« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006/05/29

これからのための、自分への投資

退院してからこちら、急に洋服やらインナーやらを買い直している
口で表すのはとても難しいのだけど、なんだか"切り替えよう"という気持ちが働いているような気がする
こういったものは本当に時々しか購入しないのだけど、このところはものすごい勢いで買い足し+買い換えをしているのだ
なんせ昔、見かねた親に服を買えとお金を渡されたとき、「これだけあったらメモリ買い足せる」って言ってひっぱたかれたことがあるくらいの人間なんで、この勢いが自分でも怖い(^_^;)
しかも好みまで変わってしまって、よっぽどなんの変哲もないモノ以外、この際と思い切ってばんばん雑巾なんかに変えてしまっている。前はレースが付いたものなんて買わなかったし、なるべく体の線が出ないようなのしか選ばなかったんだけどな・・・
病気をすると価値観ががらっと変わってしまうって聞いたことはあるけれど、そういうものなのかもしれない


で、この(自分的に)一大事にお世話になっている店が2つある

UNIQUEは以前から買ってはいたけれど、一時期店の状態が本気でどうしようもないと感じたときがあって(店の運営態度とか商品の陳腐さとか)、しばらく離れていた
最近かなり良い状態に戻ってきたのもあって、ここのところ毎週通っている
UNIQUEに何故足繁く通うかというと、店員が「いかがですかぁ?」と近寄ってくるタイプのお店は大の苦手なのである。もぉソイツが実は「コイツ似合いもしないくせに何見てるんだ?」って見ているような気がしてならなくて(苦笑)
いや、考えすぎと言われればそれまでなんだけどさ(=_=;)
まぁそういうわけで、UNIQUEは放置してくれているから入りやすいのだ。スタッフさんをギリギリまで削っているから、パンツの裾上げや商品のサイズ探しで少々待たされることがあるが、そりゃ値段とシステムを考えたら贅沢は言えないと思う
ブラウスだとかシャツと言った、気潰してしまう物はやっぱりこれくらいの手軽さで買えた方がいいよね

次にカタログハウス
カタログハウスは、編集者が本気で「いいもの」と選んだ物しか掲載していない通販誌である。当然1点1点値の張るものばかり
UNIQUEと値段も格も差がありすぎなんだが、しっかりとしておきたいベースの部分は全部こっちで揃えるようにしている
なんせ「スペシャル会員様」になってるぐらい買い込んでたりして(笑)
それだけにサービスも良くて、商品の配送料が無料だったり最優先で商品を用意してもらえる
使用済み商品修理サービスの用意もあり、末永く使ってくださいって意気込みを感じてGOODなんである
難点を言うならクレジットカードが使えないことかな。できたら支払いでポイントが付くサービスって最大限有効活用したいところなんだけど


本当はね、あんまりお金使ってる場合ではない
でもいつまでも、「着れてればいいじゃん」って言ってる場合じゃない。そんな気持ちに変わってきた
自分にどんな形でも投資できなければ、これからのチャレンジなんて全部形で終わっちゃう
理由はないけどそう感じてる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/27

世の中阿呆だらけ

出勤途中のこと
市営地下鉄の駅で電車を待っていたら、横から「カチッカチッ」という音がしてくる
まさかと思って見てみたら、いい歳した若い女(オバハン)が煙草に火ィ付けてる!?
おいこら、ここどこだと思ってんだよ?
しかもそいつ、水飲み場(市営地下鉄の古い駅には公園の水飲み場みたいなのがある)に吸い殻捨てやがった

オバハン、マナーって言葉知ってるか?
あんたみたいなのが居るから、単にストレス解消で喫煙したい人が肩身狭くなるんだぞ!

