« GeForce7300GT ドナドナ | トップページ | コーヒー »

2007/03/22

人間に追いつけない?IME2007


最近はIME2007も、だいぶあるすの癖をいろいろ覚えてきて、それなりに使い慣れた言葉を表示してくれるようになったのだが、やっぱりイマイチ
予測変換としてはまったく使えず、過去履歴としてもほとんど役目を果たさないからである
それというのも変な話、あるすの入力スピードが速すぎるせい・・・なのではないかと思う
何故そう思うのかというと、何度やっても変換履歴の出る方が遅くなってしまうのだ


仕事の関係でたまたま、『漢字仮名交じりの文章を5分間で何文字打てるかタイピングテスト』をやらされたのだが、その結果が5分/700文字(もちろん誤打も変換キーのタイプも入っているから、実質はこの倍以上キータイプしてるはず)
変換結果語の文字数で考えると、おおよそ1分で140字、1秒に付き2文字は打っている計算になる
ちなみに、これでも昔に比べるとだいぶスピードダウンしているのだが、教室のスタッフにはバケモノ扱いされている・・・
といってもATOKで入力している場合、変換候補の出るタイミングはかなり絶妙である
言葉で表すのはとても難しいのだが・・・例えば、この記事に大量に出てくる『変換』という字を候補で表すタイミングが、ひらがなでへんかんと打ち終わった瞬間に出てくるので、その変換をTabで確定するのが間に合う
しかしIME2007で同じ事をする場合、ひらがなでへんかんと打ち終わり、続けて打つ単語の頭文字を打っているときに履歴が一瞬ふわっと出て消えてしまう(別の文字を打ったため、候補表示に値しなくなるようだ)。たまに、腱鞘炎になりそうだな~・・・と思って、いつもの1/2くらいのスピードで入力しているときは、履歴表示の方が先に出てくるのだが、ノリにのっているときは全然間に合わない・・・
例えATOKを動かしている方がデスクトップ(と言ってもAthlonXP+1GB)であり、IME2007を動かしているのがノート(それでもまがりなりにもCore Duo+1GB)だとしても、この差は何とも納得しがたい

『文章を(頭で)読み上げてから打ち込む』ではなく、『文章を頭で考えた瞬間には指が動いている』タイプの人間には、機械の先読みは全然追いつかない、と言うことに尽きるのだろうか・・・?

|

« GeForce7300GT ドナドナ | トップページ | コーヒー »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78857/14354418

この記事へのトラックバック一覧です: 人間に追いつけない?IME2007:

« GeForce7300GT ドナドナ | トップページ | コーヒー »