« 母上と掲示板 | トップページ | サービスアシスタントの怪 »

2006/11/30

Let's noteでWindowsVistaを動かす

買ったばかりのLet's note君に、WindowsVistaを入れ動作実験を行うことにした
というより、ぶっちゃけこれが目的でLet's noteを買ったと言っても過言ではない
(もちろん、将来的にはちゃんとアップグレードクーポンを使って、本当のVista搭載機にするのも目的なのであるが)

方法は、VirtualPC2004の仮想環境を使用する(Let's note用のVistaドライバが無くても、仮想環境で動かせるため)
もちろんそれなら、Windows2000の自作デスクトップに入れても全然良いのだが、自分だけVistaをいじれてもしょうがない、と言うのが最たる理由で、Let's noteを実験台にするのである

まず、Let's noteのHDDは初期設定で120GBがワンパーティションなので(おいおいと思うのだが)、これを3パーティションに分割して実験領域を作成
2006112801

続いてDドライブにVirtualPC2004をインストール後、その仮想環境にWindowsVistaRC1を投入する作業に(VirtualPC2004のインストール及び設定方法については、こちらのサイトが詳しいので参考にしてください)
メインパーティションに影響を与えたくないので、VistaはEドライブにインストールすることにする
ここで注意しなければならないのは、Vistaのインストーラは(仮想)メモリが512MB無いと自動で停止してしまうこと。VirtualPC2004の初期仮想メモリは128MBなので、初期状態で微調整が必要である
この後、インストール作業にものすごい時間がかかる。裏のXPはほぼ『居るだけ』の状態にしてあるので、特に目立った作業をさせているわけではないのだが
・・・まぁよく考えなくても、所詮仮想PC上なので、どんなにベースが良くてもたかが知れているわけだ
結局インストール終了までにおおよそ3時間かかってしまった
ちなみに、Vistaそのもののライセンス認証は、ローカル有線LANなら仮想環境からでも使えるため、ネット経由で簡単にできる(無線はダメっぽい)

インストール終了後の起動方法も至って簡単である
VirtualPC2004の画面で起動したいバーチャルOSを選択した後、「起動」ボタンをクリックするだけ
その後仮想BIOSが動き出した後、ログイン画面に到達、PW入力後デスクトップが出るという具合
2006112804
ログオン画面が起動するまでおおよそ2分40秒
2006112806
ログオンしてからデスクトップ表示後、落ち着くまでにもほぼ3分弱がかかっている。仮想とはいえ、実際の物理メモリが512MBの場合も、同様の"重さ"を感じる可能性は充分にある
Vista起動後のLet's noteの画面
XP側の壁紙が趣味丸出しなのはこの際無視してw
こうしてみると、(Vista側の解像度が低いことを考えても)画面の見やすさという部分では格段の進歩を遂げていることがおわかりいただけるだろう。特にフォントについてはかなり綺麗で、とても目に優しくなっている
2006112805
もっとわかりやすく、Yahoo!のトップページをXPのIE7(手前)とVistaのIE7(奥)で表示・比較して見た図
大まかには変らないが、フォントが「柔らかい」感じになっているだけで、これだけ印象が違うものかと実感する
2006112807

その他軽く操作をしてみるが、Vista側はクリック>反応有りまで2秒ほどブランクがあり、使いやすいとは言い難い状態であるが、Vistaそのものの雰囲気を伝えるだけならこれでも充分かと思われる
ちなみに、XP側のほうはそこそこ軽く動作させられる状態を維持しており、メッセンジャーのやり取りやエクスプローラでのファイル捜索くらいなら問題なく作業させられる
ただし、ものすごくLet's note自体が熱くなるので、そのようなことはなるべくはさせたくないんだが
さて、ここでベンチマークソフトを使って性能比較をしてみる
HDBENCHでは上手く性能情報を取れなかったため、CrystalMark09R2を使用する
まずXP起動直後。システム情報はこんなところ
2006112814
2006112809
結果表示はこちら。ノートPCとしては優秀かと思われる
2006112810
Vistaでの性能調査。視覚効果は初期状態のままにしてある
システム情報は、OS以外はXPと同様のものが取れていることが分かる(ただし、グラフィックについてはS3のTrioに統一される)
2006112811
2006112812
結果表示はこちら。おおよそ40%のパワーダウン。GDI(グラフィックス)関係がおかしいのは、ビデオの設定がXPと違うので仕方ないが、整数演算等も軒並み低い結果である。仮想メモリを増やせたら、もっと軽快に動くんだろうなぁ・・・
2006112813

さらに無謀なことに、ここにOffice2007の試用版まで入れてみる
・・・が、インストールファイルをCD-ROMから展開するだけで、軽く1時間以上かかる
操作となるとなおのこと、マトモに文字を打つことさえままならない。キーを打ってから画面に文字が出るのに2,3秒かかってしまい、フォントの変更はほぼ不可能(固まってしまう)
仮想メモリをもう少し増やせば何とかなるのかも知れないが、XP側に与える影響を考えると操作テストは危険と判断し、行わないことにする

もはや「動いているVista」を見学することぐらいしかできない状態であり、まともな実験機とは言い難いのだが、それでも仮にも"実機"を用意できただけ、自分としては進歩だ・・・もう少し軽快にテストできる環境を模索したいところである

とりあえず、酷使しすぎてLet's noteが死なないようにだけ注意しなければ

|

« 母上と掲示板 | トップページ | サービスアシスタントの怪 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

ふつうにマルチブート艦橋を構築したほうがよかったのでは?

投稿: 猫 | 2006/12/01 07:01

猫どの
それを言っちゃあお終いよ、と言うツッコミをありがとうございます

いや、単に
まだパナソニック公認のドライバが出てるわけじゃないんで、無理矢理入れてLet's noteが動かなくなったら嫌だったんですよ

え?
そこを特攻するのがへたれプログラマだろうって?
ハッハッッハ、私は何も聞こえない

投稿: あるす | 2006/12/01 21:59

没有問題。
ダメになったらXPをリカバリするアルよ。

どうせ、OSそのものが欠陥品なんだから。
ケンチャナヨ!

投稿: 猫 | 2006/12/01 22:16

猫どの

いちおー仕事で使うんで、そう簡単にぶっ壊したり直したりっていう風にはいかないんですわ

投稿: あるす | 2006/12/02 11:35

>いちおー仕事で使うんで、そう簡単にぶっ壊したり直したりっていう風にはいかないんですわ

なぁに、かえって耐性がつくというものだ。

投稿: ぬるぽ星人 | 2006/12/04 22:55

ぬるぽ星人どの

そんなことに耐性付きたくないわ
だいたいこうしてパソコンをいじり始めてから、いったい何台壊してきた事やら
小一時間かけて語ってやろうか(苦笑)

投稿: あるす | 2006/12/08 00:04

壊れたらバックアップから復旧させればいい

復旧もだめならリカバリーすればいい

リカバリーもだめなら…
新しいのを買えばいいwwww

投稿: ぬるぽ星人 | 2006/12/10 23:52

>リカバリーもだめなら…
>新しいのを買えばいいwwww

頭金も払ってないパソコンに対してそれかよ

投稿: あるす | 2006/12/12 21:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78857/12874316

この記事へのトラックバック一覧です: Let's noteでWindowsVistaを動かす:

« 母上と掲示板 | トップページ | サービスアシスタントの怪 »