まぁ、結局怒ることもしなかった私も私だけどね
ちなみに私は吸いません。受動喫煙だけ(苦笑)

で、その後
電車に乗ったら「マル秘」って書いてある文書を堂々と広げて、なにやら書き物してる若い男を見てしまった
世の中阿呆だらけだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/26

王様(ゲイツ)の耳は・・・

そろそろ、生徒さんやスタッフ関係者から、Windows Vistaについていろいろ聞かれるようになってきた
もちろんネット上で情報を確認しているものの、なにせ(予想通り)リリースが遅れてきているので、今後のメーカーの対応などはあまりハッキリとは見えてこない
そんなもやもやした気持ちがすっきりしなくて、前の会社の同僚に意見を求めてみた

「この冬の各メーカーのモデルは、Vista乗り換えの優待サービスとか付けるのかね~」
「付けねぇだろ?むしろ無理矢理にでもVista搭載してくると思うぞ」
「え?だって正式リリースは来年の3月以降って・・・」
「OEMは比較的早く供給されるだろ?ソレ使って、機能の一部を制限した状態で出荷する気満々なんじゃねー?」
「すげー嫌な予想。そんなん出されたら、私らみたいなサポートの立場の人間が一番困るわ!」
「それか、XPかVistaかを起動時に選んで使うとかになるんじゃね?昔一部のノートPCにあったぞ、XPか2000か選ぶ奴」
「私らならともかく、一般人がそれ見てわざわざXP選ぶか!!」
「さぁなぁ。そこまでは予想つかん」
「つーか、もしそれが単なる鬱予想だとしても、喉に骨がひっかかったみたいだよ。迂闊にお客さんと話せないじゃん!!」
「話さなけりゃいいじゃん」
「・・・王様の耳はロバの耳、かよ・・・orz」

叫ぶ穴がないので、ブログで叫ぶ(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/25

何度も言うが、CDもDVDも皆同じ!

「あるすさん、うちの教室の○番と○番はCD-ROMドライブなんですよね?」
「ええ、そうです」
「で、○番と○番はCD-RW対応ドライブなんですよね?」
「そですよ」
「とすると、そこではCD-ROMは使えないんですよね?」
(以上、全部実話
_| ̄|○

この手の質問は多いが、いまだにこういうオチに辿り着く思考ロジックが分からない
(DVD-ROMドライブではCD-ROMが読めない、と真剣に思いこんでいるスタッフ多数)
やはり、こういうもの全てが「光学ドライブ」という一括りの「技術」によって説明が付くことが理解されてないのがいけないのだろうか?
CD-ROMだろうがDVD-ROMだろうが、全部基本は同じ理論で設計されてるんだから、下位・上位互換があるんだよぉ
家庭用DVDレコーダーでCD-ROMを再生できるって知ってるのかな
かつてのLDプレイヤーでもCD-ROMを再生できたんだよー?

それくらい、って言っちゃいけないの?
これを一般常識って思ってちゃダメなのか??
あうううー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/24

"Acoustic YMO" by The TOY BOX

Amazonの「おすすめ」リンクというのは、なかなかどうしてよくできていて罪深い(;´Д`A ```
YMO関係のカヴァーCDで、お薦めのトップに出ていたCDとそれに関連して表示され、ユーザー評価があまりにも良かったんでついつい2枚も買ってしまったよ・・・


