« 会社の金で 自作 | トップページ | 自作の峰に果ては無し »

2007/01/21

止まらない世の中

ドック・タイムと言われる今の世の中
あらゆる情報が常時流れ続け、気の休まる暇もない(それが良いか悪いかはこの際別の問題)

時間の経過の感覚が薄れ、季節感も旬も希薄になり、年月がただの記号になっていく
寒くなっても熱くなっても、それに情緒を感じることが少なくなってきた

年中無休・24時間営業という文字を見るに付け、なんでそこまでやるんだろう?とつくづく思う
確かに便利は便利なのかも知れないが、こういう生活が続くと、いつしか生活にメリハリが無くなっていく
いつ始まったのか曖昧な始業、終わりの実感のない終業
ただ回ってくるだけの休日、休みらしい休みといえず、また何となく働きに出かける休み明け

かつて夜も更ければ大部分の人々は、誰に言われるでもなく家に帰って休息を取った
週末が近づけば、休みの前のために仕事のペースを上げ、休みの時はきっちり休みのために生活した
季節の変わり目ごとにイベントがあり、そのために生活のパターンを変えて時間の流れに身を浸したものだ

今のように「切れ目」のない世の中になってから、世間全般がおかしくなったような気がする
きっと心身ともに休まる暇を誰も持てないから、疲れ切って精神がおかしくなってしまうのだろうな

|

« 会社の金で 自作 | トップページ | 自作の峰に果ては無し »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おじゃまします
わかるような気がします。切れ目のない生活。

季節感が薄れ、24時間営業の店が増え欲しいものは簡単に手に入る、非常識な考えをもつ人々、平気で人を殺してしまう・・・

こんな世の中に誰がした! 

先日わら納豆を見かけて、こんな時代もあったなと思いました。

投稿: おまめ | 2007/01/24 02:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78857/13608785

この記事へのトラックバック一覧です: 止まらない世の中:

« 会社の金で 自作 | トップページ | 自作の峰に果ては無し »