« 止まらない世の中 | トップページ | 街にVistaがやってきた »

2007/01/26

自作の峰に果ては無し

やっと喉の調子が直ってきましたが、体調は以前下降気味
喉を守るために栄養剤を止めたり、食べるものを変えたりしたので、体がおかしくなってるのかも・・・といいつつ
Vistaの用意はしなきゃいけないんですよ。なんせもうあと一週間切ってますからね


前回の記事で書いた組み立てパソコンは、特に問題なくVista Ultimate(RC1)が動きまして
基本スペックとしては
CPU:Core2 Duo E6300
マザー:Intel 945GチップセットのマイクロATX(メーカーはマイナーなとこ)
メモリ:PC4300の512MB*2
HDD:SerialATA、250GB

というようなかんじで、突出してるところは特になし
特にはないといっても、オンボードグラフィックでちゃんとAeroグラスが働いているし、Windows フリップ3Dもさくさく動いてコマ落ち無しなので、テスト機としては上々なんじゃないか・・・という判断に落ち着き、改めて法人として大量発注することとなった
ま、もちろんこの場合は、所々の部品についてはメーカーの指定なんかもさせてもらっているわけだが

で、今回のこの自作・BTO・キットパソコンの氾濫のせいで
一部の上司が自作づいてしまった(苦笑)
パーツの本を買ったり、アキバのパーツやのWebサイトを漁ったりして、自分なりに見繕って予算を考えたり何かもしてて
こっちとしては生暖かい目で見守っていたかっただが、ついに我慢できなくなった上司の要望に応え、友人の古いパーツを買い上げて1台仕立てちゃったりもして(それも仕事としてw)
(余談ながら、この1台が結構いい仕上がりで、Vistaのスコア"4"をマークする高性能)

なんにせよ自作って言うのは楽なんですよ
自分で「自覚して」組み立てて、ダメなら「そこだけ取り替えて」、いつか飽きたら「組み替える」という事ができる、とても高級なプラモデル(もしくはガレージキット)なワケだからね
一度自作に慣れてしまうと、デスクトップであればよっぽどのことがない限りメーカーものには戻れませんね
ノートPCはどうしても、まだキット自体が格好悪かったり、組み合わせに難があったりでメーカーものに軍配が上がるが・・・

つっても、自作は山登りにも似ていて
誰でも登れるけれど、上手く登れるか、登り切れるか、降りてこれるかは人それぞれ
本当に「上手く登って降りてくる」には、何度も「遭難」してこいってなスパルタな対応をされる世界なので・・・
人を選ぶんだよね、正直なところ(もちろん自分がお世辞にも「向いている」とは言えないが)
うっかり目の前で部品を見せすぎたかな?などと今更後悔

|

« 止まらない世の中 | トップページ | 街にVistaがやってきた »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78857/13660181

この記事へのトラックバック一覧です: 自作の峰に果ては無し:

« 止まらない世の中 | トップページ | 街にVistaがやってきた »