経済・政治・国際

2008/06/09

秋葉原

昨日、ベースで漫画をもらって、その脚で横須賀から逗子まで帰ってきたその時だった
秋葉原に向っていた友人からの電話が鳴った。時間は13時30頃

数十分前
安いDVD-Rのスピンドルがあったら値段を教えてくれ、とこちらが言い
横浜とさして変らないがどうする?と相手が返す
そんな他愛のないメールをやり取りしていた

その後、何か安いものでも見つけたのだろうか、と通話キーを押す
「もしもし」
スピーカーからは友人の声と、もの凄い音が一緒に聞こえる。ヘリが飛ぶときの轟音だ
だが、それは普段の秋葉原で聞こえる音ではない。やけに脳天気な店頭スピーカーの売り文句はどうしたんだろう
「なんか、警察車両ですんごいことになってるんだけど」
この友人は、いつも喋るのが回りくどい。物事をストレートに言わないので、今回もその手かと頭を抱える
「いいから、なんだよ。車が事故った?」
しばし黙った後
「ああっもう、ヘリがうるせぇ・・・なんか、通り魔とかで大変なことになってんだよ。駅に近づけねぇ!」
冗談かと思ったが、悲しいことに事実であった

2008060901
これが、事件発生からおよそ一時間後の現場の写真である
2008060902
もう少し近づいたところ。生々しい様子が伝わるようだ
2008060903
少し引いたところでの撮影。すでに多くの報道車両が来ていることが分かる

友人は、事件発生よりも2~30分前にここを通り、ZOAに向っていた。その後地下の売り場に行っていたため、何が起きたのかサッパリ知らないまま、JR秋葉原駅に戻ってきたらこんなことになっていたそうだ(そうでなくてもアキバの店舗は密閉性の高いところが多いので、外の様子が分からなくなることがしばしばある)


まずとにかく、この事件に遭われ、命を落された方のご冥福を祈ると共に、怪我をなされた方の一刻も早い回復を祈りたい

さて、問題はこの事件を、アキバだから起きたというように報道している、低俗なるマスコミである
悲しいことに、今現在日本ではこのような事件が非常に多い(それでも欧米諸国に比べればましな方だが)
それがたまたま、今回不幸にもアキバという場所で起きたのであって、あの街に集まる人々(詰まるところオタク)に何か起因しているという考えは、あまりに短絡的である
(もう少し突っ込むと、読売新聞に書いてあったような『オタク狩り』の表記は、オタクを"狩る"者であってオタクそのものは被害者だ、と言うことが分かって書いてないのがバレバレである)
街の事情をこれ見よがしに書けば、物事を見透かしているように見えるし、オタクというものが分からない一般人からすれば、気味の悪い幽霊話を聞いているようなもので、面白半分にも受け止められよう

んなこと言ったら私だって、必要と有ればアキバに行く人間です。主要な店の場所はほとんど知っているし、どんなモノがどこへ行けばあるかも、大抵のセオリーは頭に入っている
そう言う人間が全部怪しくて怖い人間だって言うなら、何故仮にもパソコン教室という、他者と沢山接しなければならない場所で、5年近く交流しているのでしょうね?
そりゃもちろん不満もありますよ。でもそれは生きてたら仕方ないことでしょ

ここでも何度も書いているけれど、これは日本が築いてしまった壊れた社会構造の業の一部に過ぎないのだ
誰かの、何かのせいにするのではなく、まず自省を
人の振り見て我が振り直せ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/08

漫画 ジョージ・ワシントン

在日米軍としては初の試みの、広報漫画の配布
興味半分、在日米軍の探り半分で、久しぶりにベースへ行ってみた
今回の漫画の配布は、ジョージ・ワシントン入港に備え、原子力空母の安全性をアピールするためのモノだ
自分は別に、原子力空母が来ることに特別な考えがあるわけではない
小さい頃から米軍基地はそこにあったし、解放日ともなればよく遊びに行っていた
良くも悪くも、あそこは三浦半島の風景の一部になっているのが事実といえる

