが、それがまたグッっとくるものばかりなのである。こちらの購買記録を元にしているわけだが、なんでそれだけでこんなに見事にツボを押さえた情報を出せるのやら
以前NHKで、こういった「ユーザーのニーズに応じた情報を、企業が"決めて"提供する」ことが、今後の販売戦略の主流になるだろう」って言っていたけど、自分がそれにはめられているとは・・・
ちなみに、お薦めの中にはまだまだ購買意欲をそそられる秀作がたくさんあるのである。誘惑に打ち勝て、自分(苦笑)
さて、これは2枚中最も
"キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!"
と感じたものである
なんとこれはYMOの1枚目のアルバム「Yellow Magic Orchestra」をまるまるアコースティックな楽器でカヴァーしてあるのだ
演奏楽器としては、クラリネット・サックス・ピアノ・マンドリン・クラリネット・オカリナ・フルート・ビオラ・木琴...etc
これらの楽器でもって演奏される1曲目「コンピューターゲーム サーカスのテーマ」とそれに続く2曲目「FIRECRACKER」は、最初聴いていると「え?」という感じなのであるが、慣れてくると「こりゃスゲェ!」と感嘆の声を上げるだろう。これらの楽曲全体に共通する"ピコピコ感"が、アコースティック楽器で聴いても「なんとなく」感じられるのである
3曲目の「SIMOON」は、生楽器の音色がぴったり来ていて、これこそが本当の「SIMOON」なんじゃないか、と思えるくらい
個人的には6曲目の「TONGPOO」が最高である。このままヒーリング音楽にしてもOKなデキだ
ちなみに、こちらと前後して本物の「Yellow Magic Orchestra」をかけると、もう何とも言えない悶絶ものの感動が味わえる(笑)

なお、「SIMOON」と「MAD PIERROT」には、細野氏がボーカルで参加していることも記しておきたい。元気だわ、この御方

こう聞くと、やはりYMOっていうのはもう"クラシック"の域に達しているのだなぁ、としみじみ感じるのである
ここでいうクラシックとは、様々な場面で使い尽くされているが、それでいていつ聴いてもそれと分かるメロディーということだ
それでもまだ30年経っていないし、御三方はまだ現役というのは、もうスゴいの一言でしか表現できない
このような素晴らしいアーティストの、進化する楽曲を体感できるというのは、本当に幸せなことである

|

« ネット接続ができなかった一晩 | トップページ | 何度も言うが、CDもDVDも皆同じ! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: "Acoustic YMO" by The TOY BOX:

« ネット接続ができなかった一晩 | トップページ | 何度も言うが、CDもDVDも皆同じ! »