« 今更ながらXPモードを試してみた | トップページ | 死に向かって生きるということ »

2010/04/23

ライセンスとハードの関係

最近、教室全体でWinXPの機体の消耗度が上がり、故障しては呼び出される事が増えている。
そんな事なら、さっさとWin7にでも乗り換えれば良いではないのか、というのは個人の範囲ならまったくその通りだ。
しかし、パソコン教室であるからには、そのOSがサポート範囲内である限り、環境を維持し続けなければならない。
そうであるなら、つくづくメーカープリインストールタイプのモデルを使うのではなかった、と後悔したが、今更後の祭りである。
その理由は明白で、このような環境の場合、ハードの寿命が尽きた時、ソフトウェアの権利が同時に失せてしまう事にある
プリインストール、あるいはDSPやOEMは、確かにそこそこの値段でソフトウェアを入手できる(それでも圧倒的に高いが)。
だかそれは、こう言ったリスクを伴うからである事を、今更ながら痛感する羽目になったわけだ。
こんな事なら、いくら初期投資がかさんでも、ソフトウェアはパッケージで揃えた方が、後でいろいろ柔軟に対応できる。
この不景気に、頭の痛い金の話は上に通しづらいというのに、さてはてどうしたものか。
もちろん、Microsoftがぼったくり商売をしていなければ、こんなアホくさい事に頭を悩まされないですんだのだろうが…

|

« 今更ながらXPモードを試してみた | トップページ | 死に向かって生きるということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライセンスとハードの関係:

« 今更ながらXPモードを試してみた | トップページ | 死に向かって生きるということ »