« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007/08/29

需要と供給を考える(1)

勤めているところのIYや市営地下鉄の駅で、刑務所作業品が売りに出されていることがある
実に見事なタンスやテーブルが並べられており、高度な技術指導が成されていることがよく分かる
しかし、ついぞ売れまくっているという話を聞いたことがない
そこそこの値段がする(桐のタンスで数万)から、早々売れるものではないとは思うけれども、たぶん理由はそう言う事じゃないのではないと思う

というのも、ああいった家具類について、日本人自体の需要が変ってしまっていることがあげられる
根本的に住居スペースが小さくなりつつある昨今、フルサイズの桐箪笥を置く余裕がある家庭が果たしてどれだけあるだろうか
4脚立ての大きな樫のテーブルを置くリビングを持つ家なんて限られている
故に、これらを作成できる技能を収監されている人々が得たとしても、それを役立てる場もないと言うことになる
コレでは犯罪者の更生に何ら寄与していないことになりかねない
法務省でこれらの作業所の内容を管轄する人は、そう言った需要と供給のバランスに考えが及ばないのだろうか?
(とあるソースによれば、それでもこういった製品を作る作業よりも、外部の一般企業からの受注発注の方が作業全体では大きいらしいが、それら軽作業を発生させる中小企業のパワーが減衰している以上、外部発注だけに頼るのも危険な状態なのでは無かろうか)

いろいろ問題はあるのかも知れないが
こういった受刑者を、現在壊滅的打撃を受けている日本の農業界再生のために駆り出すことはできないのだろうか
自分たちで土を耕し、自分たちで作った作物を刈り取り、それを食すという生活をしてみれば、自分自身が社会において成す役割の重要性を認識させ、更正に役立てることもできようものではないかと
もちろん年齢の壁や体力の問題があり、全ての受刑者にそれを行わせるのには問題があるだろう
そう言う人たちは軽作業を行うとか、仲間が使う農作業の道具の整備をしたりであるとか、やりようはいくらでもある
作った食物を外部に売れば、食物自給率アップ(僅かだけど)に繋がり、且つ刑務所運営の費用の足しにできる。さらに食料をある程度持久することにもなり、経費節減にも一役買える
うち捨てられた農地が多い中、それらを駐車場と言ったような物に変えるのではなく、農地らしく生かすことができれば少しづつだが日本を替えられるのではないか、などと思うのである

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/26

S-ATAボード増設

S-ATAボードを追加して、システムを全てお古でもらっていたHDDに移しました

と言うのも最近、「システムがないぞゴルァ」と言われることが多くなってしまい、こりゃヤバいと焦ったためである
全く、この間電源を替えたばかりだというのに、HDDまでヤバくなりやがって・・・どうしてこういうシステム更新は、夏に頻発するのかね?

さて、用意したのは玄人志向のSATARAID-PCI。PCI内蔵タイプの、S-ATAの口が二個あるヤツである
別にRAIDは必要ないのだが、後々のことを見越してこちらを購入(つーか藤沢のビックにRAID無しのモデルがなかったんだよ)
取り付け自体には問題はない。現在AGPのグラボとキャプチャボードが中に刺さっているが、それ以外特にPCIの口が埋まっていると言うこともないので、適度な段差をつけて接続
起動後のドライバインストールも大したことはない
RAIDは使わないので、付属CD-ROMから「RAID無しモード」にするBIOS Flashを呼び出して適用すれば、普通のSCSIとしてマザーが認識するのでOK
HDDは37GBと、このご時世に超小型であるが、OSとメインの情報を移すくらいならコレで問題は全くない
S-ATAのドライブにはジャンパがないのがお気楽でよろしい
残ったATAの方は、キャプチャ画像専用にすることにした


