« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006/06/30

レーザープリンタ

ついにというかようやくというか
教室にレーザープリンタが導入されることになった
別にインクジェットでもいいのだが、印刷料が半端じゃなくなってきているところもあるので

それにしても、その「大量に印刷」をさばくのはどうしようか?と話を持ちかけられて
リースで個人向けのページプリンタを用意したらどうですか
と話をしてみたら、ほぼ9割方の人間から
ページプリンタって何?
と返されたときは反省しましたよ。素直にレーザープリンタって言えば良かったよな。こんちくしょう

そんでまぁ、導入したのはいいんだが
ほとんどの教室のスタッフのがレーザープリンタ自体初お目見えであった
USBで繋がるって言うの知らなくて、ご神体のごとく放置してるところがあったり
中にはコピー機すら使ったことが無くて、トナーの扱い全然知らないとか、そういう世界
新品トナーに入ってる、トナーの吹出し口を保護するカバーを取り外さないで、本体に設置してた人も居たくらい

とりあえず注意点をまとめたマニュアルを作っておかないと怖いことになると思い、一人原稿を書いていた
ああ、リースだから汚さないように言っておかなきゃなぁ・・・
裏紙使うなって書いておかなきゃ・・・

(昔、まだ超高価だったキャノンの大型カラーレーザー複合機に、上司の命令で嫌々裏紙を使用し、感光ドラムを焼けただれさせたことがある。キャノンの営業さんに大目玉を食らったのは言うまでもない)
インクジェットとプリンタの設定画面が違うけど、きっとどれがどれに対応してるかわかんねぇだろーな・・・

ふと、気づいた
いや、いやいや、まさか
でも心配なので、近場にいた某教室長に話を振る
「あのっ、T教室長・・・すごく、すごくね、みんなに失礼なことなんですが、聞いていいですか?」
「レーザープリンタのことでですか?何でしょう」
「あの・・・まさかとは思うんですけど・・・みんな、使い終わったトナーカートリッジ、捨てないですよね・・・」
「・・・」
「・・・」
「・・・やるかもしれません」
「あああ、やぱし?(血涙)」

泣く泣く"トナーはリサイクルに出すこと"って書き加えたよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/27

1都3県さすらい旅


不調で修理に出していたPCが返却されてきた、千葉ニュータウンの校舎へ行く
PC本体のコンボドライブ読み取り不良は、思った通り丸取っ替えで返ってきていてリカバリーはされてない。微調整は必要ないと判断
しかしどー見ても目立って線状にドット抜けしているTFTモニタを、異常なしで返却されたのは納得行かんぞ。NE○
これが良品の範疇に当たるのかねぇ。TFTを見慣れている自分でもオイオイと思うんだが
報告のために修理完了報告書その他を預かり、茨城県牛久へ移動することに
この移動は元千葉県民の友人から無謀と言われたのだが、まぁ移動できない距離じゃないと思うんだよね


昼前
北総線新鎌ヶ谷で降りて、東武野田線に初乗車
友人が「単線」と言っていたが、車両がずいぶん年季が入っている(失礼)事を除けば、至って普通じゃないのか?
が、ずいぶんのんびりと走るんだな、と思ったら単線区間に入ってた!(びっくり)
相模線以外で単線って久しぶりだなぁ
え、「京急にだって単線があるだろ(京急久里浜より先)」?
あー、横須賀線も横須賀より先は単線になりますな
そこは普段行かないところだから関係ない(おい)
お昼頃
柏に到着・・・って
何でこういう日に限って「常磐線、線路内人立ち入りのため電車遅れております」とかいうテロップが流れてるわけ?orz
どこの馬鹿だよ?嫌がらせですか。勘弁してくれ・・・まぁ電車がすぐに来たからいいけど
と、思ったら前が詰まっていて駅の間で停車するわ、我孫子でフレッシュひたち追い抜きのため余計な時間を食うことになるわ
けっ、余分に金を払った客が優先ですか。京急見習えよ(何もかも京急が基準な人)
おやつの時間
やっと牛久に到着。予定より30分増
LANの調子が悪いと言うことだったがハテ、と調べてみるとどうやら4掴ましてあるHUBのうち、調度真ん中のHUBが死んでいる様子
うーん、古いHUB流用したからなぁ
仕方ないのでHUBを新しく購入してくることにしたが
「この辺りのPC商品を扱っているお店ってどこですかね~」
「柏のビッ○カメラに行くしかないな(キッパリ)」
「・・・へ?地元にないんですか??」
「歩いて30分くらい言ったところに○ーズデンキが無いワケじゃないけど、品数がねぇ」
「つ・・・土浦ならあるんじゃないですか?・・・近いし・・・」
「土浦にもないし、時間は柏に行くのと変わんないよ。2駅だからって近いワケじゃないんだよ」