この「おすすめ」には、全然見たことも聞いたこともなかった商品がズラッと表示されるわけだが、それがまたグッっとくるものばかりなのである。こちらの購買記録を元にしているわけだが、なんでそれだけでこんなに見事にツボを押さえた情報を出せるのやら
以前NHKで、こういった「ユーザーのニーズに応じた情報を、企業が"決めて"提供する」ことが、今後の販売戦略の主流になるだろう」って言っていたけど、自分がそれにはめられているとは・・・
ちなみに、お薦めの中にはまだまだ購買意欲をそそられる秀作がたくさんあるのである。誘惑に打ち勝て、自分(苦笑)
さて、これは2枚中最も
"キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!"
と感じたものである
なんとこれはYMOの1枚目のアルバム「Yellow Magic Orchestra」をまるまるアコースティックな楽器でカヴァーしてあるのだ
演奏楽器としては、クラリネット・サックス・ピアノ・マンドリン・クラリネット・オカリナ・フルート・ビオラ・木琴...etc
これらの楽器でもって演奏される1曲目「コンピューターゲーム サーカスのテーマ」とそれに続く2曲目「FIRECRACKER」は、最初聴いていると「え?」という感じなのであるが、慣れてくると「こりゃスゲェ!」と感嘆の声を上げるだろう。これらの楽曲全体に共通する"ピコピコ感"が、アコースティック楽器で聴いても「なんとなく」感じられるのである
3曲目の「SIMOON」は、生楽器の音色がぴったり来ていて、これこそが本当の「SIMOON」なんじゃないか、と思えるくらい
個人的には6曲目の「TONGPOO」が最高である。このままヒーリング音楽にしてもOKなデキだ
ちなみに、こちらと前後して本物の「Yellow Magic Orchestra」をかけると、もう何とも言えない悶絶ものの感動が味わえる(笑)

なお、「SIMOON」と「MAD PIERROT」には、細野氏がボーカルで参加していることも記しておきたい。元気だわ、この御方

こう聞くと、やはりYMOっていうのはもう"クラシック"の域に達しているのだなぁ、としみじみ感じるのである
ここでいうクラシックとは、様々な場面で使い尽くされているが、それでいていつ聴いてもそれと分かるメロディーということだ
それでもまだ30年経っていないし、御三方はまだ現役というのは、もうスゴいの一言でしか表現できない
このような素晴らしいアーティストの、進化する楽曲を体感できるというのは、本当に幸せなことである

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネット接続ができなかった一晩

昨晩、仕事から帰ってきてネットに接続しようと思ったら、なんかおかしい
うまいこと通信できないんで、無線の調子が悪いのか、はたまたノートン先生のお怒りかと調べたらどうも違う
よくよく見たら光モデムのVDSLランプがちっかっちっか・・・点滅しっぱなし
じ~っと見ていたがリンクが確立しない

親父に聞いたら、夕方からこんな調子で面倒くさいから放置してたという
リンク確立がダメということは、T-COMじゃなくてNTTだなぁ・・・W-ZERO3を使って、傷害情報などは無いことを確認
とはいうものの、すでに夜中だったため家人への影響も考えて翌日NTTに電話
応対に出たサポートの兄ちゃんが、何気にエラそうでちょっとむかついたことはこの際置いておこう
収容局では問題は無いが、マンション側の集合盤に何らかの問題があるらしい(応答がない)
今から作業員を派遣するので昼過ぎになるということで、出勤時間に間に合わなかったので、後を父に任せて仕事へ

帰宅したら直っていたが、私が「作業の人がお昼過ぎになる」と言っていくのを忘れたために、父は作業員に散々文句を言っていたらしい
作業自体は単純で、集合盤を管理するソフトウェアのアップデートを行ったということなんだが


確かに、到着予定時刻を言うのを忘れた私は悪いが、どうしていつもこう人に文句を言うのかね、うちの親父は
仕事の早い遅いはともかく、来てもらえるだけありがたいだろうよ
問題が起きないことに越したことは無いし、さっさと終わらせてもらったら楽かも知れないけどさ
頼んで来てくれるってのは大したサービスを受けてると思わないか?
まぁいいよ
それにしても、インターネットが一晩使えないだけで、なんともつまらんことか
やっぱ中毒なんかね??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/21

コリとりステーションでコリを取る

前からリラクゼーションルームという奴に興味はあったが、お値段や時間やらを気にしてずっと行けなかった
が、このところ猛烈に足が痛く、長年の肩こりが頭痛まで引き起こし、どうにも大変なことに(>_<;)