こう言うときに騒ぎだす、地元民を装う市民団体にしてみれば、エンジンが何かなんてどうでも良くて、彼らに反対することだけが目的なのだ

さて、自分は長く横須賀に住み、今は隣の逗子に住んでいる
隣の市と言っても、電車で2駅+歩きを含めても40分もあれば行けるところだ
JR横須賀駅を降り、ヴェルニー公園を歩く
2008060801
ヴェルニー公園からは、ベースの一部分が覗ける
ほんの数ヶ月前まで、ここにキティホークが係留されていたが、今はもぬけの空だ
そして8月を過ぎると、代りにジョージ・ワシントンがやってくる

これを左に見ながら、コツコツとゲートを目指す
横須賀は決して大きな街ではないが、他の神奈川県の南端の地域に比べれば、充分活気があるところだ
いろいろ恵まれた条件があるのだろうと思う

さて、ヴェルニー公園を抜けてショッパーズを抜けると、米軍基地のゲートがあるのだが・・・
なんですかこの人だかりは
2008060802
写真の奥、茶色いビルがあるその少し前辺りがゲート
午後からの配布と言うことで、12時半ぐらいに現地に着いたのだが、すでにこの勢い
しかもその列がなかなか進まない
たかが本を配るためだけに、なんでこんな人が並んでノロノロ進んでいるのだろうと、一緒に並んでいた中年男性が様子を見に行ってくれた
それによると、配布しながら基地関係者がサインしていたらしい
んなもんはいらん!
と、いう日本人がいるのを、彼らが気づいたのは13時少し前。どういう神経してるのかイマイチよく分からん
こうして入手したのがこれ、「MANGA CVN73~USS George Washing~」である
2008060803
意外と分厚く、なんと200ページもある(内64ページがカラーだ)
劇画タッチの内容で、日系人である新米水兵を主人公にしながら、空母がどのように運用され、それに乗っている米軍兵達がどう過ごしているか、と言うモノを懇切丁寧に描いている
原子力空母だからと言って特別ではなく、乗組員全員が力を合わせて安全レベルの維持に努めていることを強調しているが、この漫画が書ききられた後に例の火災事故があったという辺りが、予言というか皮肉めいていて笑えない

もちろんこれが全てではなく、裏にいろいろなことがあり、彼らの隠された思惑はあるだろう
しかし、ただ配備するに任せているわけではありませんよ、と言う意思表明自体は評価すべきだろう

おまけ:自衛隊の横須賀地方隊に係留中の"しらせ"
2008060804
南極でのおつとめご苦労様でした
早く安住の地が見つかるといいね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/09/05

需要と供給を考える(2)

世は好景気だというけれど、相変わらず仕事にありつけない人は多いし、自分たちの財布が豊かになったという実感も無い
これをして、実は政府広報が嘘をついている、と言う人が居るわけだが
しかし企業にとっての景気と、庶民にとっての景気をよく考えてみれば、なぜこんな状態なのか予想がつきそうなものかとおもう
物があふれ、その値段がやたら安いものだから、会社や商店が生み出す利益の出所がわからなくなっているのだろうか?


物をつくるには必ず費用がかかる。
大まかに言えば原材料費、加工費、手間賃(人件費)、運送料といったところか
で、作り終えた商品を誰かに買ってもらうと、費用を回収できる
ちなみに、物をつくる人も誰かから原料を買っているのだから、生産者は購買者を兼ねる。金は天下の回り物とはよくいったものだ
で、物を買うときに支払うお金は、作った人への対価だから、品質と照らし合わせた時、その値段が安ければ安いほど、作っている人たちは薄利であることは自明の理
この状況に対して生産者が行うのがコストダウンで、原材料を効率よく使用する方法を考案するのが一般的ではある
といっても、必要以上に材料費や加工費を削れば、昨今の品質問題直結し、結局は自爆することになる
そうすると削れるのは人件費しかない。だが日本では法律で、最低賃金が決められている。もちろんその限りで無い場合があるのも事実だが、といっても安すぎる賃金では人が集まらない