まーた戻るのかよ、電車遅れてるのにー!しかも20分に一本くらいしか電車が来ないんだよここは!
と言っても仕方ないので、柏まで戻ってHUBを買って戻ってくる。こんなのだったら安いのでいいんだよー、ということでコレガの安い奴を選択した
夕方
よーく考えたら、死んだHUBは8ポート。買ってきたHUBは5ポート
もう1個要るじゃないか。馬鹿だワシorz
し、仕方ない・・・これで足りる分だけLANをつなげて接続確認するしかない。ケーブル長の関係上、離れ小島の1台だけ収納できなかったが、それ以外は接続OKだ
ずっと繋がってなかったのでWindowsUpdateが放置プレイである。生徒さんが調度居なかったので全台作業を行う
さて、残りのHUBはどうしようか。市川の事務所に余っていた気がするのだが・・・
上長のメールの設定もあるので、ここから千葉県市川へ行くことにする
夕食時
市川の事務所の倉庫をあさるが、HUBは出てこない
うーむ、思い違いか?仕方ないので、社長が近々1個買って牛久に送ってくれることになった
ついでに修理報告書をお見せして、TFTの件を報告。○ECの営業にクレーム(嫌がらせ?)の電話発動
これも近々ニュータウンからTFTを引き上げてきて、営業さんに直接見せることに・・・いや、営業さんが見てもわかんねーだろうと思うけどさ・・・(苦笑)
その他、いろいろ打ち合わせをして帰宅する

結局1都3県(東京は通過してるだけだけど)、移動しまくり
なにやってんだろ、と自分を嗤いつつ総武快速線で爆睡したのであった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/23

ブログが簡単でない?

ブログは記事を書くだけだから簡単
・・・というのは実は嘘なのかも知れないと思う今日この頃である

確かに自分ではそう思うのだが、やっぱりパソコンに慣れてない人種にはこの手の物は鬼門のようだ
なんでかというと・・・まぁネット住人には至って普通のことなのだが
仕様変更について行けないのである
刻一刻と変化する微細な変化に対応して、変更前と変更後の対応を理解する器用さを多くの人がお持ちでない

というのも、ネット上のサービスは特に細かく仕様変更が入る
それは検索エンジンの検索方法が変わるとか、ニュースサイトのTopページが変わるとかだけじゃない
例えばこのココログを動かしているベースはTypePadであるから、これに仕様変更が入ると否応なしにサービス画面が変化していくわけだが・・・まぁそんなの「当たり前」といえばそれまでなんだけど、本当にごくごく普通の人たちにしてみれば手ひどい裏切りのような物だったりして
そう言う自分も、仕様変更が入る度に「また変えやがった!」って叫んでるけど、それは「また覚え直すの面倒くさい!」って程度の意味でしかない。これはもうニフティのご都合なワケで、そのサービスを利用している以上はある程度諦めなければならない。それがネット住人の諦めどころである

だいたい、ネット上の何かが変わっていく事ってそんなに理不尽なものかね。だって洋服だって数ヶ月でデザイン変更されるし、冷蔵庫だって時間が経ったら新作が出るのと同じなんだけどな