問題は、システムやその他のデータの移行である
幸いPartitionMagicを持っているので、データコピーそのものに問題はない
だが、普通に旧Cドライブの情報を新しいHDDに移行しても、新Cドライブから起動しない
ちゃんとシリンダの先頭にコピったはずなんだが、といろいろ探していたら
マザーのBOOT設定で、SCSI起動の順番で、このマザーが内蔵しているRAIDとSCSIのどっちを優先するんだ?って設定を直してなかった(起動画面をよく見てりゃ気づくよな・・・最初にマザーに載っているPromiseがHDDを認識する画面が出たあと、Silicon Imageの認識画面が出てるんだから、逆にしないとS-ATAが優先されない)
念のため、S-ATAのドライブだけで起動できるかも試験する。が、どうにもこうにも起動しない。画面に時々「システムキャッシュがない」って出てくるのだが、んなわけねぇだろと思って再起動するも失敗。セーフモードでも起動せず・・・
そう言えばCドライブからキャッシュの設定を全部取って、キャッシュはDに設定していたことを10数分後に思い出す
で、キャッシュをCオンリーに設定し直して、正常起動確認
続いてはDドライブもS-ATAに移植
しかし、ここでもまた困った。新しくCに割り当てた量から残った空き領域のサイズが、現在のDドライブより小さかったのだ
幸いしたのが、実際Dに入っているデータ量がそれほど無かったこと
んじゃーということで、旧Dドライブのサイズを一旦ワザと小さくしたあと、新領域へのコピーを行って、そのコピーが終了したらサイズを最大限伸ばす
さらに旧Dドライブのドライブ番号と、新Dドライブのドライブ番号を入れ替え、旧Dドライブを削除してEドライブを引き延ばす
パズルかこれは

S-ATAにしたからと言って劇的に早くなったという印象はない。PCIバスをかましているのだから、それも致し方ないだろう
ドライブ自体はかなりの静音で、電源交換と相まってさらなる静音化が実現された。ただ、時々反響音のようなブーゥンと言う音もしている(ネジはしっかり止めたはずなんだが)
まぁシステムが安定したことを喜んでおこう

だが、それとは別に気づいたことがある
ここ最近電源を入れたときに聞こえていた、妙な音が全くしなくなっている
何かが「回転する」時に「引っかかっているものがある」時の音に非常に似ていて、マザーのファンだとばかり思っていたのだが・・・もしや旧HDDの回転がおかしくなってて立ててた音だったのか!?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/08/23

関東の赤い彗星

8月17日の産経新聞の記事から
電車接触、中3重傷 京急井土ケ谷駅構内

8月17日7時50分配信 産経新聞
 16日午前11時45分ごろ、横浜市南区井土ケ谷中町の京浜急行井土ケ谷駅構内で、上り線の線路にいた横浜市南区に住む中学3年の女子生徒(15)が、三崎口発泉岳寺行きの快特電車の接近に気付いてホームによじ登ろうとしたが間に合わず、電車と接触した。

 女子生徒は電車の風圧でホームに投げ出されたとみられ、骨盤を骨折するなどして重傷を負ったが、命に別条はないという。

 南署によると、女子生徒は上り線の線路を下り方向に歩いていたという。同署で女子生徒に線路に入った理由を聴くなどして事故原因を調べている。

んまぁ
「なんで線路に入ってるんだョ女子中学生」
というツッコミが最たるものだとは思うのだが

>女子生徒は電車の風圧でホームに投げ出されたとみられ
つまり「電車に撥ねられる」のは何とか回避したものの、「先頭車両のだす衝撃波」のせいでホームに巻き上げられた、と
風圧で人間を吹き飛ばす京急って・・・

(実際快特通過時にホームにいてぼーっとしてるとぶっ飛ばされることがあるのは確か)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/22

ヒートアイランド

最近仕事の関係で、都心を電車で抜けることが多くなってきた
そんな昨日、何気なく外の風景を見ていて
「ああ、こりゃ地球は熱くなるわな」
と改めて思った
乱立するビル、そしてほとんどがガラス張り


ガラスによって収束された直射日光は、増幅されて反対方向へ照射される
反射した側もガラスなので、さらに増幅してまた反射
この繰り返しで、ビルの間はガラスの反射光が乱反射している
で、これらの光の行き着く先は、灼熱したアスファルト。もちろん熱がアスファルトに「消える」わけはないので、地中に吸収されない分は空間に放出される。しかもアスファルトの大半に水分は含まれてないので、この熱から雨雲が発生するわけでもない。で、熱せられた空間にさらに乱反射光が照射され、冷やすものが無くエンドレス