自分の行動範囲内にはいくつかのリラクゼーションルームがある
・横浜市泉区 立場、イトーヨーカドーの中
・大和市高座渋谷、ジャスコの中
・逗子駅前にある某ビルの2F
・大船駅ヤマダ電機が入っているビルの5F

このなかで、お値段と時間とを加味して今日行ってきたのが、一番下の大船にある「コリとりステーション」というお店
最初はお試しコースと行きたいところだが、辛さを訴えたら中間のコースを勧められた
40分の全身マッサージで\4,200なり
で、施術を始めてもらい、肩を触ったお姉さんが一言
「ずいぶん張ってますねぇ・・・」
ええ、そりゃもう。十数年"肩こり"という不治の病に悩まされてますから(苦笑)
「強さがきつすぎたらおっしゃってくださいね~」
「いえ、もうおもいっきりやってください(ぉ」
そして、お姉さんの容赦ない(笑)施術が、左肩、右肩、腰、足と施される
むひょ~(;_・)
いたひ~(x_;)
きもちいひ~(^^;)

もちろん、溜まりに溜まったコリがこれだけで取れるわけでは無いけど、足が軽くなったヨ
右肩のコリがまだまだ取れないので、今後はこの辺りを集中してやってもらうのもいいかもしれない
回数券があるとのことなので、距離も近いし通い続けてもいいかもと思った


それにしても、下から2番目の逗子のお店、すんごい高いんだけど、ここに通い詰めている同僚が居るんだよね
いくら「自分にもちゃんとお金をかけなきゃダメですよ!」っつたって、あの金額は出せねぇよ(汗
閑話
大船駅で横須賀線から降りたら、あめりか~んなお兄さんに
「スミマセン、Fujisawa station?」
と聞かれた。とっさに階段を駆け上がって案内板を指し
すてーしょんなんばーすりー」
と応え、お兄さんが礼を言って立ち去った後に気づく
ぷらっとふぉーむなんばーすりーだよ
いくら英語が苦手だからって初歩的すぎるぞ、自分_| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/18

プロテインダイエット!

いきなりだが、明らかに太った
当然である
昨年12月、常人の1/4の血液の濃さと診断され、たっぷりの食事で体力回復を望みつつ、約2週間絶対安静という入院生活
これで体重が増えない方がおかしい。悲しい話だが、肉もたるむ(T-T)
手術の結果、筋腫分の数キロは一時的に減ったものの、それ以上動きが無くてやっと自覚したのだが
減肥茶を飲んでみたり、食べるものを調整してみたり(食べるものを減らすわけには行かない。減らしてまた血が薄くなったりしたら・・・((;゚Д゚)ガクガクブルブル

で、いろいろ探して購入してみたのが、『明治プロテインダイエット』。元々のお値段の安さと、手軽さでこれを選んでみた
安いところはネットでいろいろ探したんだけど、結局楽天市場のこのお店が一番だった。対応もよかったし

届いて次の日、早速昼ご飯をプロテインダイエットのココアを試してみた
・・・言うほど美味しくないな(苦笑)
まぁそれは贅沢と言うものだ
2kgは痩せたいなぁ・・・などと思いつつ某TV番組を見ていたのだが
世の中には食べるものを得ることも満足にできない人も居るというのに、痩せたいだなんて・・・しかも不味いとか言ってるし
ダイエット用品を買える贅沢、選択できる贅沢
しっかり肝に銘じながら、痩せるという行為に臨まないと罰が当たりそうだ
頑張ろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/13

売れ筋ワインを饗する

相方が「神の雫」という漫画にはまって以来、ワインに凝っている
私もワインは普通に飲む、が、名前やら年代やら言われても、ピンとは来ないのである
なんせワインの命名法だとか、農園だとかまだぜんっぜん分からないんだから
しかし、知らないでは会話が弾まないし、つまらんではないかということで、ほんのすこーしお勉強していたりする
ま、ワイン自体嫌いじゃないしね