自分の場合、プログラムを変更すれば必然的に形が変わるのを目で見て確かめてきたからか、全く気にならないのかな・・・とは思うが

うーん。違って当たり前って、どうやったら理解してもらえる物なのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/22

人生は「安くて早くて」じゃ通じない

人とぶつかることでしか自分を表現できない人が居る
特に若い人に多い
突っかかることで返ってくる反応を、自分の生存確認として感じるらしい
とっても疲れる生き方だなぁ、と苦笑いしながら見つめている

上司曰く
「それはだな・・・君くらいの世代はいいけど、少し下がると『我慢』とか『地道』っていうのができないんだよね」
なるほどね。とにかく素早く何らかのアクションが返ってこないと嫌になってしまうってことなんだ
物が溢れる時代と関係しているのだろうか
欲しいと言えばすぐに何でも手に入る環境に慣れきってしまうと、人の感情ですら速攻で手に入らないといけないということか
そして、自分が何か知らないことがあっても少しも恥じ入らないうえ、とりあえず調べもせずに教えて君になる連中多数

吉野家の牛丼じゃないんだから、何でも早く早くなんて甘えたこと言ってるんじゃないっての
だいたい、1度言っただけで何もかもすぐに通じると思ってるのか?
何も調べないで、ただ聞くだけの姿勢は無能のやることだぞ
山本五十六の格言ではないが、言ってみて自分でやって見せなければ、誰とも通じることはできないんだ

ま、どこのどいつかが「金で手に入らない物はない」と嘯いていたものだが、そう言う感覚なのかも知れないなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/17

都落ち

上司に
「オマエのやってること(パソコンのメンテナンス)を、少しでもいいからできる奴育てろよ」
と言われているのだが、いやあのねー、ハッキリ言って無理です

1年近く放置してた教室がいくつもあって、今日こそはと思って訪ねてみたらもぉ、腰砕けするようなことばかり起こっていた
それらの事象についてはあまりにも恥ずかしいので書かないが、へたれの私でもみりゃぁわかるだろ!ってな内容であった
各教室には、いろいろパソコンについて覚えたいと意欲のある方々もおられ、それは一生懸命勉強されているのである
その努力についてとやかく言うつもりは無い。分からないことを覚えようとするのは素晴らしい

けどね・・・自分をへたれへたれと言ってはいるが、このへたれレベルになるのでさえ、1ヶ月やそこらでは無理・・・だと思う
ソフトの挙動、ハード類の組み合わせ、プラットフォームごとの特性、といった部分は実際の経験によって得られるものだ
「ああだったからこうだった」という決まった法則はほとんど断言不能である。パターンを理解するには、何度もパソコンをぶっ壊すとかそういうトラウマになるようなことを繰り返すしかないんじゃ無かろうか
自慢じゃないけど、今まで何台機体をぶっ壊したことか

それらの事象をまとめたマニュアルなんてできないよ
私の脳の中を全部文書化しろって言ってるようなもんだ
(これが私の仇名〔歩くハードディスク〕の元でもあるわけだが・・・)

とはいえ、こういう業界にレベルの高い人って来ないよね、普通
お給料の面とか待遇の面とかもあるけど、何よりプライドがあるし
業界一般にはこういうの、都落ちって言われてるらしい

それでもね、やりたかったから頑張るけど、仕事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/13

Win98/Meのサポート停止をNHKがニュースとして報道

ネット接続不安定の件は、光モデム交換で一応の解決を見た(らしい)
NTT曰く「改良型で安定している」というモデムくん、今のところは元気である
もう壊れてくれるなよ?


