« ミイラ取りがミイラ | トップページ | 母上と掲示板 »

2006/11/25

京都日帰り旅行 in 2006晩秋

またも急に、日帰り弾丸京都ツアーを決行することになりました
さらに、今回もツレの思い付きによる発案のため、思いっきり先が思いやられるが、この際仕方あるまい

まず困ったのは新幹線の切符
なんせ1日前に急に決まったもんだから、ネット予約じゃ遅すぎるかもしれない。好きな席を取るのも大変そうだが、こればっかりは運任せ
地元の駅の緑の窓口で買うことにしたのだが、こんな時に限って馬鹿政治家がビラ配りしてやがって、駅員さんとのコミュニケーションとれんかったわ(でも禁煙席を取れたのはまさに運がよかった)

さてさて今回も例によってネタをメモしたいわけだが
だからと言って買ったばかりのLet's note君は持って行かないよ。なんせ今回はW-ZERO3というつよーい味方が居るからな

本日のお弁当は、横濱チャーハンをチョイスしてみました
冷めても美味しかったチャーハンと、あいかわからずうまいタケノコの煮つけ、焼売にトリカラという内容で、乗車して速攻で食べてしまったw
満腹
2006112501

特に連休と言うわけでもないのに、新幹線ホームは人がいっぱい。ごっそり荷物を抱えて旅行に行く人が目立つ
こうしてみると、日本って本当に不景気なのか?と疑問を抱くな。弁当なんかも飛ぶように売れてるし
バブルみたいな時代を妄想しているとしたら、そりゃ無理ってもんだ
美しく雪をかぶった富士山を横目に関東脱出
その後名古屋をすぎてまでゲームをやってたのはこの際内緒w

途中連れにメールをするため(自分では)初の新幹線高速巡航中メール送信
ちょうど街中でもなんでも無い、田んぼのど真ん中だったのだが、しかし、そつ無くこなすW-ZERO3、ウィルコム最強

さて、京都に到着してみると
むちゃくちゃ人がおる
なんでこんな、歩くのもままならないほど人おんねん
JR京都駅からなんとか脱出したが、今度は目的地へ行くバスもえらい行列になっていた
紅葉の季節だからか?京都パワーおそるべし
帰りの新幹線が不安なので、先にツレに切符を買ってもらう


本日の目的地としてチョイスしされたのは大原(三千院)。バスで1時間ほどかかるところで、しかもずっと立ちっぱなし。着いたら着いたでまた人の山
(山門の前の風景)
2006112502
ほんまどこまで人おるねん
コマーシャルで言うような、静かで心落ち着く風景なんぞありゃせんわ
確かにお寺の中の光景は美しく、紅葉も結構進んでいてよかったんだが…
2006112503
人混みを避けたお休み所でいただいたシソ茶
金粉入りで、お不動様のお祓い付という、ありがたい一品でした
あ、あとお寺の方の仏像講話はなかなかおもろかった
2006112504

こんな殺伐とした人混みを尻目に、三千院にたどり着くまでの道の途中で寝ていた猫さん。縫いぐるみの類ではありません、生です。気持ちよさそうに日向ぼっこしてました
2006112505

さて、この大原と言う場所はシソが有名なんである
だから当然、お土産もシソだらけ
しかし、その中で異彩を放つものがあった

まずこれ。お漬物蔵だし、3つで1,000円と言うのも安いが、キュウリアイスなる…ようはキュウリの浅漬け一本ものなんだけど…が妙な人気を博していた。自分は食べられないので遠慮したが、買った人たちの話を小耳に挟んだ感じでは、なかなかオツらしい
2006112506
2006112507
あとはこのお店。なんとポン酢やうどんつゆ、ドレッシング類を多数扱っている、という一見おみやげ屋さんとは思えないラインナップであるが、店頭での試食が人気を博して大混雑。自分もゆずポンを買ってみました
2006112508

で、そのまま祇園にとって返して市内観光
ここもまた、ものすごい混雑と渋滞
結局思うように行動できず…
まぁ、祇園の街屋敷を探索したりはしたんだが

で、最後に三十三間堂でも見て帰るか、と思ったら
もうしまってたorz
2006112509

仕方ないのでそのままぷらぷら、京都駅まで散歩がてら歩いて戻って

最後の最後で新幹線の時間が迫ってしまい、みやげの購入もそこそこに(そしてまた選択をミスり)、神奈川へ向かって出発

近いうちに、2泊3日くらいでのんびり行きたいなぁ

|

« ミイラ取りがミイラ | トップページ | 母上と掲示板 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都日帰り旅行 in 2006晩秋:

» 多賀少年野球 [多賀少年野球]
多賀少年野球 [続きを読む]

受信: 2007/06/04 13:46

« ミイラ取りがミイラ | トップページ | 母上と掲示板 »