さらに悪いことに高層ビルである
これらの熱の内のいくらかは、ビルを構成するコンクリートや鉄筋が吸収することになる
それなら空間が冷えるかと思いきやそんなはずはない。吸収した熱をため込んで、さら~に熱くなる
それは、大きい鍋を使って料理した後、その鍋に熱い料理を入れておいたら早々冷めないのと同じ理由
と言うことは、ビルが天然の保温材になってしまうのである
昼間の場合、このビルに設置された空調から放出される熱もバカにならない
冷房って言うのは、今ある空気を冷やすんじゃなくて、吸い込んだ空気から「熱」(場合によっては「湿気」)を取り出して空間に返す技術である。じゃぁその取り出した「熱」はどうしてるのかというと、そりゃもう室外機から垂れ流し(どう頑張っても「熱」を潰すことはできない。エネルギー保存の法則ね)。もっというならクーラーを動かすための電源から廃熱も行われていて、これまたバカにならない


要するに
「昼間、いろんな理由で空間が熱くなる」>「熱をビルが吸収してさらに熱くなる」>「夜になって日が沈んでも、ビルが熱いままなので空間が冷えない」>「翌日、熱いままのビルを冷やそうとしてクーラーをつける」>「エンドレス」
ヒートアイランド現象を、まさに理解した瞬間であった
僅かに田舎の地元や鎌倉が、少しばかり涼しい理由も分かる気がする
せめてガラス張りを止めりゃ良いのに、と思う。見栄えは良いかもしれないけど、後々の地震の時だってどうなるかも分からないし・・・と言って、コンクリ主体のビルも、もの凄く熱を持ちそうではあるけれど
そもそも、高層ビルというものが、建造物として基本的に欠点を持っているのかも知れない
コレのせいで東京湾沿いの風の流れが変った、って説もあるくらい「単なる遮蔽物」にしかなってないよね
「東京に企業が集中するのを避けよう」というのなら、それこそこういった高層建築物を無くして「否応にも場所を減らして」郊外に会社を作らざるを得なくしたらどうなんだろう?必然的に東京に来る人間も減って、環境全体にかかる負担が分散されるんじゃないかと思うんだが

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/08/19

W-SIM修理

本日、W-ZERO3の再修理等々話し合うため、横浜のウィルコムプラザへ行ってきました
結論として、W-SIMを修理交換するという事になりました

(経緯)
まず、そことは違うお店にダメモトで修理に出し、費用がかかることも承知の上で修理に出したこと、それで直ったというので受け取ったら、持ち帰った直後から様子がおかしかったのが納得行かない。修理費を返せとは言わないし、もうこの際だから機種変したいと思うが、そこで何か割引とかできないか、と言うことを話した

常識的に考えて嫌な客である
わかってる
だから高圧的に出るようなことはしないで、なるべく低姿勢で「でも修理費勿体なくって・・・」てな感じを演出
ここで「直らなかったんだね、ふう」、などと引き下がるのが何か嫌だったのだ

何度か裏に逃れる受付のお姉さん・・・
きっと上司に確認しに行っているのだろう
すまん、アンタを困らせる気はないのだよ、わかってくれ(苦笑)

「修理費を返すことはできないが、機種変更して空になった本体を預かって、何とか原因究明・状況改善をする」
という妥協案が最初に提示される(「とりあえず修理完了という結果を提示すれば良いんでしょ?」つーことだな)
まぁそれでもいいか・・・と思ったので一旦了承の旨提示
再度症状の確認が行ないたいということで、その場でテスト用の機体を使って症状を目視確認することになった。受付のお姉さん、二度目の預かりと言うことで慎重である
やはりというかもちろんというか、ライトメール受信せず&Eメール自動受信せず(さらにそこで、メールを取りに行かせようとしたらPTモードに移行しない症状も発生)
ここでお姉さん、症状が「メール系の受信時のみに集中している」ことを指摘。OSの再焼込みをしているにもかかわらず、この状況が改善しないばかりか、PTもろくにできないことを加味し、原因がW-SIMにあるのではないかと発言

それについては友人からの指摘もあり、その可能性もあるなとは思っていた
しかし、友人達になかなか逢う機会はなく、ご近所にW-SIMを利用する機種を持っている人間もおらず、それを証明することができずにいたのが実情

ウィルコムプラザにあるテスト用のW-SIMで再度症状確認・・・症状が改善される事が証明された
「修理の時にW-SIMは預けなかったのでは?」
と言う質問を受けたが、引き抜いていたのはminiSDだけでそれ以外はまとめて渡したことを説明
「両方一緒にチェックされたのではと思っていたのですが」
「いえ、本体はシャープでW-SIMはnetindexなので、扱いが別になるのです」
ここまで言われて友人の「ちゃんと切り分けしたか?」という指摘を初めて身にしみて理解
すっかり忘れていたが、W-ZERO3はあくまで「データ通信カードが付いたPDA」であって、これ1個が本体じゃないのだ
だからどっちに問題があるのかちゃんと調べ、食い込んで説明しないと、こういう事になるって言うわけだね