先日のこと、NHKのニュースで、Win98とMeのサポートが切れるって話がニュースになってた
はて、それって何か重大で深刻なニュースなのかね?
で、なぜか街頭インタビューまでしていた
「びっくりです。なんでそうなるんでしょう」
「ひどいですよね、もうサポートしてくれないなんて」

えーと、インタビューされた人たち、何が問題なのか本当に分かってるのかね
別に「使ってはだめ」になるわけじゃないんだけど

まぁこの件に関して正直な感想を言うのなら、ようは「このまま買い替え需要が無いと、金が入ってこなくなるから、さっさと買い替えろや、ごるぁ」というマイクロソフトの陰謀に他ならないわけで、そう言った意味では「ひどいですよね」という指摘はもっとも

しかし「ま、そんならリスク承知で使えば?」と開き直ってしまえるのがこの世界だ
もっと言うなら、98やMeに残っているセキュリティホールをきっちり理解したうえで、それにひっかからにように石橋を叩いて叩きすぎるくらいにしてパソコンを使ってりゃいい。ウィルス対策ソフトで多少は穴埋めできるしさ
そんなこといったら、こちとらWin2000捨てる気ありませんしね。サポート期限についてちらほら言及されつつあるけど、知ったことかっつの。こんないいOSから乗り換えなんて、とんでもない

真面目な話をするなら
どう転んでも完璧なものは作れない。OSとてその宿命から逃れられない
修正しても修正しても穴が出るし、時間が経つと当時の作りに「食い込ませることができない」修正すべき問題も出てくる
このような状況は、技術者にとって苦痛になるのは自分がよく知っている
そういった越えられない壁は、結局リセットするしかないわけだ

ま、マイクロソフトが理不尽なのは今に始まったことじゃないのですよ、世間一般の皆様
これでVistaがすげーいいOSだったら文句無し、買い替えようじゃありませんか?
糞である可能性もすげーあるけどねw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/11

[ネット接続不安定事件]犯人はお前だ!

このところ、ネット接続が不安定だった
というのも新しいノートン先生をインストールしてからだ
うちは無線接続なのだが、それをNECのサテライトマネージャー(Aterm子機コントローラ)がちゃんと起動しない
とはいえネットは繋がっているので、単にサテライトマネージャーが状況を把握できてないだけのようだ
困ったな、ノートン先生、勘弁してくださいよ
うちは事情があって有線にはできないのだよ・・・

が、ふと電話をかけにいって気づいた
光モデムのVDSLランプが不安定・・・なんかついたり消えたりしてる・・・

こっちかよ
ノートン先生ゴメンナサイ

でも頼むからサテライトマネージャーは安定動作せてください(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/06

怒るのは面倒くさい

前にも別の場所で書いたエントリだけど、思うところがあって加筆をしてアップする

私はもう随分、怒るということをしなくなった。つーか怒るのって面倒くさい
本人が怒っているつもりだとしても、端から見ると「呆れている」のに近いわけで
もし相手の行動に理不尽を感じたりすることはあっても、声を上げて騒いだりすることが無い
そういう行為は時間と労力の無駄だと思うからだ
喧嘩をすることよりも、まずはすっとその気持ちを飲み込んで、とりあえずは相手と話をした方が建設的ではなかろうか
だいたい、喧嘩腰にモノを伝えれば、たいてい正常には相手に理解されないものである
怒られる側にとっては怒る側の気持ちは理不尽な物なだけだから

だから愚痴が出やすいのだけどね
本心では怒りたいと思っているのだろうけど、こういった思考抑止がかかってしまうせいで、全部口から出ちゃうのかも
どっちがイイというわけでもないが・・・

まぁ、母親がとてもヒステリーなので、「あんな風にはなりたくない」という気持ちが強いのも事実
父親が人の話を聞かない人なので、「ああはなりたくない」というのも事実
反面教師とはよく言ったもので

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無い物ねだり

怒られたり叱られたり
そういうことは良くあることだ
もしも叱られている内容で、「そんなことない」と思ったり「言われなくてもやってるよ」と思ったりしても、怒られるからには自分が何かいけないのだろうだと考えて、反論をすることはない
そのまま受け止めて、2~3日はずーんっと落ち込んでしまう

ところが逆に誉められると、嬉しいどころか疑心暗鬼になってしまう

普通、人から誉められたら嬉しいし、頑張ろうと思うんだろうけど、けれども私は、どうしてもそれを素直に受け止めることができない
おだてられているだとかお世辞でしかないと思ってしまう
卑屈だと思うのだが、誉められたときの言葉を素直に取ろうとすると
「バカじゃないのか?誰もそんな風に思ってやしないよ」
という自分からのツッコミが入ってしまう

それでも、自分に良いところはないか、良いところがあると言ってもらいたいし感じてもらいたい
けれど、そんなことを聞くのは「そんなに自分に注目してもらいたいわけ?」と言われそうでできない(実際言われたことがあるし)

ようは無い物ねだりなのかもしれない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/03

ニンテンドーDSが欲しい

今、我が家には全くコンシューマーゲーム機が無い
以前はプレステやGBぐらいはあったのだが、全て売り払ってしまった
今じゃPCでさえ全くゲームをやらない始末
ゲームかける時間やお金が無くなってしまったし、面白いゲーム自体無くなってしまったし・・・
はまっていたゲームの続編が出る度に、内容がグダグダになって嫌気がさしてしまったのである

が、そこにきてFF、しかも"3"のリメイク版発売日決定である。プラットフォームはニンテンドーDS(Lite)ときたもんだ
リメイク版は『クソゲー』に化ける可能性が多々あるのだが、でもやっぱりFF3はやりたい
今までロマサガやDQがどれほどリメイクされようと手を出さなかったのだが、やっぱり自分の中では別格なのだろう
なにせ、歴代のFFの中でも最もやり込んだのが"3"だった
(DQもやっぱり3作目が最高傑作だと感じる)
タマネギ剣士を一生懸命育てたっけか。全部のジョブを制覇するまで必死でやっていたしょっぱい思い出が・・・

ということは、DSをなんとしても入手しなければならないじゃないか
しかし、前のエントリに書いたとおり金を使いすぎていて、DSの抽選販売に参加する余裕もないよ
(この間勤務先のヨーカドーに、数台入荷して直販してたんだけど、手が出せなかった・・・)
仕方ないので、懸賞サイトでぺそぺそプレゼント応募に励む自分・・・(苦笑)
どうか当たりますように(ぉ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/01

買い物依存症?

なんかね、どう考えてもこのところの浪費、意識の変化と言うより現実逃避のような気がしてきた

私から役目を引き継いだ若い教室長と、後から入ってきた熟練の元OLさんとの人間関係が一触即発の状態になってしまった
その前からぎくしゃくとはしていたのだが・・・
ようは、若いながらも現場叩き上げ&勢いで仕事をする娘っこと、厳しい社会を乗り越えてきてきっちりとした仕事を目指す大人の戦いなわけだが

後継者がちゃんと「筋に沿った」仕事をできないのは、結局のところ教育係だった自分が悪いのだ
だから責められるべきなのは私であって、娘っこの方ではない
そのようにお話しして、納得できないことがあったときは私にも問題を振ってくれと申し上げたのだが、肩書きのある人間なのに、なぜ私という迂回路を通って話をしなければならないんだ、とおっしゃって引き下がらない
元OLさんは、(本人としては不本意ながら)そういう筋の通ってない状態でありながら、「その場の状態で」作業を行う娘っこが気にくわないらしい
ただね、そのために騒ぎ立てたり大声を上げたりするのはどうかと思うし、娘っこだけ目の敵にするのは・・・
さらにその勢いで、他の教室の教室長さんにまで声を荒げるという暴挙を犯し、私の背筋は寒くなりっぱなしだ

こんな状況であるのに、お給料の問題でさらなるいざこざが起こってしまった
もうお互い勢い止まらない
訴えるだのなんだの言い出しちゃってるし・・・

年下と年上、そのまま立場が逆だったらもう少し状況も良かったんだろうけど
上長も巻き込んでの一大騒動に発展の予感
明日は嵐が吹き荒れるのが確実
憂鬱だなぁと思いつつヨドバシカメラに行って、あっけなく衝動買いをしている自分

この瞬間に気づいた。自分、プチ買い物依存症なのかも知れない orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »