« 2007年10月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007/12/24

独立

自分は美容院が大の苦手である
なんというか、あの髪を切られている間の、何とも言えない空気にどうしても慣れない
それでも、わざわざ電車で20分揺られて通っている場所がある
最初は友人に教えてもらって、その義理もあって通っていた

ところがある時、たまたま担当してくれたスタイリストさんが、実にいい髪型にカットしてくれた
それ以来、そのスタイリストさん指名でしか行かなくしていた
人の顔と名前を一致できない自分が、この人がいい!と指名するのは珍しいことではある

そのスタイリストさんが、長年の夢を叶えて、今の美容室を卒業し、自分の店を出すそうだ
まだ若いのに偉い、応援したいな、と純粋に思った
と同時に、自分も前から独立したいって言っている割に、なんやかんや理由を付けて挑戦してない辺り、恥ずかしいなぁとも思った
もちろん、やりたきゃやりゃいいじゃん、っていう問題じゃない
けれど、自分の身近にそう言う人たちが居て、果敢に夢に挑戦する姿を見るに付け、結局自分が意気地無しなだけかなとも考えてしまう
もうそろそろ自分も若くないし、考え時なのかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/21

たまには自己投資

さて
久しぶりに仕事をしようと手を付けたのは、なんてことはないWebカメラである
生徒さんが、遠隔地のご家族と手軽に楽しく連絡を取り合いたい、ということでお話をされてきたのだ

ちょうど、Webカメラによる遠隔サポートってのを、前からやりたいと思っていたので、これをきっかけ(口実)に企画を立ててやろうと思ったわけ
もちろん、すでにそう言うことをされているところはごまんとあるし、特に目新しい事じゃ無いのは分かってる
しかしメジャーであるわけでもない
二番煎じも甚だしいかも知れないが、手を出すのが遅い分野ではないと思う

とはいえまずは、当の生徒さんの要望に応えなければならない
まずは自費でWebカメラを二種購入
メーカーはロジクール以外考えていなかった
まずはQCAM-130X。静止画500万画素、動画130万画素、ホワイトバランス調整機能が付いたタイプ
もう一つはQVP-61HSSV。静止画130万画素、動画30万画素、マイク付きヘッドセット付属
なぜ基本性能が違う物を揃えたかというと、それぞれどこに差が出るのか知り、今後の営業に繋げるため

まずは教室の中で動作チェック
生徒さんとの話を教室でやる以上、そこにあるPCで操作せねば意味はない
とりあえずはメモリに余裕のある機体でテスト。WinXP、WinVista共に問題なく動作確認
次はメッセンジャーソフトだ
その方自身はSkypeをご希望なのだけど、それが最良かどうかも分からない
今日はSkypeとYahoo!メッセンジャーをテスト。デフォルト設定での動画の再生では、Skypeの方が分があるらしい(Yahoo!メッセンジャーはコマ送り、Skypeは少々荒いアニメ程度のなめらかさ)
動画の画質自体は、QCAM-130XもQVP-61HSSVもほとんど変わりない
それは動画だからなのかも、しれない。試しに静止画を撮影したら、明らかにQCAM-130Xの方に分があった
この二機の明確な差は、今のところ集音性能であると言える
QCAM-130Xは機体前方に集音マイクがあり、非常に感度がよい
対してQVP-61HSSVは機体上部に、ちょこんと集音用の穴が空いているだけ。音の取り方が雑で、部屋の空調の音がもの凄い雑音で入ってくる。そう言う意味ではヘッドセット付きを買ったのは良かったと思う

今後はMSNメッセンジャーでテストをした後、FWを越えた別IPS(要するに別の教室)との通信でどの程度の性能を発揮するのか見て行きたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/20

言い訳

このところこちらのブログを放置していた

というのも、最近真面目に仕事をする気力が失せていたから

いろいろな意味で疲れていた

でも、少し面白いことができそうだ

目新しいことではないけれど

もしも気力が沸いてきたら、ここにまた書いていきたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2008年1月 »