つーかだったら預かるときにそこまで説明してくれりゃ良いじゃん、上○岡のウィルコムカウンターさん!
・・・イヤ、業務委託先にそこまで希望するのは無体ってもんか
ハナっからここに来てりゃ良かったよ、トホホ

で、最終的な提示案として
「ここまでの経緯を加味し、W-SIMのみを預かって無償修理する」
ということに
もちろんそうなったら機種変の話は無しです

なんでそこまでして初代W-ZERO3にこだわるのかと言われれば
別にこだわってるんじゃなくて、ほんとーに金がないだけなんですよ、ホントに!
たとえW-VALUE SELECTを使ったとしても、そこで上乗せされてくる代金が本当に怖い
例え僅かでも、出費が増えることがすごっくイヤ。単純にそれだけ

で、件の友人にそのことを話したら
「つまんね」
そんなに『Advanced/W-ZERO3[es]』見たかったのか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/08/14

W-ZERO3 帰ってきたはいいけれど

直ってないじゃん

Eメールの自動受信どころか、ライトメールの受信もできない
修理表にはOSの入れ直しからやったって書いてあるけど・・・
いちおー5,000円払ってるんですけどね?

これOSの問題じゃなくてW-SIMの問題なんじゃないのかね
5時間格闘して結局状況が良くならず、ポイしたい気分満点だったりする

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/08/08

国語をなめたらパソコン使えないぞ

どうやったら早く文字が打てますか?
これもよく承る質問
と言われても、ブラインドタッチができりゃいいのか、というわけでもない。アレができなくても早い人はごまんといる(だいたい、あれは欧米人が打ちやすくするための技法であって、決して日本人向けではない)
つまり、テクニックなんて人それぞれなんである
しかしアドバイスできる方法はある
それはなるべく長文を打ち込む、と言うこと
大抵の人は入力を単語単位で行っているが、これは思ったような変換ができない
すると自然とキータッチの回数が無駄に増える原因となる
実は、最近の複文節変換ができるFEPであるなら、長文を一気に入力して変換した方が、誤変換率が圧倒的に少ないのだ
前後の文節の関連性を見て変換するため、(打ち込んだ文章の文法が、比較的正しくある必要はあるが)そこにあるべき漢字パターンが絞り込まれるのである
ただし、"~へいった"という文節は、『言った』にも『行った』にもなりうるため、こう言った部分は人間の補正が必要である
この方法であれば、アホ変換の王者であるMS-IMEでも、ちゃぶ台返しする確立は断然減る。ATOKならほぼ一発で確定できることが多い
このような長文入力を自然に行えるようになるには、他人の書いた文章をとにかく読み込むこと。新聞でも小説でもいいが、読んで頭の中で音読することを繰り返すことだ
これも大抵の人は、ある単語を打とうとそれを読んでから、いざキーボードに向かって打ち込んでいる
しかし、このように文章を見て読んで打っていては遅いのだ
たとえば自分の場合、口で読みながら打ち込むということをやった場合、口から出た言葉と同じものが、ほぼ同時に画面に現れている
これは漢字を読み慣れ、文章を読み慣れていなければできない
普段話言葉ばかり使っていると、日本語の話言葉と書き言葉にズレがあるのが災いし、タイピングでスピードを出せないのである
(もしかしたら、昨今のギャル言葉なんてのは、図書離れして文章を書くことができないために、ああいう支離滅裂な打ち込み文体になっているのかも)

まぁ要するに、国語に強くないと、ワープロさえろくに使えない、と言うことなのだ
だってワードが勝手に文章作ってくれるわけじゃないでしょ
ATOKが"石の上にも"って打った瞬間に、『石の上にも三年』って候補を出してくれるのは、自分がその例えを知っているからなんだから

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/08/03

まだまだ使うよ

ウィルコムから電話の修理について連絡がある
OSのリセットをかければ直りそうなのですがーとのこと
修理代およそ5,000円也
・・・

修理してもらって使い続けることになりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »