« 関東の赤い彗星 | トップページ | 需要と供給を考える(1) »

2007/08/26

S-ATAボード増設

S-ATAボードを追加して、システムを全てお古でもらっていたHDDに移しました

と言うのも最近、「システムがないぞゴルァ」と言われることが多くなってしまい、こりゃヤバいと焦ったためである
全く、この間電源を替えたばかりだというのに、HDDまでヤバくなりやがって・・・どうしてこういうシステム更新は、夏に頻発するのかね?

さて、用意したのは玄人志向のSATARAID-PCI。PCI内蔵タイプの、S-ATAの口が二個あるヤツである
別にRAIDは必要ないのだが、後々のことを見越してこちらを購入(つーか藤沢のビックにRAID無しのモデルがなかったんだよ)
取り付け自体には問題はない。現在AGPのグラボとキャプチャボードが中に刺さっているが、それ以外特にPCIの口が埋まっていると言うこともないので、適度な段差をつけて接続
起動後のドライバインストールも大したことはない
RAIDは使わないので、付属CD-ROMから「RAID無しモード」にするBIOS Flashを呼び出して適用すれば、普通のSCSIとしてマザーが認識するのでOK
HDDは37GBと、このご時世に超小型であるが、OSとメインの情報を移すくらいならコレで問題は全くない
S-ATAのドライブにはジャンパがないのがお気楽でよろしい
残ったATAの方は、キャプチャ画像専用にすることにした


問題は、システムやその他のデータの移行である
幸いPartitionMagicを持っているので、データコピーそのものに問題はない
だが、普通に旧Cドライブの情報を新しいHDDに移行しても、新Cドライブから起動しない
ちゃんとシリンダの先頭にコピったはずなんだが、といろいろ探していたら
マザーのBOOT設定で、SCSI起動の順番で、このマザーが内蔵しているRAIDとSCSIのどっちを優先するんだ?って設定を直してなかった(起動画面をよく見てりゃ気づくよな・・・最初にマザーに載っているPromiseがHDDを認識する画面が出たあと、Silicon Imageの認識画面が出てるんだから、逆にしないとS-ATAが優先されない)
念のため、S-ATAのドライブだけで起動できるかも試験する。が、どうにもこうにも起動しない。画面に時々「システムキャッシュがない」って出てくるのだが、んなわけねぇだろと思って再起動するも失敗。セーフモードでも起動せず・・・
そう言えばCドライブからキャッシュの設定を全部取って、キャッシュはDに設定していたことを10数分後に思い出す
で、キャッシュをCオンリーに設定し直して、正常起動確認
続いてはDドライブもS-ATAに移植
しかし、ここでもまた困った。新しくCに割り当てた量から残った空き領域のサイズが、現在のDドライブより小さかったのだ
幸いしたのが、実際Dに入っているデータ量がそれほど無かったこと
んじゃーということで、旧Dドライブのサイズを一旦ワザと小さくしたあと、新領域へのコピーを行って、そのコピーが終了したらサイズを最大限伸ばす
さらに旧Dドライブのドライブ番号と、新Dドライブのドライブ番号を入れ替え、旧Dドライブを削除してEドライブを引き延ばす
パズルかこれは

S-ATAにしたからと言って劇的に早くなったという印象はない。PCIバスをかましているのだから、それも致し方ないだろう
ドライブ自体はかなりの静音で、電源交換と相まってさらなる静音化が実現された。ただ、時々反響音のようなブーゥンと言う音もしている(ネジはしっかり止めたはずなんだが)
まぁシステムが安定したことを喜んでおこう

だが、それとは別に気づいたことがある
ここ最近電源を入れたときに聞こえていた、妙な音が全くしなくなっている
何かが「回転する」時に「引っかかっているものがある」時の音に非常に似ていて、マザーのファンだとばかり思っていたのだが・・・もしや旧HDDの回転がおかしくなってて立ててた音だったのか!?

|

« 関東の赤い彗星 | トップページ | 需要と供給を考える(1) »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

金がないのはわかったが、
そのHDDユニット、新品に買い換えたほうがいいぞ。
色んな意味で。

サブHDDにして、スワップやテンポラリとして使うにはかまわないと思うが。

そんな余裕はないというだろうが、「そんな余裕」と、全部ロストは天秤にかけたほうがいい。

投稿: ぬるぽ星人 | 2007/08/31 02:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78857/16245309

この記事へのトラックバック一覧です: S-ATAボード増設:

« 関東の赤い彗星 | トップページ | 需要と供給を考える(1) »