そんな相方が「これは買って損はないぞ!」と強力に推してきたワインがあった。安価なイタリアンワインで、栓を開けてすぐに飲めるタイプであるが、高級ワインにも負けない味なんだそうだ
多少金銭的余裕があったので購入してみる

1つは『ベッレンダ・コントラーダ・ディ・コンチェニゴ 2001』
お値段、750mlで一本\1,680(税込)
説明によると、5,000円台のフランスワインにも負けないお味だとか・・・
それ以前にその"5,000円台"の味がわかんねーんだけどさ
Wine01
2つめは『サン・コム・コート・デュ・ローヌ・レ・ドゥー・アルビオン 2004』
お値段、750mlで一本\1,980(税込)
なんでも、時価数万円する某ワインにも匹敵するお味なんだそうだ
Wine02
で、コレに合うチーズがないかと、今回も京急百貨店の地下にあるチーズ屋さんへ
お勧めされたのが、このチーズ3点セット。こういう『いろいろな味が楽しめる』ものを出してくださるのが嬉しい
内容であるが・・・一押しは18ヶ月熟成させた"ミモレット"。基本中の基本ながら、実は本場フランスから直輸入という本格派の"カマンベール・イズニーピロ"。青カビだがあまり癖はないという"ブルーデコース"
Wcheese01

わくわくしながら帰宅して、はっと気づく
このワインって、冷やすの?冷やさないの??
赤ワインって普通冷やさないものだけど、なんか特別な飲み方があるとか、などと妄想して焦る
結局相方に助けを求めにチャットする(苦笑)
「冷やさなくていいに決まってんじゃん?」
やはりそうであったか
「アーモンドとココアのアロマ(香り)がするんだよ」
そ、そうなん?(°_°;)

ワインオープナーを借りに父の部屋に行ったら、代わりに空けてくれるという
「またこんな高そうなワインを・・・」
実は\2,000しません、父上(^_^;)
「(試飲して)ふーん、まあまあだな。渋みがあっていいんじゃないか?」
大丈夫です、あなたの分(父の日のプレゼント)も買ってありますから

チーズとクラコッタを揃えて、『ベッレンダ・コントラーダ・ディ・コンチェニゴ 2001』からいただきます
・・・こゆい味、そして微妙に渋い・・・アーモンドとココアのアロマ?赤ワイン特有の葡萄の香りしかわからん・・・orz
で、最初はそれほどアルコール分を感じなかったのだけど、飲んでいくと結構くるなぁ。悪酔いではないけれど
ゴルゴンゾーラがキッツイので、否が応でもグラスに手が伸びる。むー、ミモレットは合わなかったかも知れず。うひゃぁ!カマンベールが熟成しきちゃってて、溶け出してきているぅぅ!!

・・・そんなこんなで、瓶を半分空けたところでエンド。残りは冷蔵庫へ
シメは熱い日本茶
これからまた当分仕事続きだから、たまにはアルコールで憂さ晴らししないとね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/11

安かろう悪かろうにならぬように

某イトー○ーカドーでシャツ2枚とパンツ2本を購入した
ところが問題が発生した
よく、シャツなんかをかけている展示用のハンガーに、9号や11号というタグが付いてるけども、それと実物が違ったんである。私はLじゃないと入らないので、Lのタグが付いているものを買ったのだが、実際はSだった
まぁこれは、自分で最終的に袖口や襟のタグを見ればいい話ではあるが、これを頼りにしているお客さんも居るんだから、きっちりと揃えておかないと、仕事の質を疑われかねないと思う(なんせ、代わりを探してもらったら、同じようにタグが違う物が出てきたのだ)
次に、同時購入したパンツ。4回くらいしか着てないのにチャックが外れたんである。ちなみに変なことは何もしてない。つーかしようがない。こんなのって初めてだよ。所詮中国縫製、仕方ないのかも知れないが
まぁ、どっちも交換してくれたからいいけどね(パンツは時間が経ってたけど、カード買いだったのでレシートを残していたのが不幸中の幸い)

ぶっちゃけ、ユニクロの方がちゃんとしたもの売ってるんですけどね?
もちろん、誰にでも間違いはあり、完璧であるはずがないのであるが、同時に購入した物が両方とも不備発生となると、ちょっとウンザリであったりする

さらにウンザリなのは、商品交換で頭を下げてもらってしまった人(だって末端の店員さんにはほとんど責任無いじゃん)と、明日にでもバックヤードで鉢合わせるかも知れないことだ
('A`)
主要な勤務先の売り上げ貢献も考え物だね(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/05

ダージリンフェスティバル2006

昨日、茶葉専門店「ルピシア」主催の、ダージリンフェスティバル2006に行ってきた
ブレンド茶である「ダージリンファーストフラッシュ2006」を含めると、実に46種類もの紅茶をまとめて試飲できるという、紅茶好きにはたまらないイベントである
私自身、この紅茶を将来の仕事にしたいと考えている身である。純粋に紅茶は好きだが、よ~く見て参考にしたかった
会場スタートは9:00で、そう混んでいないだろうとたかをくくっていたら、まぁみるみるうちに大混雑
1,000人は余裕で居るんじゃないかという人だかり(会場は撮影禁止だったので、風景は無し)
その中で熱々の紅茶が大量に供されているわけで、自ずと熱気むんむん(;´Д`)

ダージリンは、インドにおける紅茶栽培地域の一つを指す
日本茶やワインと同じで、そこにいろいろな茶園があって、それぞれに特徴があるわけだ
だから45種類も「ダージリン」を冠する茶があるわけで
説明書を片手に片っ端から試飲するのだが・・・
『もぎたての葡萄のような』とか『白い花の蜜を思わせる』とか
わかんねぇよ_| ̄|○

つかね
『そのもの』の味や香りに精通してないと、何がどう違うのかなんかわかんないね、と改めて痛感
若葉の香りや花の蜜の味は辛うじて分かったが・・・
例えばシンブーリ農園というところのダージリンの説明を見ると「白百合に似たふくよかな香り」という記述があるが、白百合の香り自体に慣れが無いので全然わからん(汗
ああー、こういうところから始めなきゃいけないんだぁ、と ちょっとげんなり してたり
美味しいなと自分で感じた茶葉を『味のチャート』で見てみると、ほとんど平均的な味に集中していて、つまり相当分かりやすい味にしか反応してないんだなぁ、とわかる

でも、貴重な体験ができてよかった
その場の勢いに任せて3種類の茶葉を買っちゃったけどね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/02

BEST CLASSICS 100〔2〕も買いました

ここんとこ『わちゃくちゃ』な状態で、日記を書く気力が0だった
書きたいこともあるし、勉強したいことだってあるのに
ノ ̄□ ̄)ノ ~┻━┻ドガシャーン!!

こういう心理状態の時にお勧めなのは、やはりクラシックである
今年はモーツアルト生誕250年ということで、CDショップの店頭は特集でいっぱいだ
モーツアルトは精神安定にいいということだし、なんか買うかなぁと思っていたら、気づいたときには手元にこっち->を握ってお会計していた(ぉぃ

・・・いろいろなのをつまみ食いしたかったんだよ・・・

でも、今回は真面目に(・∀・)イイ!!
第一弾より格段にお買い得!!!
なぜって、どう考えても日本向けの選曲だから(笑
『ワルキューレの騎行』やら『カルメン』が入っている辺りで、間違いない(断言

まぁ、ヒーリングとは言い難い曲(『組曲惑星 火星』とか)も入ってるけど、耳に慣れた曲というのは安心できるので、流しっぱなしにしていてOKなのが嬉しいね

ただ・・・まぁ・・・近いうちにモーツアルト買うかね、別途。癒されたいし(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »