« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007/04/29

月は見ていた

千葉に出張した帰り
大したことはしてないが、このところのゴタゴタで体も心もガッタガタ
激しく疲れて思わずグリーン車に乗り込む
GW頭の日曜日とあって、車内は閑散としていてのんびりするのにちょうどいい

椅子に座り込んで背もたれを倒すと、見上げた窓から月が見えた
満月も間近な宵の月
太陽の光を反射して爛々と輝くその姿に、癒されるとはいかないまでも少し和む
やがて電車は動き出したが、月はじっと天に居座っている
千葉を出て東京を抜け、神奈川に入っても
同じところから月はこちらを見ていた
人間にとっては大移動でも、38万4400kmの彼方からは蟻の一歩にも満たないとういことか
思えば月はもう何億年も前から、そんな遠くから地上を見下ろしていたのだよな

ああ、天空からそうして延々と地上を照らしている君にしてみれば、人間が必死で歴史を紡ぐことも、こうして自分が疲れ切っていることも、きっと本当になんでもないことなんだろう
そんな下らないことでも、まぁ人間にとっては一大事なんだけどね

答えが返ってくるはずもない言葉を天空に投げつつ、さてあと数日の勤務をどう乗り越えようか、という小さな悩み事を考えることに戻っていくのだった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/25

たかが されどヘッドフォン

最近はいろいろなヘッドフォンが発売されている
これというのも、iPodを初めとするシリコンオーディオプレイヤーの流行のおかげといえよう
しかし、こういった圧縮音楽を扱うプレイヤーにはいろいろな欠点があるのは、多くの人もご存じのことと思われる
もともとのCD音楽からして、スタジオの原音と比べて音が落ちているのに、MP3などに圧縮すれば余計に音データが切られて音質が悪くなる
加えて、プレイヤーを小型化するとアンプが貧弱にならざるを得ないため、どうしても迫力あるサウンドを再現することが難しい

ヘッドフォンが重視されるのはこのためで、要するに再生する側(音が出るところ)を良くすれば、まぁある程度は音質の低下をカバーできるんじゃないのか、と言う発想なわけである
数万もするヘッドフォンが馬鹿売れする状況を見ると、その発想は案外間違いじゃないということが分かる


といってもあるすはヘッドフォン自体と昔から相性が悪い
いわゆる普通の、耳に平型のヘッドフォンを入れるタイプは、どーも耳の形が良くないらしくてすぐ落ちてしまう
密閉型のヘッドフォンは締め付けられる感じがして頭痛がしてくるし、耳かけ式も似たようなもので耳から痛みがして目にきてしまう
こういう人のためなのか、インナーイヤー型がかなり商品数を増やしていて、ここ数年で一気にメジャーになった感がある
話を戻すと、以前iPodを手に入れたとき
「ま、ヘッドフォンごときそうこだわらなくても、デフォルトの奴じゃなきゃいいでしょ」
と言って、ごくごく普通の奴を買っていた
しかしやはり耳からずり落ちて、お世辞にも快適に利用することはできなかったため、今回思い切ってインナーイヤー型のを買ってみた
そう、理由は耳の穴からずれるから、と言うのだったのだが・・・実際使ってみると
「うお!なんだこれ、全然音が違う!!」
以前のが全く無名のメーカーの物で、今回はVictorのHP-FX33(『マシュマロ』でそこそこメジャーな奴)という明確な差があるのも確かだが、耳の奥で直接音が鳴ることで非常にクリアな音を聞くことができるんである
また、素材が柔らかいために耳への負担も小さく、長時間の音楽鑑賞に充分堪えることができる
この手のヘッドフォンの購入に迷われている方、まじでお薦めですよ
余談
本当はネックストラップ型にしたかったんだけど、そーいやこれから夏が近づいてくると
汗で首周りが大変なことになるんで
泣く泣く止めました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/22

思わぬ怪我

生徒さんの質問にお答えしようと、いつものように膝をついたら妙な痛みが
パンツをめくってみたら、右膝が赤く腫れ上がっていた。一応絆創膏だけ被せておく
今朝見たら、驚いたことに化膿していた。慌てて化膿止めを塗ったが、治るんだろうか

こういうことってあるんだなぁ、と驚き
ある種の職業病なのだろうか
これが病気につながったりしなきゃいいんだけど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/19

観光地の近くとは

なんだかんだ言っても、鎌倉は観光地である
600年近い歴史のある、(実質初の)武家政権発祥の地である
京都に比べればスケールは小さいけれど、歴史ある建物も寺院もある
そのせいかどうか知らないが、若者よりもお年寄りがいっぱいくる場所である

