« また薬が変わった | トップページ | 親は誤魔化せない »

2009/07/15

疲れてしまった

最初に医者に行った時は、そりゃ「立ち直りたい」と思ってのことだった
だがこの2ヶ月ちょっとの間に、状況はめまぐるしく変わり続け、そして降りかかるものは増えていくばかり
やるにやれない
やろうとしてできない
そしてそんな状況の中で迎えたとある会議で、ついに立ち直ろうとする意志の根元が、どうもぽっきり折れてしまった感じがした
今や、何がどうなんだか、自分でもどうしようもない状況になってきた

それを医師に伝えたところ、早期の休職を勧められた
しかしそれをできる状況では、正直ない
だが、こんなことでウジウジして、仕事の進みを後退させる奴が居たほうが、会社にとっては迷惑千万なのかもしれない、というのも事実だ
とにかく上司に相談してみることにする

そして薬がまた大幅に変わった
レキソタンは毎食後になったし、トレドミンは量が倍になった
セディールというものと、アンブリットというのを初めて飲むことになる
処方を見ていると、これ以上の意欲低下はヤバいと思われているのだな、というのを何となく感じる

|

« また薬が変わった | トップページ | 親は誤魔化せない »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78857/45642846

この記事へのトラックバック一覧です: 疲れてしまった:

« また薬が変わった | トップページ | 親は誤魔化せない »