« 500万画素のカメラは伊達ではない | トップページ | HYBRID W-ZERO3・・・早速ファーム更新が来たか! »

2010/02/15

HYBRID W-ZERO3・・・Bluetoothヘッドフォン その他

こう書くのも難だが、自分に電話がかかってくることは少ない
かけることはまあまああるが
だとするなら、Bluetoothヘッドフォンを購入するのは、資金の無駄ではないかとも思う

とはいえ、電話機本体がBluetoothを備え、且つ自分にBluetooth機器利用の経験がないのであれば、今後のためにも勉強の機会は必要だ、などと無理矢理な理由を付けて、Bluetoothヘッドフォンを物色してみた

Bluetoothヘッドフォンに限らず、Bluetooth機器においては、Motorolaに一日の長があるとよく言われている
と言うよりも海外製のBluetooth機器は、概して日本製機器より評価が高い。そういう意味では、その辺りを焦点に製品を選びたい物である
だが今回、どこをどう捜してもMotorolaはおろかPLANTRONICS、果ては日本製品のバッファローやプラネックスでさえ、HYBRID W-ZERO3に公式対応している製品が見つからなかった
それぞれの製品が規格に準拠している以上、どれを買っても正常に動く率は高いが、モノがモノであるし値段もバカにできない

そこで、現在唯一公式に対応が確認できる、サンワサプライのMM-BTMH16(R)を購入することにした

結果としては、接続に全く問題は無し
取説どおり、MFBボタン(電源ボタン)を長押しし、LEDが赤青交互に点滅し始めたところで、HYBRID W-ZERO3本体の「スタート」-「設定」-「Bluetooth」を開いてしばらく待っていると、一覧にMM-BTMH16 R(多分レッドのR)と表示されるので、画面右下の「接続」をタップすれば、それで完了。後は特に設定の必要はない
発信時、ただ普通にダイヤルするだけで、自動的にハンズフリーになる
音声はクリアで、相手側にも問題なく通じている

難点があるとすれば、自分の耳には余り形が合わなかったこと、ぐらいか
このヘッドフォンは、耳の形状に応じてイヤフォン部分を左右45度程度動かせたり、イヤフォンパッドが大小合わせて4点付属しているなど、結構至れり尽くせりな面も有るのだが、さすがに万人に合うというのは無理だったと言うことか?


やっと暇ができたので、ワイヤレスゲートでの接続を、出先で試してみることにした
実験したのは、京急上大岡駅前、カミオにあるマックである
ここで、Yahoo!BBのアクセスポイントへ接続することはできたが、何故かログインができなかった・・・
IDもPWも間違ってないはずなのだが?
後日もう一度試すことにする
そういえば、前に書いた「3Gが圏外から戻らない」ことについてだが、これは結構多くのHYBRID W-ZERO3ユーザーが直面していることらしい
現状ではやはり、電源ON/OFFによる再起動しか、対応する手はないようだ
「メールはPHSで、データ通信は3Gで」と思う人は、やはり多いらしい
それについての裏技が、Wiki上に紹介されていた(リンク
要約すると、余り使わない社内ネットワーク設定に、PHS発信の接続設定を作ればいい、ということらしい
しかし、こんなことをしなければいけないのも、接続設定の選択がラジオボタンによる二択しかないのがいけないのだろう
ソフトウェアごとに、接続を変えるとかできなかったのか?

|

« 500万画素のカメラは伊達ではない | トップページ | HYBRID W-ZERO3・・・早速ファーム更新が来たか! »

「W-ZERO3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78857/47576314

この記事へのトラックバック一覧です: HYBRID W-ZERO3・・・Bluetoothヘッドフォン その他:

« 500万画素のカメラは伊達ではない | トップページ | HYBRID W-ZERO3・・・早速ファーム更新が来たか! »