« Excelのセル連結 | トップページ | バージョン違い »

2006/10/02

モニタと紙とプリンタと

お客さんでも上司でも同僚でも家族でも、パソコン上で作った文書やWebページをなんとかA4用紙に納めようと頑張り、それができないと半ギレすることが多い
しかし言っちゃあなんなんだけど、なんでそんなに血眼になって頑張るのか理解できない
昔のように、一人に一台のパソコンが配布できることが困難な時代なら分かるが、とりあえず空いている台があればそこでファイル開いて見れるじゃん?さらに言うなら、14インチやそこらの小さいモニタじゃないんだから、そこそこ拡大すりゃ内容見えるだろうに。なんのためにパソコンモニタが進化&コストダウンしてきたんだと思ってるのやら
特にPowerPointの文書を必死で印刷するのと、Webページの印刷で端が切れるのが納得行かずに頑張るのは、何かが間違っていると思う。だってありゃぁ印刷するためのものじゃぁないだろ(言い過ぎだけど)


よくある質問が、Excelシートを印刷してみたら
「幅を調整したはずのセルのデータがちゃんと印刷されない」
「印刷プレビューでA41枚にきっちり納めたのに、2枚に分かれてしまった」

と言う奴です
慣れている人には当然なのだが、Excelの印刷プレビューでの表示が嘘八百なのは有名である
大抵、1ミリから5ミリくらい幅や高さで誤差があって、画面上の見た目を良くするためにきっちり揃えると逆に泣きを見るんである
だから昔は、Excelの印刷を正確に行うためのフリーソフトなんていうのが、堂々と人気ランキングに顔を覗かせていたものだ
マイクロソフトも多少懲りたのが、Excel Viewerなんてものをリリースしていて、こちらはまだマシな印刷ができるようになっている。といっても、所詮Excelなんだけど
まぁ、PhotoShopで編集した写真を印刷するだとか、WordでPOP作って張り出すだとか、そう言うのは全く持って正しい使い方なんですが
こういう風潮だから、Windows XP TabletEditionは流行らなかったのかもなぁ、などと考えたりもする
するってぇと、結局オフィスから『紙』が無くなることはきっと永遠にないのだろう
環境保全などと言う言葉は結局の所形だけで、これからもずっとずっと『紙』の質や『コスト』に頭を悩ませるんだろうな

|

« Excelのセル連結 | トップページ | バージョン違い »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

えっと~、ひとつ突っ込ませてもらうと
Excel Viewerは「正確に印刷する」ためのものではありません。
Excelから編集機能を取っ払ってExcelがインストールされていないPCでもエクセルファイルを表示、印字できるようにするためのものです。ま、Acrobat Readerみたいなものと思えばいいでしょう。

編集機能がないだけなので印刷するとやっぱり変になります。もっとも、最新版はどうなっているのか知りませんが。

投稿: ぬるぽ星人 | 2006/10/11 00:13

へい、おっしゃることはごもっともなんですが
実はExcel Viewerは印刷においては本体よりは(ほんのちょっと)優秀でした。Office98版は
これを自分で使っていたから言うんですが

つーか、Office98版で初めてExcel Viewerがリリースされたとき、本家Microsoftのオフィシャルなサイトで
「印刷が綺麗にできます」
っていうのがウリで載ってたんです

まあもちろん、本体が阿呆なので、綺麗にできると言ってもたかが知れてるんですが

投稿: あるす | 2006/10/11 23:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78857/12117694

この記事へのトラックバック一覧です: モニタと紙とプリンタと:

« Excelのセル連結 | トップページ | バージョン違い »