そこで企業は、人件費のかからない国へ仕事を流す
物価や平均収入の低い国ならば、日本ではひんしゅく物の賃金でも人が集まる
だいたい100円ショップをみれば、なぜあれらがメイドインチャイナばかりかわかろうものかと
あれらの商品を、企業は99円以下の原価費用内で作らないと、利益が出ないのである
しかし、どー見たって材料費だけで80%はくってそうで、いくら数が出たって加工作業にかかわる人と、売る人に払う賃金を捻出できているとは思えない
日本人である販売員に払うであろう額を考えると、加工者である中国の人たちに払っている賃金がどれほどの物か、多少想像もつこう

このような人件費しか払えない、ということは
日本人を雇って、日本人に仕事をさせたら利益が出ないってことである
現状の日本の生活に合わせて安さを維持するには、海外で工場を立てたり、出稼ぎ外国人を雇うといった手段しかない、というわけだ
そうしなければ、人件費で売価が跳ね上がるから
相対的に日本人に回る仕事の数が減る
といっても、ある程度の購買層には仕事があるので、商品自体は売れる。だから企業から見たら利益が上がるから、好景気という判断になっている

つまり企業は、購買層の大半は自国民なのに、それらの人々に購買力を持たせることができないのだ
(労働の対価をお金として提示している以上、給与がなければ何も買えない)
労働者であり消費者である人々を養えずに、何が一流企業か
企業の雇用需要と、庶民の就業需要がかけ離れていれば、それは好景気でもなんでもない

と言っても責任は何も企業側にだけあるのではなく、のうのうとしている庶民側にもある
100円ショップの商品が100円であることをおかしいと思えないだとか、自分に支払われる賃金の根っこを考えられず、ただ給料が安とだけ言い続けるだとか
それでいて、どれだけ働いても金持ちになれないとか、そんな絵空事ばかり言っているようでは、結局社会全体が腐敗するだけである

と、ここまできて
日本の社会全体を復旧させるには、まず国内での生産と消費のバランスを均等に戻す必要がある
まず政府は、実はもう日本って大インフラに陥ってて大変なんですよ、って認めるべきだろう
なるべく日本においていろいろ物を作ると、実はこれくらいになるんですよこの商品は!っていう例をす必要がある
次いで、なるべく原材料を日本で生産できるようにし、やむを得ず輸入する材料については産地を厳選すること。いくら安くても将来的に国が滅亡するようなモノに頼るべきではない
さらに外国人労働者に頼るのも極力止める。日本で働きたいと思って入国してこられる海外の方には申し訳ないが、まず自国民が満足に働けない状況のようじゃ、海外の人を受け入れてはいけないだろう、普通
海外に作った拠点も極力引き払い、国内に拠点を戻すことも必要だ
国民に対しては、英語は知らなくてもいいから、費用原価計算(簿記)は必須にすべきなんじゃないのか?学校で
第一次生産層がやせ細っているのは、消費者との距離が広くなっただけではなく、費用計算できないやつが増えたのも原因なんじゃないのか(農作物や畜産業にかかる手間と維持費を知らなきゃ、農家に敬意を払わず、食事を残したりしないだろ)
大量消費型の生活は、こうなれば否応なしにできなくなるだろう
必要なモノだけ厳選して買うように仕向けていかなければ、企業のモノの作り方も変っては行かないから
求めるものと提供できる物を「分相応」にできる節度と精神の育成がカギ、なのかも知れない

まぁでもぶっちゃけて言えば、根本的に企業が捻出できる雇用口に対し、人口が多すぎなんだけどな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/08

金利

最近、仕事場の後輩とゼロ金利について話していて
そのうち利子や利息についての話になってきて一言
「銀行にお金を預けてお金が増えるって事があったんですか!」
おいおいと言いたいところだが、後輩の年齢を考えると「ああ、まぁさもありなん」かなと思った

私たちが子供の頃は、お年玉を銀行に預けてちゃんと我慢していれば、数ヶ月後には幾らか利息が付いたものである
それが今やゼロ金利政策のために、単なるでっかい貯金箱でしかなくなっていたわけだ
けれど政策解除により、例えば新生銀行が預金に対する金利引き上げを発表したように、今後少しはあの時代に戻っていくのかも知れない
けれど預金に対する金利が上がるという事は、住宅ローン等にかかる借りた物への金利もUPするわけで
実はますます御財布のひもの舵取りを気をつけるべき時代なわけ

預けた金が増えることのない時代の後輩達は、これからの世情の変化にどう対応していくのかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/05

北朝鮮 再度の暴挙

ついにやりやがった
しかも今回は、人工衛星とか言わずに「ミサイル」って認めてるよ(なーにが自主権だ。ふざっけんな!)
ついに開き直りか?
いや、この時期このタイミングっていうことに重要な意味がありそうだ
もしかして、韓国が竹島周辺の調査に向かっていることと関連してるのかもしれないな・・・と
韓国の行動から、日本の目をそらさせるためなんじゃないか・・・
全部日本海に落っこちてるのが、それを裏付けてるような気がしないでもない

日本政府の手早い強硬措置検討の発表、断固支持!

今日は夜まで仕事なので、この記事はとりあえずこれでUP
仕事中に動向を見てまとめ、更新または新記事を掲載する予定

しかし・・・こんな状況なのに、仕事に行くのが遅いからって、グースカ寝ていた自分
いざその時になったら、寝たまま何も知らずに死にそうだよ(吐血)


帰宅しました
仕事中にもう一発撃ちやがりましたね
やはし韓国は悠々と調査していたようで・・・「日本もやるぞ、ゴルァ」と突きつけたそうだが、当たり前だ

すっかり忘れていたが、今日はスペースシャトルの発射イベントもあったのであった
某TVで
「独立記念日って言う事もありますし、今回はほとんどアメリカ向けのパフォーマンスですね」
という意見が挙がっていた。なるほど、それもあるかもね

とはいえどんな事情があるにせよ、狂気の沙汰としか思えん
こういう輩には紳士然として対応してやる必要など無し!
経済制裁・送金停止・場合によっては実力行使!!
奴らが自衛のためというなら、こちらだって自衛のためにやることはやるぞ、という態度を見せつけてやらねばならん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/03

格差を嘆く人たちへ 庶民なりの提言

最近は生活格差についての意見・記事が目立つ
ぼーっとTVを見たり、何気なくパラパラと雑誌を読んでいたりすると、これでもかとばかりにそういう文字が躍っていて、正直ちゃぶ台返しをしたい気持ちになる
ノ ̄□ ̄)ノ ~┻━┻ドガシャーン!!

このブログでも時々書いてるけど、人間は生まれながらにして、男と女という別の生き物になるのだから、そこからして平等ではないのだよ
新興宗教や一部のカルト集団(?)に多い、すべての人が平等にというのはいかにも胡散臭い
中学生の頃の同級生がエフォバの証人の団員で、ホントしつこく勧誘されたことがあった。機関誌の『目覚めよ!』って本をたくさん押しつけられて、嫌々目を通したけれど、『全ての人が幸福で争いのない世界』って本気で信じてたんで、鼻で笑ったよ
( ´,_ゝ`)プッ
だってさ、みんなが幸せだったら『自分が幸せ』っていうのは、どうやって意識するわけ?
『幸せ』なのは『幸せじゃない』人が居るから自覚するんだよ。「ああ、あいつ貧乏で大変だよな。オレは金があるから幸せだよ」っていうこと。他者が在るから不幸も幸福も感じ取る
つまり、それこそエヴァンゲリオンじゃないけど、みんな溶けて一つになっちゃえば不公平も争いも無くなる。でもそれはもう人間じゃない。少なくとも地球人類の持つ社会構造では、不公平というのは『当たり前』なんだ。自然から与えられるモノの量は一定だから、誰かが幸福になれば誰かが不幸になる
例を出すと、北半球の物質文明は、南半球の自然の富を奪ってしか成立できない、というのがそうだ

じゃぁやむを得ない不公平をどう是正するか、というのが(こちらのサイトでも述べられている通り)社会というモノの使命だろう
私は無学な愚民(笑)の一人だが、そのためにどうしたらいいかについてちょっと考えてみた
そこで、きっちりとした教育を受けた真のエリートと、その他大勢という環境は実は結構バランスがいいんじゃないかということを思いついたわけで
だいたい、たいした理念もない奴が、楽をしたい一心で公務員になれてしまう社会で、きちんとした公共サービスが実現できるわけがないでしょう。だから、エリートになれるチャンスのある者が、切磋琢磨して競い合って磨かれて、晴れて公共の仕事を運用するようになる道を進み、そうでない人々は社会全体をうまく回すだけの知識は学んだ上で、天下の回り物(金)を生み出せるように好きな仕事をすればいい
エリートと一般市民の棲み分けとでも言ったらいいのか?


話は少し飛ぶが
去年、入院してFM放送のニュースを聞いていたときに、学校教育の質を問うという内容のものがあった
教員の自覚について・・・塾に通う児童の増加・・・教育費の増大・・・
ああもう!黙れ!!そんなに言うなら、(乱暴な言い方をするが)公共教育なんぞ無くしてしまえ!・・・と思った
NHKで特集していたが、高い金もらってる進学塾の教員は、ものすごい厳しい面接を勝ち抜き、みっちり事前教育を受けてから現場に出るそうだよ?(某京都の事件については、ここでは述べない)
教室の雰囲気もものすごくて、(それが教育に傾ける情熱なのかどうかはこの際置いておいて)、寝たり遊んだりしている子供なんて居やしませんでしたわ
それに比べて公立学校の教員のだらしなさったら・・・以前、高校の先生にパソコンを教える仕事のため、近所の公立高校に半年間通ったことがあるんだけど、生徒にいろいろ教えるよりも、組合のことや教育者同士の発表会の方で忙しそうだったぞ
ここでエリートと一般市民の話に繋がる。ようは学習内容が厳選された高級な授業を受けられる、財力に余裕がある子供たちは「専門」の道に邁進し、そうでない子供は今まで通りの一般教育課程を進めばよいのではなかろうか
ただしチャンスは平等にあるべきで、学習過程の如何で仕事の差別はせず、様々な職種にチャレンジできる制度は残す必要がある(古代中国の科挙みたいなもの?)

気をつけなければならないのは、エリートが偉いわけではないということ
人間が生物としては『平等(生きる権利)』であることは、絶対に教え忘れちゃいけない。そうしないと中世の馬鹿支配者階級みたいになっちゃう
その他大勢の一般市民は、とりあえずの毎日を生きるのに精一杯。エリートはそういった人たちではできないこと(政治)を代理で行うだけの存在なのだ
選ばれた者の仕事というのは、肉体的にも精神的にもとても辛い。それを耐えて仕事を行っていれば、自然と庶民から認められる。そういった一般市民からの敬意の下でなら、高い給与をもらい贅沢しても許される、というのが私の考えだ(これは小説『十二国記』の記述を読んでいて、さらに自覚を強めた)
王様は民が王様だと認めている間だけその地位に居られるのと同様に、エリートはエリートだと一般市民に認知されていなければ無意味な存在だと肝に命じなければならない
武士道ほどではないが、覚悟のない者は地位を得てはならないのだと思う

あとは、全ての教育課程で、ちゃんと国を愛する心について教えていかないとダメだな、ということを付け加えておく

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/03/01

民主党メール疑惑について思う

民主党・永田議員のメール騒動ですが、終わりそうで終わらない、もやもやした状態になってますな
ネット上でもそうですが、私も最初の頃から眉唾物だなと思っていたもので、詳しい経緯はあえて見聞きしてなかったり
偽物疑惑が盛り上がる前に、友人と「偽物だったら笑える」と言ってたら、あれよあれよという間にこんな結果に
メールに関する疑問点については、それこそ2ちゃんねるなんかで話題になっていたので、どの辺が疑わしいかはそちらをご覧あれ
で今度は自民党が、謝罪がなっとらんと言ったり、辞めろだの言ってますが、ここで余計な突っ込みはせん方がいいですよ皆さん

思うに永田議員、"誰か"にこのメールを見せられた時に、もうそこで「行ける!」って思っちゃったんじゃないですかね?
これで自民党(武部幹事長と小泉首相)が動揺してボロを出すに違いないって
オタオタする与党の姿を想像して嬉しくなっちゃって、決めつけ発言の連発。
けれど、昔の人は言った「人を呪えば穴二つ」。逆ギレした自民党に逆襲をくらったわけですな
しかも真相は闇の中
舞い上がっちゃったというか短絡的というか
暴走を許してしまった民主党もガタガタだ
前からガタガタだったというのは秘密だけど(爆)

今回の場合、かのメールを持ち出してこのように切り出せば良かったのではないかと
「こんなメールが手元にあるんです。本物かどうか確認することは、力不足の僕にはできませんでした。
どうでしょう武部さん、これが何を意味するものなのか、貴方の手で解説なり証明なりしていただけませんか」

これなら少なくとも、誰が悪いとも正しいとも言っていない、穏やかな問題提起でスタートできるんじゃないの?
結果的にどちらに転ぶかさておき、真相追求のタイミングを失うようなことにはならなかったんじゃ無かろうか??

変な話だけど、政治と金ってどうがんばっても切り離せないものじゃないのかな
武部幹事長だけじゃなく、それこそ小泉首相だって何らかの形でちょっと危ない金は受け取ってると思うよ
ぶっちゃけた話、民主党の議員だってそれは同じだと思うし
金と権力がほしくて永田町を目指してなんかいない!って言える代議士がどんだけ居ることやら

この件で心配なのは、自民党がこのまま図に乗っちゃうとヤバい、ってこと
あんまり民主党を突きすぎると、今度は自分自身に返ってくるよと
私が期待したいのは、(ほかのネット住人の方も指摘してますが)武部幹事長自身が、なんらかの情報を掲示してくれること
そしてその内容が幹事長のおっしゃることと一致するなら、自然と問題は終息するでしょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/12

皇室典範を巡る議論を眺めて

今この時代に皇室の皇位継承問題がこれほど話題になるとはなんとも皮肉な話である
皇室の存在意義を考え直すことにも発展しかかっているが、皆さんはどうお考えだろうか?
皇室は現在、日本国の象徴と位置づけられている
これがいろいろな意味であやふやというか、とても微妙な表現なのだが、ようするに「日本の歴史」を体現しておられる、という言い方が当てはまるのだろうか
皇室が存続することにより、日本国民は過去二千年に渡る歴史とつながっていられる、ということだと私は考えている
歴史とは自分たち自身の存在意義そのものにつながる大事なものだ。世界中のあらゆる国が「自分たちに過去輝かしい歴史があった」ことを捏造するのにやっきになったことがそれを証明している

さて、皇室の存在意義は太平洋戦争中もそれ以前からも論じられてきたことだから、目新しい話題ではない。それに、いつでも政治とからめられてきたことである。別にそんなに目くじら立てて小泉首相に文句を言う問題でもあるまい
では今回の問題が何故これほど大きくなったのか
まぁまず、国が「天皇家」とはなんであるかをちゃんと教育してないからイケナイのが最大の問題
次に、小泉首相の言うことはみんないやだ、というのがあるだろう
最後に、万世一系の理論と「なぜか内親王殿下ばかりがお生まれになる」ことが頭痛の種
万世一系については、明治維新から特に強く言われたことで、これが軍事的なイメージにからんでくるから嫌がられている面が多い
だが、これを尊重する人々は、古代の天皇の系譜から言っても男性が皇位を継ぐのが慣例であること、女性は嫁ぐと元の家から離れて夫の家に入るので、その女性天皇から派生した男性が皇位を継いだりしたらおかしい、ということを主張する
女性天皇を認める側は、男性ばかりに権利があるのは時代遅れだとか、男女平等の立場から日本の家制度そのものを批判し、過去にも何人かの女性天皇が存在したことをあげている
私はどうかというと、親王殿下がお生まれになるまでの女性天皇はありだと考えている
どれほどに言葉を飾ろうと、天皇は日本国の王である。日本という国を家と考えれば、その長は男(父)であるから、男性天皇が相応しいと考える
確かに日本伝統の家長制度は崩壊しつつあるが、せめて天皇家のみはその姿を留める努力をしてくださっていただきたい。なんせ日本の象徴であらせられるのだから


なお、この問題を男女平等運動と絡める人が居る
それとこれとは微塵にも関係がないのだから黙っていてほしいものだ
だいだい、この男女平等という言葉自体に共感が持てない。公平と平等を吐き違えている奴らが多すぎて閉口する
人間は生まれながらにして平等ではないのだ
男にしかできないこと、女にしかできないこと、が必ず存在しているのである
性差別が無いのに越したことはないが、お互いの領分をわきまえて協力し合えることが、平等への近道であり差別をなくす方法でもある
内親王というか女性ばかり生まれるのは、人類全体に生物として何らかの問題をかかえつつあるからではないか
どちらか片方の性が増えれば、(今の社会倫理に照らし合わせれば)自然と子孫が増える率が下がるし、種の多様性が失われていく危険な兆候なのではなかろうか
それにしても女性の方が多いのは何故だろう
素人考えではあるが、世界で汚染が進みその影響を人間も受けて、強い子孫を残す能力が低下しているからかもしれない
自分も例外無く女性特有の病気にかかっている。つまり、言い方は悪いが理想の子孫を生み出せる女性が減少しているから、数で補おうということなのかと
皇室典範の改定に対し、小泉首相が性急であったことは、私も感じるところではあった
その意図するところは、首相本人にしかわからぬことだ。この議論が袋小路に入りそうなところで、紀子さまご懐妊の報が入り、自然と議論を後回しにすることになって、首相自身も首根っこをつかもうとしていた連中も、おとなしくせざるを得なくなった
こちらのサイトでも指摘しているが、天の与える状況というのはものすごい
だが逆に、今後紀子さまにかかる負担は雅子さま以上になるだろう。その心中はいかばかりであろうか
しかし皇族になられた以上、避けられぬ道だ
ただ一つ言えるのは、御子が男児であれ女児であれ、無事にお生まれになること、それが一番大事だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/04

バカが原子力空母でやってくる

バカってダレかって?アメリカ海軍に決まってるじゃないですか
本気で横須賀に原子力空母持ってくるの決めやがったあたりで、バカと呼ぶしかあり得ん

日本に武器持つなって言っておきながら、自分たちは平気でこういうもの持ち込むんだから・・・
目と鼻の先のことだから、マジで他人事じゃないよ!

日本自体に「核」への潜在的な嫌悪感があるのは言うまでもなく、未だ不安定要素の多い技術であるので、やはり事故の不安がつきまとう
この話題を話している時に父親は「重油の消費及びそれに伴う海洋汚染を最小限に押さえられる」から、まぁ仕方ないだろうと言った
確かにそのような側面はあるだろうけれど、原子力エンジンが燃え上がったら、海で重油が燃えている状況の方がナンボかマシになってしまう
だいたい、そんなことになりでもしたら、あるすはすでにこの世におらんがな(爆)

核融合炉が完全に実用レベルに入れば、少なくとも暴走の危険性と放射性廃棄物について、心配する割合は減るんだろうけどねぇ
そんなのは相当先なのは、現状では明白であるし、さらに小型核融合炉なんてまだSFの産物だよ?
近所にニュート○ンジャマーでも打ち込んどくか?(あ、それもSFの産物か)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/13

小泉さんの勝利

選挙はまさに予想通り
とはいえ「郵政改革に賛成」というより、「とにかく小泉さんに最後までやらせてみようじゃないか」という国民の声という色が強いと思うが
かく言うあるすは郵政民営化に100%賛成ではない。何かひとつだけでも、国が補償する通信というものは、あっても良いと思うからだ
電話と違って、郵便は目に見える線があるわけではない。線を引いたら放っておけばよいというものでもない。(真面目な)郵便局員さんの、地道な配達業務によって支えられた、形の無いインフラである。その人件費が平等に国から支払われるから、どんな田舎にも郵便物は配送されるのだ。これが利潤をださなければならない"企業"となった場合、地方の弱小郵便局が守られるという保障は、いくら誰かが口すっぱく言ったって無いからに他ならない
けれども、そんな真面目な郵便局員さんを尻目に、郵便局特有の特権から甘い汁を吸おうとする輩が居るわけだ。こういう連中を一度痛い目に合わせるには、小泉流荒治療も必要なのかな、と思う
確かに年金問題、不良債権、国債の増大などなど、日本の抱える問題は多い。しかし、たった一つの改革も進められない、進める事を許さない政治屋どもに何ができるというのか
それくらい皆気づいているってことだ。あんま国民ナメんな

小泉首相が今回の結果に胡坐をかかず、かといって態度を軟化させることはなく、欲を言うならもう少しわかりやすい政治家を目指してくれることを期待する


それにしても、民主党の岡田代表は本気で勝てると思ってたみたいだから驚きだ
漁夫の利を狙ってるってのがミエミエだったので、自覚してて背水の陣なのかと思ったら、単に足元が見えてなかっただけらしい
しかもそんな代表が引責辞任したあと、また管さんや小沢氏を持ち出そうっていうんだから、もうどうしようもないわ、民主党は
亀井静香氏もそうで、NHKの選挙特番で声を荒げてたけれど、あんたの党はあんた以外誰も当選してねーじゃん。「この結果は日本にとってとんでもないことです!」とか言ってた。あまりにもボケた発言してるから、さしものNHKも途中で中継切っちゃったぞ(苦笑
二人ともおめでたい人だ

おめでたいと言えばマスコミ連中もそうで、まさに踊る阿呆だった(あれを真に受けた人がいたら、それは見る阿呆である)
これでもかとばかりに小泉首相敗北を紙面であおり、「あんた達は知らないかもしれないけど、俺たちは知ってるんだぜ」とでも言いたいかのような記事を書いていた連中は、今回の結果を受けて今度はどんな知ったか記事を書くつもりなのか見ものである
だいたい、小泉さんが首相になる前、あれだけ小泉さんをヨイショしておきながら、いざ小泉政権が誕生したら手のひらを返して揚げ足を取る、このいやらしさはどこから来るんだろうか

さらに中国と韓国が、国家間の関係悪化を懸念してるとか言っているらしいが
こんなことで仲が悪くなるくらいなら、無理に仲良くしなくていーよ


後の問題は、公明党の背後の宗教団体か・・・

| | コメント (0) | トラックバック (2)