あるすは出勤にしても遊びに行くにしても、ほとんどの場合どうしてもこの鎌倉を通らなければならない
先ほども書いたとおり、お年寄りがとても多い観光地である
というわけなので・・・
朝はと言えば、通勤客に交じって下り電車からお年寄りがたくさん降りてくる
上り電車には昼間の時点で、すでにお帰りモードのお年寄りがたくさん乗ってくる
夕方になると、そりゃもう大勢のお年寄りが大挙して乗ってくる

しかも、杖をついて頑張って寺院巡りをされてきたから、ハイキングコースを歩いてきたお年寄りまでそりゃもう、いろんな方がよっこらせと入ってこられるわけだ
ちなみに、その次の北鎌倉でさらにお年寄りが増えると同時に、その駅にある某高校の生徒も大挙して乗ってきて、お年寄りの肩身の狭そうな姿を目の当たりにすることになる
いやもう、どう考えても若者は席を譲らねばなるまい

ところがである
JR鎌倉駅というのは実は微妙な場所にあり、2駅上りに揺られるとそこは大船駅である
これら鎌倉観光を終えた方々というのは、大抵ここで東海道線の下りに乗って、小田原方面へ行かれるのだ
そうでない方も、その次の戸塚駅で東海道線上りに乗り、一気に横浜・東京へ移動される場合が多い
で、どうなるかというと、席をお譲りしようと声をかけると
「あと2駅(3駅)だから大丈夫ですよ」
と丁重なお返事を頂戴してしまうことがかなーり多かったりする

しかし・・・そういうやり取りを知らない、良識ある大人の方々からの、すんごい痛い視線を浴びつつ数駅過ごすことになることもしばしば
んじゃぁ最初から座らなきゃいいだろ、と言うご意見もあるだろうけど
逗子から突っ立っててもいいことないんだよね
JR逗子駅は一部の電車の始発駅なので、すぐに電車が動かない(5~10分停車する)
そうすると結局座っちゃう
座ったまま鎌倉に到着する
お年寄りを見る
譲ろうとしてお断りされる
・・・もう数年、これを繰り返している。なんか、どうにかならんかね(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/13

PCインストラクターにあるまじき発言

ある日生徒さんから
「パソコンのことが詳しくて、このコンピュータ全盛の時代だとお仕事に困らないでしょう」
と言うお言葉をかけられた
お褒めの言葉をいただいたことは嬉しかったので、鄭重にお礼を述べた上で私はこう返した
「パソコンで何でもできる世の中が、すなわち便利で幸せな世の中かというと、そうでもないと思います
なぜなら、突き詰めて考えてみれば、パソコンが全世界で使われるようになったことで、地球環境の破壊を加速させた部分もあるからです
だいたい、パソコンを動かしているだけで、こんなにも余計な廃熱が出ているじゃないですか?

例えばインターネット通販ですが。確かにどんな遠くのものでも、一瞬で時間を問わずに手に入れる手はずを整えられます。そう言った注文をする場所は実店舗ではありません。単にサーバーという大きなパソコンを置いているだけですから、場所代がほとんどかかりません。そうすると、普通のスーパーなどに比べれば、比較的安く物を手に入れられることも多いでしょう。
けれども、注文を受け付けるためにサーバーは24時間、必ず稼働していなければいけません。
ただでさえ電気を食う機械なのに、その条件を維持するために別系統の電源を増設していることもあり、大変な無駄です。先ほども申し上げたとおり、電気を使えば熱が出るので冷却の空調も24時間動きます。さらに空調からも廃熱が出ますよね
また、遠くに商品を送るという事は、これまた当然のことながら、何らかの宅配業者を使います。宅配業者の使うトラックやバイクの燃料により、二酸化炭素が排出されます。宅配業者に商品を預けるための過剰な包装は、時々目に余ることもありますし、大抵の場合は再利用もされずにゴミになってしまうものです
そもそもパソコンの部品自体、重金属と稀少金属の塊です。下手に廃棄すれば、当然自然環境にダメージを与えますし、部品に使う金属を得るために山を切り崩していることだってあります

また、それだけではなく就業という世界自体にも、大きな影響を与えていると思っています
先ほどの例を取りますと、人員が最低限で済むネット通販ばかりになれば、当然必要とされる人の数自体が減ります。ということは、雇用の絶対数がどんどん少なくなって、失業者が増えるという事です
さらに、何もかもを『安く』扱わなければなりませんが、今の時代に切り詰められるのは人件費だけです。ということは、これらに関わる人々は、ギリギリの賃金で過剰な労働を要求されることが少なくないでしょう。先ほどの宅配業者はまさにそうだと思います。安い通販商品を実現するために、ガソリン代やトレーラーの維持費を削れないとしたら、人の維持費を削るしかないのです

だとするならば、本来的にはパソコンなんぞ使わずに、歩いて行き来できる場所の顔見知りの相手の店に行って、持参した袋に商品を入れて持ち帰る方が、実際には全然安くてお得で、しかも雇用の確保もできるんじゃないでしょうか?

そう考えると、パソコンばかりに詳しい自分は、一体どうなんだろうなと考えることもあるんです
自分は機械の根本の部分の変革について、手も口も出せる立場ではありませんから、そう言った部分に関わる人々が、真の省エネと環境対策に即したコンピュータを開発することと願うしかありません

だから、いつかパソコンが害悪になり、使えなくなる日のことも考えて、何か別なこともできるようにならないと
それが密かな目標でもあるんですよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/08

Vistaのネットワーク問題解決

やっとプリンタの件も解決した
キヤノンとやり取りすること数回。結局あっち側から満足のいく答えを得ることができないまま一ヶ月が経過
これとは全く関係なく、いつもの仕事先で4月4日のWindows緊急パッチを適用したあとに、何気なくその場でテストプリントしたら成功

これじゃ何が何だか分からないので、次の日に他の仕事場でテストをしてみた
まずVistaとXPの状態をチェック。この時点で最新のパッチがあたっていないことを確認
続いてVistaに最新パッチを適用。プリンタを一度アンインストールし、最新ドライバを使ってXPに繋がっているPixus990iを追加。ここまでは前までも上手く行ったんだ・・・テストプリント実行・・・やはりリブートが入ってしまう
今度はXPに最新パッチを適用。その上でもう一度テストプリントを実行したところ・・・印刷成功!
つまり、基本的にこの「印刷できない」問題は、XP側の問題だった可能性が高いわけだ
と言っても、どの修正パッチで改善されているのかは、まだ厳密に調査したわけじゃないんだが(重要な更新の中に、フォント関連の項目もあったにはあったのだけど、それを入れてなくても現象が改善されたので・・・)

ちなみに、自宅の環境でも似たようなことが起きていたのだが、これも少々細工したら改善した
ホストはデスクトップマシンのWin2kで、これにPixus MP500が接続されていて共有設定してある
クライアントはVistaにアップグレードしたLet's noteで、ここからプリンタの追加をして使いたいわけだ
プリンタの追加まではやっぱりほとんど問題なくできるのだけど、このあとテストプリントしようとするとデータ送信失敗が発生し、下手をするとネットワーク全体が落ちていた
仕事場の状況を参考に、Win2kに改めて最新のパッチを適用し、キヤノンから最新のプリンタドライバを取得してインストールする。もちろんVistaも最新パッチを適用しておくのだが、プリンタドライバはOS付属のものでは駄目で、これもキヤノンから最新ドライバを得る必要がある
ただし、Webから得るドライバは実行するとそのままインストーラが起動してしまい、ローカルで繋がっているプリンタを探そうとして失敗してしまう。といってもこの失敗は敢えてする必要があり、こうすることでPCのプリンタドライバが置き換えられる。そのあと、改めてプリンタの追加を行うと正常に印刷できるようになる、というわけ

それにしても、一体何が原因だったのかな?
恐らくVista用の新しいフォントセットが、XPや2000で対応できなかったんだろうけれども・・・
マイクロソフトはもとよりキヤノンはもちろん、ネット上を漁っても似たような症状にあった人に引っかからないんだが
導入の段階で、技術屋として何か致命的に失敗していたのだろうか・・・?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/04/05

GeForce7300GS現る

ようやくGeForce7300GSが届いた
玄人志向のモデルで、ノーマルサイズとロープロファイルに両方対応するタイプ
よっしゃ、と思って早速3校ほどに配布したら、ブラケットがノーマルサイズのままで迷惑をかけてしまうことに
まぁそれ以外は特に問題なく、スリープモードもきちんと動いた
なんだかんだ言っても、オンボードグラフィックに比べれば、鮮明で美しい出力画像になるもんだ

ただ、Vistaのスコアが3.0まで落ちるとは思ってなかった・・・(ちなみに、GeFosce7300GTの時は4.5)
ビデオメモリのスピードが半減するだけで、ここまで評価が落ちるとは夢にも思わなんだ
まぁ所詮付属の評価ソフトだから、細かいところでは何か違うのかも知れないが、一定の評価基準にはなるだろう

何か一般的なベンチソフトで調べておけば良かったかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »