« 知らないことの哀れ | トップページ | 一体型PASMO »

2008/05/12

素のままで居られないのか

仕事場の同僚は、何をするにも「仕込み」を欠かさない
それが、説明書をきっちり作ることであるとか、資料を過不足無く揃えると言ったことならいい

しかしやることと言えば
「○○さんを誉めるために○○と言ってあげてください」
「☆☆さんは何かで悩んでいるみたいなんで、~と対応してください」
と言った類の内容なのである
毎度こういう話をされる度辟易する
要するに、思いもかけないことを言われるのが嫌で、誰がどういう反応するかも予想ができないので、予防線を張っているのである
自分が思い描く予定調和が訪れないと怖いから、バカみたいに相手を制御しようとする

そんなもんはクソ喰らえだ
ごく一般的な社会常識と相手を思う心があれば、仕込みなんぞせんでも上手く事は運ぶものなのである
だいたい、予定調和で保たれる平和など、長続きするはずもない
喧嘩でも何でもするがいいさ
言い合いができるから分かり合う瞬間だってある
「喧嘩するほど仲がイイ」って言うだろ?

|

« 知らないことの哀れ | トップページ | 一体型PASMO »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78857/41185175

この記事へのトラックバック一覧です: 素のままで居られないのか:

« 知らないことの哀れ | トップページ | 一体型PASMO »