« 気分転換 | トップページ | 母上と年賀状ソフト »

2006/11/07

技術屋は営業ができないものなのか

上長に
「教室の生徒さんを対象に、Windows Vistaの導入を行う『メリット』を講習できないか」
ともちかけられた
あー、いいっすよ~、などと二つ返事で引き受けたものの
冷静になって考えてみたら、『全く新しく』パソコンを買う人にとって、そこに乗っているWindowsがどんな種類だろうが、覚えて使えればそれでいいのであって、だとしたらXPだろうがVistaだろうが関係ないんである
自分から見てVistaっていうのは、今まで何らかの形でWindowsに関わってきた人にとっての新品、という気がするんである
ちらほらと、何らかの目新しい機能が入ってきているので、中にはそれについてほほぉ~となる人もいるかも知れない、ということだ


これが冷蔵庫や電子レンジだったら話が早いんだ
あの機能が付きました>わー、便利
こんなにコンパクトになりました>置き場所に困らないねー
ってな感じで
家電を制御しているマイコン上のプログラムと違って、OSは所詮パソコンを構成する部品を統括するものでしかない。主役ではなくて本来は縁の下の力持ちであるべきなのだが・・・
だいたい、パソコンのハードウェア部分に投資する場合というのは、大概は何かしら"重い"アプリケーションを動かすことが目的だ。その"重い"アプリケーションがたまたま、とあるWindowsのバージョンじゃないと安心して動かせない、っていうのなら話は分かるんだが
うーん・・・要するに、どれほどいいOSが出ようとも、その環境で望みのアプリケーションが動作しないのであれば、誰も見向きはしない(実際、Windows NTや初期のWindows 2000はそういう傾向にあったし)・・・つまるところ、アプリケーションのためのOSやハードウェアであって、じゃぁ今のVistaに何か目新しいアプリケーションが付随してくるかというと、ほとんどXPからの移行だろうから、どびょーんと目が飛び出るものもないんだなぁ、これが
何が言いたいのか、ハッキリ言葉にできないのだが・・・
MS-DOSからWindowsに移行する時期のような、CUIからGUIへインターフェイスが変るっていう時ならともかく、今更新しいWindowsが出ようが出まいが、だから画期的に世界が変るってわけじゃない・・・ってことなんだけど

しかし、それでは営業にならない・・・わけで(爆)
来週、"the Microsoft Conference 2006"行って勉強してきます

|

« 気分転換 | トップページ | 母上と年賀状ソフト »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

Vistaはウリの機能であったはずのWinFSがなくなりましたからねぇ・・・
それ以外だと、そうだなぁ・・・
より高機能なPCを要求するとか、種類が増えて何が何だかわかりにくくなったとか、ものすごく高くなったとか・・・

あれ・・・?
いいところが・・・

投稿: ぬるぽ星人 | 2006/11/09 01:04

難しいですね。
OSは、本来ユーザーが難しいコマンドを使わなくても
快適にオペレーションが出来るシステムだと思うんです。

しかし、今ではユーザーに厳しいですよね…
スペックが足りないとか…ってのは、本末転倒のような気がするんですけどね

OSを快適に使用するために、PCを買い換えるって??
何か間違ってますよね。

投稿: なお | 2006/11/09 16:32

ぬるぽ星人さま
>あれ・・・?
>いいところが・・・
そうです、アピールポイントがないんですよ
とういうか、WinFSに関してですら、素人さんには何がいいんだかきっと理解しづらいでしょう

なおさま
>OSを快適に使用するために、PCを買い換えるって??
>何か間違ってますよね。
お初でございますね
おっしゃるとおり、OSとはPCを快適に動かすべき物で、つまるところ本末転倒なんです
いったいどこで事の本質を見失ったのでしょう?マイクロソフトは

世間の一部では、Linuxに乗り換える人が、静かに増えているそうです
まぁ、そりゃそうだなという気もします・・・

投稿: あるす | 2006/11/09 22:43

元々はテキストベースが主流だったのをより直感的に使えるようにと開発されたのがGUIだったと思います。
最初の頃はテキストが主だったところにいきなりカラフルな画像を用いたインターフェースが出てきたので、ハード的な要求が高度になっていったというのも理解できるのですが、最近ではほとんど見た目や機能がほとんど変わらないのにより高度なハードウェアを要求されるようになって来ています。
ゲームなんかだとまだわからなくもないのですが、通常使用においてOSをアップグレードすると同じ事をするのにも遅くなり、また、古いOSを使い続けていると使用ソフトのサポートがなくなったりでOSのアップグレードを余儀なくされる、という場面がしばしばあります。

そこで最近思うのが、新しいハードウェアを売るための新しいOSなのかな、と。

一般の人なんかにはWindows95~XPの差なんてほとんど理解できないでしょうね。

投稿: ぬるぽ星人 | 2006/11/10 00:35

>一般の人なんかにはWindows95~XPの差なんてほとんど理解できないでしょうね。

そうだと思います
つい最近あった話ですが、最初にWindowsXPの画面を見せて「ご自宅のPCの画面はこれと同じですか?」ってしつこく確認したにもかかわらず、通って1年目にして実はWindowsMeだったことが判明した、というのが2件あったくらいですから・・・

投稿: あるす | 2006/11/11 00:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78857/12598789

この記事へのトラックバック一覧です: 技術屋は営業ができないものなのか:

« 気分転換 | トップページ | 母上と年賀状ソフト »